FC2ブログ

いや、もうびっくりのサービス


年末のある日のこと。外出先の新宿で、つけていたネックレスが急に外れてしまいました。フックがとれたのではなく、二本のチェーンの一本がぬけてしまい、その場ではもうネックレスをつけることができませんでした。愛用していたものだけにプチショック。その時にいた某デパートの宝石売り場に行くと(宝石という代物ではないものの)修理コーナーに案内されました。そこで観てもらうと、「珠を一つ一つ外して付け直すことになるので修理に出して一か月半はかかります」との診断。その場はすごすごと帰りました。ただ、これまで靴やかばんの修理は出していましたが、こんな普通のアクセサリーにも修理コーナーがあるということを知り、ちょっとうれしくもなりました。

年が明けて初めて街に出た本日。近所のデパートに立ち寄り、修理コーナーなるものを探すとちゃんとお店がありました。はてさて、尋ねてみると、
「購入されたお店でするのが一番なのですが」
その通りでしょうが、これを買ったのは確か2003年の出張先のデパート、確か福岡の岩田屋さんでした。やはり近くのお店に頼むしか選択肢はありません。直すにはやり方が二通りあり、まず簡単な接着剤でつける方法を試しにやってみて、それで外れたらもう一つのやり方でとのこと。
「どのくらいの時間がかかりますか?」
前のお店で一か月半と言われたのでおずおず聞いてみたところ、
「10分ほどでしょうか」
涼しい顔で言われます。ますますおずおずと、
「おいくら?」
「接着剤代なので1080円といったところでしょうか」
実はいくらでもお願いするべきとわかっていながら値段を気にしてしまうところが、やはり庶民です。ほかの買い物をして戻ってみると、元の形にチェーンがつながっていました。

15年以上、何かの時につけていたお気に入りのネックレスです。うれしくなり、支払おうとすると、
「いえ、いただけません。」
「少なくとも使える(であろう)形にしていただいたので、お支払いは当然かと」
「確かな自信があってつけたものではないです。試しにやってみたjのでお代はいただけません」

プロ意識とはこういうもの?日本のサービスって素晴らしすぎる、でもこれでいいのだろうか?の両方の思いが交錯してしまいました。感動しながらともあれこのことを記録として残しておきたいと思いました。

今後、アクセサリーの修理や付け替えがあれば、ここにいくことにしようと思います。

neckless_.jpg
右上の2本のうち1本のチェーンがぬけていました

楽しみあれこれ

日本に帰省中の楽しみは、意外にも普通の場面で多々ある。例えば、

1.自由な街歩き、散策
日本の街づくりも無計画で問題ありと思っていたが、どこへ行っても普通に歩ける道があるということは実はすごいことだとわかった。歩いていてもすぐに車道にぶつかり歩道がなくなるとか、舗装道路のはずが急に穴に落ちること―これはフィリピンではよくあることだ。こうしたことを一切気にせず歩けるということ自体が、日本の社会インフラ整備の良さを物語っている。こうしたことはもとより、歩きながらぶらっと立ち寄りたくなるお店や公園にでくわす、いろいろな景色が楽しめる、といった贅沢はフィリピンではまず望めない。

2.ちょっとした予定変更
先日も、都内で時間ができたので上野の美術館に立ち寄った。ルーベンス展やフェルメール展を回り、至福の時間となった。欧州や米国の美術館ほど大きくないが、小さくても様々な美術館があるのはやはり東京の魅力だ。これはとりもなおさず、どこへ行くにも移動のオプションがある(メトロ、JR、私鉄、バス、タクシー、歩き)からこそできること。だいたいのかかる時間も読めるので、動きがとりやすい。公共交通機関が発達していることも当たり前のようで、やはりすごいこと。

3.旧交を温める時機
年末年始に帰省する人も多く、ゆっくりした時間がとりやすい。先週は、あるお世話になった方と3年ぶりにお会いし近況報告を兼ねてよもやま話をしていた。話しながら、今後はこういうことができたらいいなと自分の中でおぼろげながらアイディアが湧いてきた。気づかされたとでもいおうか。年始は高校時代の級友との10年ぶり?の再会、昔の知人、元同僚との約束。会わないうちに、お互い成長、変化した姿を通して何かを感じとり、学び、さあ、また頑張ろうとエネルギーが湧いてくる。これもまた帰省中の楽しみのひとつ。

4.料理
たまに無性に料理をしたくなる。しかも日本では様々な野菜が簡単に手に入るのもうれしい。フィリピンでは、野菜を買うのにそれなりの努力がいる。スーパーの野菜でも新鮮かどうか(というより、傷んでいないか)を見極める目も必要だし、どうしても種類が少ない。大根、小松菜、ゴボウ、レンコン、もやし、エノキなどは日本にいるうちにしっかり食べておかなくては!また、圧力鍋で一気に煮物や黒豆が「おいしく」できてしまう不思議。ところで、この圧力鍋は、学生時代にお世話になったオートクレーブ(生物学専攻の学生ならまず使う滅菌機器)と同じ原理よね、と思いながら苦笑してしまう。

5.家のメンテナンス
長年住む家は、どうしても手入れが必要となる。庭はともかく、古い家なこともあり家の中もあちこちガタが来る。しかもこういうことは一度にはおきない。だいたいほころびは小出しに出てくるものだ。この1~2年で壊れたり、買い足したもの―お風呂の湯沸かし器、エアコン2台、炊飯器、食器洗い機の取っ手、柱時計、カーテン1セット、カーテンレール、網戸(計6枚)、アイロン、お風呂のふた。まだまだ来そうな気配である。次に来るはNational の洗濯機かなと案じている。それでも、住み心地を少しでもよく保っておきたいのは、戻る家への愛着だったり、あの時、こういうことがあったなと柱の傷を見て思い出す気持ちとどこか似ている。これもまた、楽しみである。

6.書店ぶらぶら歩き
何といっても書店を歩きながら本や雑誌をながめるのは至福の時間だ。新刊や売れている本のタイトルを眺めるだけでも、またパラパラと頁をめくり読んでみたい本に出会うことも。日本語が母国語である以上、自分にとって瞬時にメッセージが心に入ってくる心地よい言葉なので、この楽しみだけは替え難くまた日本でしか味わえない。

日本のモチ

フィリピンで意外と人気の日本の食べものーもち

モチといえば、私の中では切りモチである。、「日本といえば実はモチが好きなんだよ~」と異口同音にフィリピン人やインドネシア人が話すたびに、そもそもあの四角い焼きもちをどこでどう食べる機会があったワケ?内心ふしぎに思っていた。

ここで脱線するが、概してフィリピン人は日本食が好きである。ラーメン人気もその一例。しかしなにか違った感覚で楽しんでいるようにみえなくもない。たとえば、そば。日本の蕎麦屋のように丼ものはないが、かき揚げやてんぷらそば・うどんが食べれるので、私も時々、そばを楽しみに行く。ところがである。そば屋にいる大多数のフィリピン人客の頼むものは、かき揚げ、てんぷらのみ。そばやうどんの影かたちもない。そば、うどんは敬遠されているのだろうか?いや、ここはそば屋なんですが。。
しかも、フィリピン人のおしゃべりは有名だが、数人が集まるとそれはもう、にぎやかこの上ない。外で一人で食べる人などかなりまれ。必ず複数、少なくても2人以上でお店で来る。数人でテーブルの上で、てんぷらをつけ汁につけてはしゃべっている。衣の跡形もない天ぷらを箸でつっつきながら、なぜか食べないで、話に興じている。ああ、この光景を日本の天ぷら屋のこだわり主人が目にしたら何と言うだろう。いや、これは見せてはいけない、ここにとどめておくべきものに違いない。余計なお世話と知りつつ、隣の人の麺がのびることを気にしたりしている。

閑話休題。

ということもあり、フィリピンではしょうゆやきな粉につけずとも、何か別のもちの食べ方があるのだろう、と何となく思っていた。
日本のモチが大好きなんだよ、という同僚に、正月明けのこともあり四角いモチの小袋をあげたことがある。
ノリのいい彼は、顔色ひとつ変えず(というより普段通りの笑顔で)嬉しそうに受け取ってくれた。
その後のこと。あるフィリピン人に、「モチといえばあの柔らかさがたまらないのよね~」と話しているのを耳にした。
ん?モチって、もしかしてお菓子のもち?

mochi.jpg

そこで、日本から戻る時に吉備団子のようなもち菓子(↑)を買ってみると、これが好評。例の彼も「そう、これこれ。これがモチだよな~」と言うではないか!

これまで人気だったお菓子は、このもち菓子とうなぎパイだったことを書き添えておく。

フィリピン人にとっての誕生日


イベントが好きなフィリピン人にとって、最大のイベントはやはり誕生日だと思う。どんなに9月からクリスマスに向けてソワソワし始めようと、街にはクリスマスソングが流れようと、やはり自分の誕生日を一番大事に思っている。おそらくその優先順位は

クリスマス≒自分の誕生日>家族の誕生日≫イースター (私調べ)

例えば我が職場では、スタッフの誕生日は周囲の同僚からこぞって祝われる。だいたいランチかミリエンダ(お茶の時間、というより派手な軽食を持ち寄るパーティー。午後3時頃が多い)を開く。ただし日本と違って、そうしたパーティーを開く資金はバースデーボーイ・ガールもち。自分で主催するパーティーが通常なので、どうもサプライズはあり得ないらしい。もちろん誕生日が近い数人がいればまとめてお祝いもあるが、友人が会場セッティング、飲み物、食べ物等を用意する。裏を返せば、もし誕生日を祝われない人がいたとしたら(見たことないが)相当嫌われていることになる。ただし、これは基本的にはフィリピン人スタッフに限定してのこと。

対して外国人スタッフの場合、状況は様々だ。大人になっても誕生日を、家族や友人ならともかく同僚に「盛大に」祝福されるってフィリピンに来るまであまりなかった風習だ。そもそも午後の佳境の時間であり3時半とか4時にずれ込むこともあり、これまた定時に帰りたがるスタッフ(大半がそう)にとってはやはり避けたいこと。郷に入ってはということでみな成り行きに任せているがやはり敢えて誕生会を開くほど歓迎する向きでもない。私の場合、気づかれないのが一番いいと涼しい顔をしていた。

1年目:運よく(?)何もなかったが数日後に気づかれた(ご丁寧に毎月の誕生日チェックをしている人がいたのだ)→お詫びとともに大きなケーキを渡された→気持ちはうれしかったけど正直、甘いものは苦手→友人のドライバーにもらってもらう
2年目: その週は不在。また後日にやおら数人が来て「今からここで祝いの歌を歌います~」(もちろん業務時間)と言い出される→慌ててお気持ちだけいただき固辞した。ただ、フィリピン人は歌がうまいから、聴いておけばよかったかなと今思えば勿体ないことをした。

ほかにも誕生日をめぐる話は枚挙にいとまがない。
・子どもの1才の誕生日は両親にとって最大のイベントで、友人、親せきを招いて週末に行う。人気の会場はマクドナルドがジョリビ―(フィリピン最大人気のファーストフードショップ)。両親にとってもっとも誇らしくまた出費に頭が痛い時期でもあるとか(招待客が100人ということもある)。

・某同僚「父の誕生日だったんですぅ」
「3年前に亡くなったって言ってなかったっけ?」
「だからこそ今も家族で祝うのです!」(キッパリ)

・某コーヒーボーイは「ぼく、明日バースデー休暇を取ります」と嬉しそうに話していた

・某ドライバー「昨日は息子と甥の誕生日パーティーだったので休みを取りました」
「そう。ちなみに息子さんて何歳なの?」
「24歳」

フィリピン人を見ていて、自分がかわいい、自分は愛されていると思う気質はこういうところからも育つのだと思う。
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
途上国と開発援助、農業・生態系、少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき、海外ドラマ

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター