若いから?


土曜。Moving saleのチラシを見て近くだったので、興味のある家具をみせにもらいにいった。今住んでいる部屋はシンプルで質素なので、ゆっくり座れるリクライニングの椅子や足おきでにあればいいなと探していた。実はもともと家具や部屋のインテリアが好きな性分ということもある。


2月下旬にマニラを引き払う彼女の向かう先はドバイ。出たドバイ。マニラからヨーロッパやアフリカに向かうにはドバイがでの乗り継ぎが圧倒的に多い。ただ気温50度で、外を歩くときは長袖出ないと厳しい、あの王族の格好もうなづける暑とと聞き住む場所とは思えなかったが、そのドバイで新しい仕事につくと話す。


同じ職場の同僚でもある彼女は30代半ばだろうか。昨年まで退職なんて考えてもいなかったが1月8日にヘッドハントを受けて話を聞いているうちにその気になったとか。決めたのは先週。今の仕事について4年の彼女はおそらく優秀な部類に入るに違いない。望めばこの先も残れただろう。しかもドバイでの仕事内容はかなり大きく変わるようだ。転職する気になった決め手は「変化」がほしかったから。さはさりながら、ドバイでもマニラでもあまり生活環境は変わらないとか。
「街中に公園や緑はほぼなく、美術館や劇場も少ない。どこにいくにも車で移動、きっとメイドや運転手を雇うんだわ。劇的な変化でもないなら故郷パキスタンにも近い方がいいかなと思ったの。」
「その仕事は4年契約なんだけれど、ドバイに少しいたこともあるから馴染みがない場所ではないから、まあやってみるわ」とあっけらかん。


ちなみに、彼女はメイドを雇っていて我々が話している間だけでも、お茶だしてとか家具移動を手伝ってなど、こまめにテキパキお願いしている。みると母親に近い年齢のメイドだ。概して途上国、とくに南アジアの人はメイドを使うのがうまい(というか国でも日常的にしていることをフィリピンでしているのだろう)、日本人は下手、と聞いたことがある。メイドもいない私だが、この節にはまったく反論する気にもなれないほどだ。


閑話休題。

考えすぎなのかもしれないけれど、私なぞマニラに来るだけでもそれなりの決意を要した。対して彼女のこの身軽さ­とスピード感。若いということはこういうことなのか。これがグローバルに生きるということ?

年明けの1週間


年が明けて職場に戻り最初の週末。昨年末に大きな仕事をひとつ終えてホッとしたのも束の間、思いのほか忙しく始まった1週間だった。そのうえ、通勤初日に、送迎をしてくれているドライバーからテキストがきて曰く、「事故にあい修理工場にいるので今日明日は行けない。車へのダメージが大きく、どのくらいで車が直るかは不明。胸もどこか痛む。どうすればいいのか途方にくれている」


彼の送迎をあてにしていた私も途方にくれそうだが、毎日のことなのでそうもしてられない。とりあえず当面、車に乗せてもらえそうな同僚や友達にあたった。マニラでは、というより私の職場では、こうしたカープールが普通に行われている。問題は、行き帰りの時間が合うかどうか。特に朝は早目に出たいので同様の時間帯の人を探す。それぞれに予定があるので、夜は夜で別に探すことになる。しかも毎日同じ人というわけにもいかない。もう一つのオプションとして、同じ地区に住む人同士のカープールチームにメンバー登録している。メンバーに、WhatsAppなどのアプリで、「5分後に出るけど乗る人~」みたいなこの指とまれのノリで声がかかる。「今晩7時過ぎに帰る人で誰か乗せてもらえる?」と先に聞くこともある。それでもだめな時はウーバーとなるが、最近はなぜかウーバーがつかまりにくい(配車依頼をして5-10分待ってもまだドライバー候補を探している、みたいな状況)ようで、これも渋滞マニラの読めない要素である。


ようやく朝の車と帰りの車のアレンジがおわり、(何とかなりそうだ、やれやれ)と思っていたら、車修理中のドライバーから「今日は送迎の必要はある?」と連絡が来たので、午後3時に外出先に迎えに来てもらった。新年の初日に事故を起こしたので、今年になって彼と会うのは今日が初めてだった。「車はどうなったの?」とみると、右前方のライト周辺が壊れている。ただ、想像していたほど大きなダメージでもなさそうだ。「事故後にこの車を運転をするのは今日が初めて。ちゃんと走れるかを試したくて」とあくびれもなく話す。


これまで何とか車なしでやりくりしてきたが、今年はそろそろ自分の車をどうするかを決める年になりそうだ。


マニラの渋滞(3)

さて、はやくも12月も半ば。ということでマニラ渋滞のアップデートをしておこう。来年ふりかえるためにも。

それが意外と並の渋滞に終わっている。通勤する身としてはもちろん助かるけれど、かなり覚悟していただけに拍子抜けもしている。Ber monthといって月にberがつく月がクリスマスに向けた渋滞月の始まりだ。昨年の場合、9月→10月→11月と月増しに渋滞はひどくなり、12月に入ると4キロの距離を車は亀の歩みそのもの、軽く1時間はかかり下手すれば2時間かかることもあった。その要因がマニラ市内に数か所あるモールでの買い物客の車という、本当か嘘かわからない理由でもある。またマニラは通学のために公共交通機関を使うことは稀らしく、スクールバスもない。そのため親が車で子供を学校まで送るのが常らしい。来週から学校が休みに入るので、これで渋滞も緩和されるだろうと希望的観測が流れている。私もあと1週間強で休みに入りたいので、来週1週間を乗り切ればいいのだと年の瀬に向けて少しうれしくなってきているところ。よし!(?)


マニラの渋滞(2)

悪名高いマニラの渋滞。アジア広しといえど一二を争う渋滞のひどさはジャカルタとマニラが双璧だろう。特に9月からは ber monthというberで終わる月から渋滞が始まると言われている。それもそのはず、ber monthはクリスマスへのカウントダウン開始の月でもある。クリスマスに向けて買い物客が増えるからモール近辺が渋滞し、それが派生してマニラの道路が渋滞するというもの。ただ、私自身はいまいちこの理由に納得していない。むしろ信号の少なさ、ないに等しい運転マナー、好き勝手に運転する大型バス(バスターミナルから何台も出てきて道路をブロックする)、歩道がない(歩行者がなぜか急に車道に出てきて車が止まる)などが渋滞の原因のように思える。


その上、来週からフィリピンでASEANが始まるとあって12日(月)から3日間、マニラ中の学校は休みになる。子どもを車で送る親が多く、学校が休みの時期は俄然、道路がすき渋滞がおさまる。それでも明日日曜から各国のdelegationがマニラに来るため空港はじめ、街中の道路のとてつもない渋滞のうわさが先行している。ちなみに土曜の今日は、既にEDSAの道路が2車線封鎖され、5車線から3車線になっていた。しかもASEAN Line とPrivate car lineの車線がおめみえしていた。途中で車線変更できないように各車線の境界が区切られており、目的地の手前で右折したくてもできず延々はるか向こうまで行かされる始末。このまま12月まで渋滞に悩まされるかと気が重い。


マニラの渋滞

雨、金曜、給料日ーこれらはいずれもマニラが渋滞となる三大条件である。ひとつでも起きれば渋滞は起きるが、二つ以上そろえば間違いなく大渋滞必至。それが今日はこれに、大型モールのセール初日という好条件まで加わった。


①雨ーといっても大降りの雨。目の前が見えにくくなるほどの滝のような雨が急に降りだすのが雨季の特徴。自然と車はスピードダウンするので車は数珠つなぎに。これはよくあること。

➁金曜ーどうもフィリピン人にとって週末は特別の響きがあるようだ。金曜は朝からもうスタッフもウキウキ、週末モード。午後には仕事モードも薄れており仕事にならない。

③給料日(Pay day)はフィリピンでは月に二度、つまり二週間に一度が定番。ペイデイにはすぐに買い物に行く人が多いとか。

➃ber monthー加えて今はクリスマスに向けたber month(=berがつく月、つまり9月~12月)真っ只中ということで、一年で最も混雑する時期でもある。


ただでさえ車が多いマニラだが、渋滞が加速してひどくなったのはここ5年くらいで、10年前はここまでひどくなかったとか。その一つは乗用車が市民の手の届く存在になったということ。おそらくフィリピンが好景気なのだろう。しかし渋滞の要因は、車の台数増加だけではない。むしろ縦横無尽なドライバーと歩行者の行動にあると思えてならない。運転マナーなどどこ吹く風、好き勝手に路線を変更する(そして直線でくる車をブロックする)大型バスも渋滞に拍車をかけている。たまにMMDA(メトロマニラ開発公社)のスタッフが交通整理をしているが、雨が降れば当然いなくなる。歩行者用のフライオーバー(=歩道橋にあたるーマレーシア、タイではよくある)がないのも、渋滞に一因だ。あちこちで歩行者が自由に道路を横断するので車もとまる。大型バスが道路の途中で停まっているかと思えば、そうした歩行者だった乗客がバスに乗降している間、思いもよらぬところでバスがとまって道をふさいでいる。クラクションの嵐。


こうした渋滞を緩和すべく、政府(MMDAの案だとも言われている)は先日、モールでの金曜のセール開催を禁止、セール開催は土日に限定するお達しを出したらしい。しかしそれも来週~と言うから、今日は、望むらくは最初で最後の「金曜」のセール日ということか。ともあれ今はクリスマス前の商戦シーズン、果たしてうまくいくか(ビジネス界が反対するかもしれない)ー乞うご期待。


慣れたくはないけれど簡単には避けられず、とりあえず付き合っていくしかないーマニラの渋滞もそのひとつだ。


プロフィール

Sainah

Author:Sainah
途上国と開発援助、農業・生態系、少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき、海外ドラマ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター