バレンタインの思い出


今でも覚えているバレンタインをめぐる出来事がある。

あれは小学校5、6年のことだった。2月に入ると担任の先生は、クラスの女子だけを集めていつものとおり穏やかに、しかし真剣に話し始めた。
「もうすぐバレンタインが来るけれど、クラスには毎年もらえないかわいそうな男子もたくさんいるでしょう。そこで、今年は各班で女子から男子にチョコレートを渡してはどうかしら?日頃の感謝を込めてといえばみんなもらえるし喜ぶと思うの」
何の話かと思いきや驚愕の提案である。昔の小学校とはいえ、先生の提案となればほぼ指示に近い。

ちなみにクラスは36人、うち女子が半分とすると、その中で本命の子にチョコを用意する女の子が2,3人いるかどうかだった。つまり、18人のうちチョコをもらえない「かわいそうな」男の子は15人と大半である。もらった男の子が恥ずかしそうに受け取るだけで、周りもあの子があの子を好きだったんだ、と思うくらいで校庭で遊びにうつる、といったのんびりした公立の小学校だった。

この提案を受けて、内心私は驚いていた。思えば、「人は人」と思う癖はこの頃からあったのだろう。要はチョコをもらう子がモテるだけで、もらえない子が「かわいそう」とは思わなかったので、もらえない=かわいそう、という図式も腑に落ちなかった。私自身、辛党で甘いものが好きでなかったこともあり、むしろチョコをいくつも受け取らざるを得ない方もかわいそうだとさえ思った。しかも、小学生の男子など騒がしい、散らかす割には掃除しないのイメージしかなく、日頃の感謝って何だ?と思ったりもした。

しかし驚きはまだ続く。
近所の仲良しが「じゃあ、一緒に作ろうよ、いつにする?」とすぐに言いだしたのだ。
先生の言うことに時々疑問を投げかけていた私はひねくれてかわいくない子だったかもしれない。一方で、こうした素直な子がクラスには多かった。しかも、てっきりお菓子は買うものだと思っていたから、チョコを「作る」という発想にこれまだ驚いた。作ったことないよ~、だから一緒にしようよ、となぜかうちで作る羽目になった。板チョコをとかして何か型にはめた気がするがよく覚えていない。お菓子は全部彼女が作ってくれた。一度できているものをわざわざ溶かしてまだ同じものを形を変えて作る作業を不思議に眺めていた。今みたいな100円ショップがあればどんなに楽だったかと思うが、個別の包装も彼女が用意してくれた。

担任の先生は穏やかで心優しく、何かと評判のいい先生ではあった。教育熱心で、社会の授業では戦争について調べ物をさせたり第五福竜丸を見に行ったりと、授業以外にも心を砕いていたことを覚えている。生徒ひとりひとりの長所や能力を探し認めてくれる先生で、私にとっては文章を書く楽しさを最初に教えてくださった先生でもある。ただ心根が優しすぎるあまり、理由もきかず無条件に泣いている子をかばう傾向があったので、私は冷めていた時もあった。子ども時分の私は理屈っぽい、と言われたことがあったが、自分としては直感的、感覚的におかしいと思うことの方が多かった。チョコの件は、母親と同世代だった先生なりの親心だったのかもしれない(先生のお子さんは娘2人だったが)。

ちなみに先生の期待に応え、班の男子は全員チョコを受け取り、なんか妙なものがあるぜ~と照れながら半ば嬉しそうにしていたので先生の思いつきプロジェクトは見事に成功したことになる。しかしホワイトデーにもらったこれ以上ないほどの甘いキャンディーとともに、このプロジェクトは私の中で強烈に残る思い出となった。

その後も何度か、期せずしてバレンタインイベントに参加させられる羽目になったが、その度に抵抗感を感じたのはこのはるか昔のバレンタインに起因しているのかもしれない。当時はかわいいレベルだった街のバレンタイン商戦も今はものすごいようだが、昨今ようやく巻き込まれない環境になり内心ほっとしている。

THE Suica

東京駅開業100周年記念Suica が届きました。

Tokyo100.jpg

何を隠そう、あの騒動で初めてこのSuicaのことを知り、申し込んだクチです。

しっとりした感じのいいカードです。ちょうど手持ちの定期券が切れるのを前に、くたびれてきたパスケースとともに刷新しようかと思っていたところでした。

休むことの大切さ


梅雨が明けて夏日が続いていたが、このところ少し暑さも和らいでいた東京の夏。しかし今週は半端じゃない猛暑が続いている。

なのに(?)このところすこぶる体調がいい。7月に届いた健康診断の結果だけみても、少なくともこの2年余りでベストの健康状態だろう。特に、昨年の健康診断では要注意と出たコレストロールが、今年は正常範囲の真ん中まで下がったこともあり結果は上々。ちなみに、コレストロール低下は、ヨガ効果とタマゴ節制(この一年はタマゴ料理をほとんど食べなくなった)、夕食は野菜料理メインにシフトした賜物だと思っている。

それとは別に、暑さ疲れこそ感じるが、それでもピンピンしているのはなぜ?と我ながらやや不思議に思っていた。思い当たることは、7月からずっと週休3日できていることだ。

7月は休日もあったし、我が職場ではとかく夏休み取得が奨励されている。去年、今年と旅行に出られない状況でもあるため、この有難い制度のおかげで、週一で休みをとらせていただいている。それが、月曜だったり金曜だったりすれば3連休となる。もっとも、奨励制度がなくても今の私は休める範囲で積極的に休みを取得しいるだろうが、これは前職で学んだことでもある。前職場は外資だったこともあり、週4日勤務を15年間続けた人とか、3週間の休みを取る人などザラにいた(ただし全員、外国人)。不要不急の仕事がなければそれでいいと思う。

欧州のバカンスの長さは有名である。例えば先月7月にメールすると、3人に2人は、長期不在の自動返信メールが帰ってきた。戻ってくる日付から推測するに、最低3週間はとっていると思われる。欧州だけではない。隣町にある某店は、中国人だけで回している小さなお店だが、「7月22日~8月14日まで休みます」と貼り紙が出されていた。朝から晩までひたすら働いている従業員もろとも、故郷でゆっくり休んでいるに違いない。

休みと言えば思い出すのがある美容院のNさんだ。一昨年、長年お世話になった行きつけの美容院が店じまいとなった。若い時はいろいろな美容院に行ってみたものの、結局そこが一番よく、この数年はいつもそこに決めていた。若いスタッフもいるし、まだまだ10年以上はお店も続くと思いこんでいたので、店じまいの連絡を聞いて慌てた。何でも、「そろそろ休みたいと思い決心した」とのこと。それを聞いて、Nさんが昔ふと漏らした言葉を思い出した。もう20年ほど前のことだ。

数日の休みをとる(数日間、美容院を休みにする)ことはまずない、という話の流れで、彼女はこう言ったのだ。
「日本はまだまだ休みに対する風当たりが強くてね。このお店も2日(連日)でも休むと、商売繁盛していていいわね、といった目で見られるのよ」

これには、休みにくいということと、その背景に休むことをよしとしない人の目がある、という二つのメッセージが読み取れる。その時はまだ学生だったし、そんなものかという程度の受け止め方だったが、その後、社会に出てからは「休めない組織文化はひどい」 と思うようになった。それだけに、これからはゆっくり休みたい、と言われればもう何も言えなかったし、その気持ちを尊重するしたかなかった。

その美容院は閉店となり、美容院で使う設備の一部は東北の震災を受けた美容院に寄贈されたらしい。その跡地は今、隣の医院の駐車場となっている。その前を通るといつも思い出す。Nさんも今はゆっくり休まれているかな、と。そして、日本でももっと、どんな職業であれ、お店であれ職人であれ勤め人であれ、カレンダーとは別に一定の休みをとることが普通の文化になればどんなにか住みやすい社会になるかと思う。

新人の季節

雨の日曜朝。朝からなかなかの本降りだった。それでもずっと行けなかった買い物もあり街に出た。

今日は多くのお店で若い店員さんが目についた。新入社員なのだろうか、あるいは新しい配属先に来たのだろうか。いずれにせよどの店員さんにとっても4月から働き始めた新職場のようだ。言葉づかいもたどたどしく初々しい。まだ不安もあるのだろう。我が職場にも新入社員がいるからよくわかる。まして接客相手だと、あまりつっかえつっかえ話すこともできないと構えているかもしれない。この前まで学生だったとしたら、日曜日も働いているわけだし、大変な生活の変化だろう。もしかしたら、失敗してはいけないと思っているかもしれない。失敗してもいいんだよ、萎縮しなくていいんだよ、といってあげたい。大切なことは失敗した身にしみた経験を通して覚えていくのだから。そうしてみな新しい一歩を踏み出し、鍛えられていくのだから。

考えてみれば、私自身が最初に入った某職場では研修などなかった。新卒一括採用の職場ではなかったからだろう。その後の職場でも社会マナーなどの研修はなかった。外部の研修に行かせてはくれる。ただし専門知識の習得などに限られていた。もし今の自分を社会人と呼べるとしたら、一体これまでどこでどうやって社会人として染まってきたのか(染まってこれたのか、染まらずにきてしまったのか?)、不思議でもある。おそらくいろいろな人を観て感じたのか、あるいは見よう見まねでフリを覚えてここまで来たのか、急に不可思議な思いにとらわれた。

本質的なことは、見た目とか表面的でないところにあるのだろう。自分の役割と果たすこと、仕事をしっかりこなすこと。

正直、私は若い世代に希望を見出している。今のシニアの世代にはなし得ないことができるのも、日本の閉塞感を破るのも、リーダーシップを発揮し、リスクをとり、自由な発想や冒険、チャレンジができる若い世代だと信じている。その日が来るまで私も私なりにがんばろう。

避けて通れないもの―死への準備


ちょっとこのタイトルを見てぎょっとされる方もおられるかもしれません。

たいへんお世話になったI夫妻のご主人様の訃報を受けました。あれはまだ我が子が0才児だった時のこと、私たちは静岡県三島市に住んでいました。夫は東京まで新幹線通勤の身、共働きで昼間は保育園にお世話になりました。

が、それだけで済まないのが子育てです。熱があれば保育園からすぐに呼び出しが来る、日帰りでも東京に出れば帰りは夜8時以降になり、そういう時に限って新幹線が遅れたりもする、急に親が入院する羽目になるーそういったときにお隣に住んでいたI夫妻はいつも決まって快く、0才児の世話を引き受けてくださいました。お二人の存在だけが、親戚も知人もいない静岡にポンとやってきた私たちの拠り所でもありました。今でも頭が下がります。

とても細くお若くみえ、庭仕事と犬の世話を日課とされていたこともあり、病気ひとつないようにお見受けしたIさんでしたが、年末に病気が発見され3ヶ月後のことでした。今でも信じられません。昨年のお正月に三島に立ち寄った際にお会いできたのがせめてもの慰めです。

死とは突然やって来るものです。今さらながらに思いますが、昨年、健康そのものだった義父が急逝した時もそうでした。死とは避けられないものである以上、人生の幕が下りる前にどこまで準備ができるのか、また準備をしたいのかは、おそらくひとそれぞれでしょう。実は私の両親も最近よくそういう話ーお葬式や献体をするかどうかなど―をするようになりました。若いころの私は、自分が事故にあい脳死状態になったら「使える臓器があれば人様に使っていただくのがベスト」と信じていました。今はそう思いつつも少し変化があり、家族もいればこれからどうするのかはまた考えるべきことになるでしょう。

千葉敦子さんというジャーナリストが書かれた本に『死への準備日記』というものがあります。千葉さんは東京新聞の記者を経てフリーのジャーナリストとして活躍されながら、乳がんになり、闘病生活や日米の医療の違い、仕事の進め方等についてたくさんの著書を残して亡くなりました。確か、『よく死ぬことはよく生きることだ』という本もあったかと思います。彼女の本に触れたのは学生時代でした。あれから20年以上が経った今、改めて、彼女のメッセージが迫ってきているかのように感じます。
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター