心温まるとき


金曜は職場を早めに出て、花金なのに古巣に寄った。そこで少し油を売ってから元上司の自宅で移動した。その日が最後の元同僚Aと3月に退職した私の送別会を、仲間が開いてくれたのだ。

集まったのは同じチームを中心に、昔の仲間も加わって20人ほど。私はこのチームで3年働いたが、途中で組織の改編もあり、人の出入りがもっとも多い時期でもあった。中には7年ずっと伴走した人もいた。正直、とんでもないこともあった前職場も、今はなぜか楽しかったこと、美しい思い出しか残らない。離れてみるとユーモラスな笑いの対象となってしまう、多国籍チームだった。



地震を境に何かが変わった中、それでも変わらないもの―それは、これまで試行錯誤しながら一緒に過ごした時間であり、積み重ねてきた私たちの歴史であり、友情だった。とくに、職場の同僚というより兄弟姉妹に囲まれた感覚で、「妹たち」A, J, Yとの時間は、この上なく楽しかった。何かと挑戦的で反抗期を迎えていたAも、穏やかで人の好すぎるHも、どこか放っておけない弟みたいな存在。また、Big brothers もいて、みなそれぞれに個性がありユニークな面々だった。シニア層と若い世代の間のポジショニングだった私だが、不思議なことに、一緒に働いていて年の差や国籍の違いを感じたことはほとんどなかった。唯一それを感じたのが、あの3月11日だった。

そんな彼らとの再会は、ひとえに心温まるものだった。同時に、一緒に働きとことん楽しんできたこれまでの歳月を思い、涙なしには過ごせなかった。普段は冷めているようにみえる私だが、二人の元上司のちょっとした言葉に今でも熱くなってしまう時がある。

たとえば前職場での最初のプロジェクトだったインドネシアプロジェクトに話が及んだとき。
そのプロジェクトは3年前に終了したが、ひょんなことで去年、プロジェクトの村を再訪する機会ができた。その時、妹のひとりAが一緒に来ることになった。初めて見るインドネシアの小さな村での生活や森林管理の様子に、彼女はひとしきり興奮していた。一方私にしてみれば、自分の手がけた最初のプロジェクトだったし、それだけに最初は障害も多かったから、少し違った思いで村をみていた(村との再会はうれしかったけれど)。今回ともに送別される彼女が、送別の辞でそのプロジェクトに触れ村再訪の顛末を話し始め、私の考えを理解していたと知ったとき、こみあげてくるものを抑えることができなかった。そして、改めて手塩にかけた子どものようなプロジェクトと妹の将来に思いを馳せた。こうして笑いと涙であふれた金曜の夜だった。



だれしも前に進むには変化が必要だ。それも自分で変化を起こすこと、あるいは変化の海に飛び込むことが求められる。親しかった私たちは、仕事を離れてもどこかゆるくつながっていたが、それでも「いつかは別々の道に進むだろう」と、無意識的にわかっていた。なのに、いざ「その日」が来ると、あたかも突然やってきたように錯覚する。ある日を境に互いに別の世界で生きる現実を前にどこか動揺してしまう。それを決めたのはほかならぬ自分なのに。

変化すること、変化への一歩を踏み出すことは素晴らしいけれど、時として酷に働くものだ。
それでも歩み続け、また次の扉が開いていくことを半ば信じ半ば夢想しながら。



It was heartwarming, sad, and forward-looking moment to share retrospective memories and lessons.
Hopefully our paths will cross again sometime, somewhere but until then,
I wish you all the best.

再開

しばらくご無沙汰していました。

ロンドンから戻っても、買い物や映画に行ったりと、好きなように暮らしていました。
(ああ、なんというゼイタク!)

なのに、仕事を再開してしまいました(勿体ない~)。
で、最近の正直な感想。

いや、仕事って疲れるわ~。

前職でもさんざん仕事をしてきたから、仕事というよりは新しい環境に疲れているのでしょうが。
ある意味、これまでとはあまりに異なる環境に飛び込んでしまったこともあります。

ですから今はまだ、仕事を覚え慣れながら、一方で日々の業務の中で、
これはなに?と思うやいなや
ん?この業務の回し方や組織体制の意味は、などと
無意識のうちに比較したり分析したりしています。
組織論やリーダー論について、日本と外資の比較化折衷案について、何か書けるかもしれません。

そんな最近の私をみた家人曰く、

5年働いて1年休んでまた働く、という選択肢もあるんだよ。

なるほど、それはいい、そういう人生もいいわ~、と結構その気になってしまったのでした。

偶然とはいえ・・・


旅行から戻り、やはり時差ボケ、帰国ボケが続いていました。

( ぼ~~~  )

好きなことを好きなようにしながら、好きなように過ごす ― 素晴らしい時間ですが、やはりそこは私も日本人、少し働かなくては (*)、と思いながらも、ユウクリと(←後出のM先生の言葉)身の回りの整理やら家のことをあれこれとしていました。それすらも、心のおもむくままにするので結局あまりはかどらず、
ま、いいか ?
と自分を甘やかしてもいたのです。

GW明けのそんなある日の朝のこと。

ナント、尊敬するM先生が目の前に現れました。
ってテレビにですが、それはそれはもう焦りましたよ (ひぇ~~)

とりあえずその番組は見ましたが、どこか気がそぞろの私。なぜなら、
一瞬、M先生に今の自分を見られている気がして、またこの様子を見透かされている気がして、しまいには

お前、何ウダウダしているッ?

と、M先生にブラウン管の向こうからお叱りを受けているような気がしたものです。

前回お会いしたのは確かもう2、3年前、でもM先生との時間はいつも密度の濃いものなんです。

- 的確なアドバイス
- ここぞというタイミングでの助け船
- 日本人ならではの配慮や唸るような知恵(先生はグローバルにご活躍されてきた研究者)
- さりげない励ましの言葉
- それでいてほどよい距離間

などなど、たくさんの宝や玉手箱をいつも差し出して下さいます。

その先生がよりによって、その日に限ってふとつけたテレビで
米のルーツ、稲の起源の話をしていらしたのです

先生らしいと思いながら、何か先生から喝を入れるメッセージを投げられた錯覚を受けました。
(ハイ、きちんと受け止めました、先生)

来週から、気を引き締めて頑張ろうと思います。


* ちきりんさんの本を読み共感するところも多々みつけながらも、です。


ロンドンあと1日


いや、何だかいろいろあったロンドン滞在ですが、あと1日を残すのみとなりました。
急でしたが来てよかったです。また頑張るエネルギーがわいてきました。
これまで、出張ではいろいろなところに行く機会がありましたが、
出張とフリーの旅行ではこうも違うものかと思いました。
こんなにリラックスし、あとで仕事に戻れるかな、とも思いましたが。

意外だったこと

・コーヒーがおいしい。

・食事が思ったより格段においしい(ただし多国籍料理も含まれる)。

・歩きやすいし歩いているだけで楽しい。

・季節柄かもしれないが、花や花粉(?)が目で見えるくらい飛散しており、
 日本に居ると同様アレルギーのくしゃみが止まらなかったこと。

ロンドンに住んだら楽しい出ろうな~、と思いつつ、
それでも私には戻らなければならない日常が。。。



ロンドンを歩いていていいな~、と思うのは街にあふれる音楽や大道芸にあうときです。
考えてみれば私は音楽に囲まれた環境で育ったので、音楽のある光景や日常は心地よいものでした。それも、あまり気取ったりかしこまったりしないで、クラシック音楽を楽しめる雰囲気が好きです。
1+music.jpg 2+music.jpg

ロンドン滞在中にコンサートかバレエを観たかったのですが、ミュージカルにしました。
まずはこの Mamma Mia !
いや~、素晴らしかったし、美しかったし、熱くなりました。
3+music.jpg

また、今回、ホームズと大英博物館見たさに来たようなものですが、
旅行しようと決めて思ったもう一つのポイントのは、

・お湯が出るかどうか
・トイレに、トイレットペーパーがあるかどうか
・夜でも1人で自由に歩けるだろうか

といった心配がいらない環境でした。その意味でも、ロンドンは十分なのに、
なんだかそれ以上に、たくさんの刺激と充足感を得ました。

次は、ロンドン出張か長期滞在を目指します(おい)。

再びホームズ


ナショナルギャラリー前、というよりピカデリーから、それまで行ったことのない道をフラフラ歩いていた。すると目の前に開けたのはなんと、シャーロックホームズの名前を冠したパブ !
その日は暑く(単に歩き続けたからかもしれないが)のども渇いていたので、迷わず入る。
1_SH.jpg 2_SH.jpg

そういえばランチも食べていなかった。ということで、この Fish and Chips に。
3+fish+and+chips.jpg

おいしくいただきながら、おもむろに店内を見回すとジェレミー・ブレッドが  
もうなんともたまりません~~。ファンとはこういうもの
3_SH.jpg



ここで再び初日に訪れた Baker Street 221b へGO!
7_SH.jpg 2_convert_20110426105958.jpg
8_SH.jpg 9_SH.jpg 

Baker Street駅前です。
6_SH.jpg

いや、わたしもミーハーです、ハイ

歩いていて


ロンドンの街は地下鉄に2階建てバスと公共機関も発達しているが、歩くにもいい季節でした。
歩いてばかりいたので通りも覚えたし、歩いているだけで楽しかったことを思い出します。

さて、その中で観たもの(で写真に残っていたもの)。

まずは人力車。意外なことにアジアのものかと思っていた人力車がロンドンまできていたのです。
2+jinrikisha.jpg

それから街中にはが多いですね。いたるところで目に付きます。
ポストも赤、電話ボックスも、バスだけでなく地下鉄 Underground のサインも赤。
3+red+post.jpg 3+red+tel2.jpg

レンガ色の前の電話もいいけれど、白い壁だともっと映えます。
3+red+tel.jpg 3+underground.jpg

この人たちも赤い服だし。
DSCF0262_.jpg

ふと国旗と関係あるのかなと想像してみました。
1+London.jpg

またレンタサイクルがありました。この Cycle Here のサインがあるところだったら乗り降り自由。
私ももう少しいるようなら使ってみようとも思いましたが、何せサドルが高い印象が、やはり
cycle_.jpg

cycle+2_.jpg

我らが MUJI もありましたありました。ユニクロもありましたが、価格設定は日本より2,3割高めでデザインもユニクロはとくに日本ほどシンプルではなかった印象でした。英国向けっていうんでしょうかね?
muji_.jpg

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター