もがいていたこと


3月はフィリピンでは夏の始まりである。去年の2月末、冬の東京からやってきてまず、生活基盤を整えることから始まった。最初は住む場所を探し始めた。いくつかの不動産業者に連絡を取り、物件を見るところから始まった(6社に連絡したが返事がきたのは4社、そのうち対応がよかったのが3社、実際に案内されて回ったのは2社)。といっても仕事の合間の時間を使って、すなわち毎週末の土曜日か平日の昼休みに見て回った。いったい何件見て回ったことだろう。最初は3地域を回っていたので渋滞もありかなり時間がかかった。物件をみていくうちに自分の好みが分かってきた。というのも、譲れない要素として(1)方向(東向き、西日に無縁な角度)、(2)眺望(部屋の向きによって眺めが大きく変わる)、(3)高層階であること(低い方が車の騒音から逃れられる)だとわかった。これは意外だった。地震国からきた身としては低い階を希望していたのだが、すぐさま「いま出回っている物件から探すしかない」という現実にぶつかった。そのうち、新しい視点が加わった。空気があまりきれいではないので、窓は車の少ない土曜日の数時間しか開けない。となれば高層階のほうがいいということ、また低層階は道路の騒音もありあまりお勧めではないこともわかってきた。そもそも高層マンションに住むのが初めてだったのだ。

地域を絞ってからはここなら住めそうという4件ほどに絞った。その先は大屋さんとの交渉に入る。交渉内容は家賃もさることながら、敷金(みたいなもの)を何か月分にするかというものまである。1-2か月が相場だが、こればかりは大屋さんによる。こちらとしては戻ってくるかもわからない敷金は最小限の1か月分で抑えたい。しかしもっとも大きな交渉要素は家具や備品。家具付きの部屋なので、あれを置いてほしい、もしくは取り除いてほしい、という千差万別のリクエストに対して大屋さんが対応する。こればかりはもう根比べと柔軟性の勝負になる。日本人の美徳でもある遠慮や配慮はまずここでは生きないことも学んだ。こんなことまで頼んでいいのだろうか、といった遠慮は無用。言っても応じるかは相手あってのことだからダメ元で言ってみるか、最初から何も言わずに我慢するかの選択になる。私は某インド人が、家を借りる条件として庭に池を作らせたと聞いてからは、そこまで頼めるのかと密かに感心したと同時に、とりあえず言ってみようと思うようになった(もちろん言い方は大切だが)。ちなみに、フィリピン人だと海外(中国か米国)に住む大屋さんも多く、大屋さんの代理人(兄弟姉妹か友達)が対応している。その場合、確認とひと人手間が入るので、どうしても時間がかかる。私の大屋さんは、共働きのフィリピン人夫婦で同世代だったのと、彼らも海外に住んで家を借りていた経験があったので、あまりもめることもなく助かった。正面切って条件を話していながら、内心は穏便にできれば早く済ませたいのは双方同じだと思う。

車の手配も最初はどうしたものかと思ったが、マニラの渋滞をみて自分が運転できるわけでもなく車を持つ気も失せてしまった。結局、Uber(アプリで呼ぶ日本のタクシーに相当)と仲間とのカーシェアリングで今のところ何とかなっている。自分の所有物はミニマムで過ごす信条で過ごしている。これはマニラというよりは、東日本大震災の影響かもしれない。

大きな気づきは、そもそも「普通がない」だった。子どものころから正解を導く傾向の強い日本の教育を受け、社会に入っても片足を外国につっこみながらも主軸は日本だった。そのため、好き勝手に生きてきた私だが、所詮は日本の海でもがいていたに過ぎなかった。フィリピンに来て、生活でも仕事でも「日本人の自分」をいやというほど実感したのは、「普通はどうするの?」と考える時だった。それを聞くと、フィリピン人や非日本人からはかえってくる答えは「It depends」「案件ごとに違うし、決まりはない」「知らない、一概にいえないから」に集約される。おそらく私と同じ道(思考回路)を辿ってきたであろう日本人の返事は「ここでは普通は存在しないと思った方がいい」だった。彼らもおそらく当初は普通を求めそのうちに悟ったに違いない。いろいろあるのだから、普通を求めても仕方がないし、そもそも意味がない、と。1年たち、ようやく自然に普通を求めないようになっていた。こうなるまでに実に1年かかったのだ。

マニラに来て1年ーーもう1年とも、まだ1年ともいえる。

年始の職場


1月4日が仕事始めのところが多い日本に対して、ここフィリピンでは一斉にスタッフがそろって仕事が始まることはない。休みの取り方が多様というか幅がある。12月半ばから休みに入り1月9日から始める人もいれば、12月のクリスマス前後の数日のみ休む人、年末ぎりぎりまで働き1月の最初の2週間を休む人までおり、まさにひとそれぞれ。ただしこの時期、どこにいても皆、いろいろな形で何かしらかの仕事をしている。仕事の書類を持ってビーチで1週間過ごしたり職場のPC持参で帰国したりと、現役である限り仕事から完全に解放されることはないのだろう。

それでもやはり、1月第1週に出てくるスタッフは少数のようだ。1月は早目に仕事を始めたかった私は日本人ぶりを発揮して4日に出てきたが、職場はひっそりとしており静かそのもの。その分、仕事もはかどるというもの。これがまたすこぶるいい環境で、これからは休みを取る時期を考え直そうと思ってしまった年始である。

ちなみに、ヨガもまだ休み。教室の入っているビルがしまっているからという理由で12月15日~1月15日まで休みなのだ。昨日そのビルの前を通ったが真っ暗なビルの入り口。文字通りビル全体が眠っているようだった。ということで街はいたって静か。

ヨガしかない

時々思い出したようにヨガに行く。できれば週に2回、平日の夜のレッスンが理想。とはいえやはり仕事や帰りの渋滞もあり帰宅時間が読めないので、無理なく行ける時に行くことにしている。今週は仕事に追われて待ちに待った週末だったのでヨガも休もうかと怠け心が芽生えていた。しかしこのままでいくと運動不足まちがいなし。仕方なく自分を奮い立たせていったところ、やはり行ってよかった。身体もシャンとするし程よい汗をかくのは本当に気持ちがいい。

土曜だからか生徒も6人と多かった。平日夜だと4人もいればいい方で、2人のこともある。おそらく生徒の大半はフィリピン人で、外国人は他にもいるのだろうけれど、私の行く日はどうも私=ガイジンという図式になることが多い。(ちなみに、フィリピン人は意外と地味なヨガウェアだが、ヨガなので肩や背中が露出していることには変わりなく、肩や腕の入れ墨で妙に目立つ印象)

インストラクターもフィリピン人で基本英語なのだが、とにかくポジティブ。やたらほめる。ほめまくるといった方がいいかもしれない。
ちょっとした動きでも
「すごいじゃないか!」
「すばらしい」
「実にきれいなポーズになったよ」
もともと間違えていたポーズを直しただけでもこうである。日本に比べてインストラクターは絶えず何かを話しているので、それなりの話術が求められるようにも思う。

少人数なので個人指導もときどき入る。同じポーズでも、体の硬軟や深度によって生徒ごとに「あなたはここまで」「君はこれで行こう」とインストラクターが個別に回ってカスタマイズしている。そういうとき生徒もフィリピン人だと、インストラクターはタガログ語にスイッチすることが多い。
「△×〇〇△XX」
この言葉を理解しないのは当然わたしのみ。とはいっても、ポーズやバランスを取るのに必死なのでマイノリティの悲哀などを感じる余裕もない。なんか耳慣れない音が聞こえるな~くらいの感覚だ。

かくいう私も、堂々と反対のポーズを取っていることがあるらしく、「今は左のひじね」とか「ここは右足だよ」などと指摘されることもある ある時、インストラクターがやってきて何か指導フラグがたったのかと思いきや不意に背後から
「アーユージャパニーズ?」
ときたもんだ 前後に手足を伸ばしてバランスとっている最中に、である。まるで歯医者で口を開けているときに質問された心境。

かくしてヨガも毎回それなりに楽しくこなしており、ストレッチ後は清々しい気分で家路につく。



日本で素晴らしいことは自分の足で移動できること、今日はこういう順路でどこに行って何をしよう、と行動の選択ができることは運動にもなるし、何より何物にも替えがたい自由を感じる。そういえば、フィリピン人の友人は東京にいる4年間で8キロやせた。どこに行くにも電車に乗り歩く生活を送っていたからではないかと話していたが、今なら本当にその通りだとわかる。歩くことが生活の一部になっているのは素晴らしいこと。この前の帰国中、街中を歩いているだけで妙に嬉しくなった。スムーズに歩くことが容易ではないマニラでは、ヨガか水泳でもしないと運動できないように思う。早朝ランニングしている人もいるが、天気も渋滞も読めないので、手軽にできる運動として今のところヨガくらいしか思い浮かばない。ということで、これからもしばらくヨガを続けたいと思う。

待ち人


今日の帰り、待ち合わせで一緒に帰る予定だった友人(サーシャ)。
私の顔を見るや否や、
「今日は友達が一人来るからちょっと待っててね。マニラ滞在中のフランス人で、近くの物件を見学するらしいから同乗するよう誘ったの」
妙に上機嫌で鼻歌まじりの彼女だが、肝心の友人は約束の時間を過ぎても現れる気配なし。

「おかしいわね、6時半と伝えたのに。場所?もちろんここしかないくらいにちゃんと説明したわよ。わかったって言ってたわ」
まあそのうち来るだろう、と思いながら落ち就かない様子のサーシャ。
「気になるなら電話してみたら?」
「電話?知らない。今日会ったばかりだから聞いてないのよ」
何でも今日初めてあったばかりの「友達」らしい。

待つのは慣れているし5分、10分の遅れはあまり気にならないマニラ仕様に染まっている私。対してサーシャは、
「まったく、フランス人の時間感覚が世界標準と同じなものかわからないけど」
案の定、ぼやき始めた。
「日本人やドイツ人なら話が早いのよ、時間の何たるか説明する必要ないでしょ。ラテン系はね、ちょっとね~」
そこまで言うサーシャはドイツ人。しかも決めつけ感は半端ない。
一方、世界標準は日本やドイツの時間感覚ではなかろうと内心つっこみながら私はだまっていた。

「人を待たせるのって失礼だと思うの。私はいつだってオンタイムの精神よ」
はい、そうですねと思いながら
「5分前の精神って聞いたことある?」と水を向けてみると即座に、
「好きだわ、そういう発想」(キッパリ)
時間に厳しい彼女は日本でも十分やっていけるだろう。おそらく私以上に。。

そうこうするうちに、その友達は現れた。何でも外で待っていたらしい。ありえる話である。
さっきまでの様子はどこ吹く風とばかりに満面の笑みを浮かべるサーシャ。
「いいのよ、場所がわかりにくくて間違える人多いの。会えてよかったわ」
それまでのイライラのみじんもみせずに歓迎モード全開への切り替えも大したものである。そして、今後は彼女をなだめる努力もそこそこにしようと内心思った私である。

再開

ヨガをするようになり、かれこれ4年ほどになる。

きっかけは数年前の健康診断。あろうことか、コレストロール値が高いと出た。それも単なる高さではなく正常範囲を大幅に超えての場外ホームラン級の高さ。前年までその兆しもなかったのだから目を疑った。体質と年齢の関係では?との親切な助言もそこそこに、これはまずい、と思ったのだろう。その週に目にとまった広告に引き寄せられるように向かったのが隣町のヨガ教室だった。これが意外とよかった。

コレストロール値は半年で正常範囲に戻り、ダイエットするつもりではなかったのが体重も4kgほど軽くなった。ちなみに、しばらくぶりに会った人から「やせた?」といわれることが続いたのもこの頃のこと。そんなにムチムチしていたのだろうかと思いつつ、その時はヨガ効果と思うことにした。

それまで、ヨガって何?おいしいの?だれがするの?スパとヨガって違うの?程度の知識だったのに、毎週末(月に4回)通う生活が、半年経っても定期的に続いていた。これには家族も意外がっていたが実は自分でも内心驚いていた。その日その日の自分の体調に合わせて無理せず、できる範囲で(一歩先ではなく半歩先を目指す等)ストレッチやポーズに挑戦してみる、という緩さがその時の自分のニーズにピタリと合ったのだと思う。また通う先も近すぎず遠すぎず、隣町まで電車に乗って一駅、ちょっと歩いていくという距離感もよかったし、ヨガを終えて足取り軽く街を歩いたり少し買い物する時間も楽しかった。何より、定期的に通うことですこぶる体調がよかった。

ちょっとしたハイキングや山登りは好きだったこともあり身体を動かすことは好きだった。それでも学生以降、スポーツらしいスポーツとは縁なく過ごしてしまった。たしか最後に参加したスポーツと呼べるものはつくばマラソン(しかもフルではなく10km)である。ということで、激しい運動を始める素地も準備もできていなかった。

そのヨガも、この春以降、引越しとともにできずにいた。そろそろ生活も落ち着き、気分転換もかねて体を動かす機会を考えていたのだが、この6月にヨガ教室が近くにできたらしく行ってみた。前段が長くなったが次回はマニラのヨガ教室について少しご紹介したいと思う。
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター