たべもの in Manila


とはいえ、マニラでの毎日がつらい日々だったわけではございません。
がんばり過ぎたのが良くも悪くもあった訳ですが、楽しいこともありました。
人情を感じたり、ふと心を通わせる瞬間があったりしながら、リスクマネジメントを学んだりも
したわけです。

そんな中で息抜きでもあった食べ物について。

何だかんだ言ってもアジアは美食の国、料理がおいしい地域です。
もちろん日本だけではありません。東南アジアはもちろんのこと、東は中国から南はスリランカまで、ベトナム、タイ、ラオスと思い浮かべるだけでもアジアの民はおしなべて舌が肥えていると感覚的、経験的に思います。こればかりは「伝統」だから仕方がありません。個人的には「だし」と「チリ」、それに発酵食品が一役買っていると思っていますが、それはまた別の機会に。

欧州のように、大陸の中に美食の国(フランス、イタリア)がある、のではなく、
地域全体がどこに行っても食いしん坊文化で美食を日常とする―それがアジアです。
(逆にそういう国が少ないから、欧州はフランスやイタリアの優勢を許してしまっているのかもしれません。)

こう言っては何ですが、そういうアジアの中でもフィリピンは食事がおいしくない方だと思われます(今のところ)。そこで私は何を食べるのか、(まあどうでもいいわけですが・笑)、南国にいながら仕事に追われて日々を過ごしていると、そういうことにでもせめてもの楽しみを見出したくなるのです。

まずはマンゴ― 

フィリピンといえばマンゴー、マンゴーといえばフィリピン。しかも、
キロ(約3個)当たり40ペソ(=80円弱)
と聞けば日本のマンゴーの値段はめまいがしそうです。

どこに行ってもマンゴー(かバナナ)が付いてきます。
バナナの種類も多いそうですが、日本人にとってのコメと同じで私はあまり種類にこだわりがなく、
よってバナナよりマンゴーに色めき立つのでした。

私のお気に入りは、ホテルの朝食のホットケーキ。
ビュッフェなのでほかにも選べるのに、ガイジン向けとわかっていながら幾度これに誘われては食したことか。
マンゴーとシロップのとてつもなく甘い香りがたまりません(辛党のはずが・・・)。

ある日のパンケーキ                     またある日のパンケーキ
2+pancake.jpg 1+pancake.jpg

夕食にデザートを頼めばもれなくマンゴーがついてきます。
3+mango.jpg

昼は毎日仕事だったので、仕事先のカンティーン(社員食堂みたいなところ)に行きました。
これはとりすぎましたが、しめて200円ほど。飲み物のカラマンシ―(レモネードっぽい飲み物)はマイドリンクでした。ところでそのカンティーンにはお皿のサイズが選べるとあるのですが、このサンプルサイズの違いがないところが笑えます。
4+lunch_20111201011734.jpg 5+size.jpg

カンティーンの食事に変化がほしくなると、そばの Jolibee に行きます。
Jolibee とは、マニラっ子お気に入りのファーストフード。日本のロッテリアみたいなもの。
あれだけアメリカ大好きのフィリピン人(その米国への憧憬のまなざしはすごいものがあります)にもかかわらず、マクドナルドもKFCもあるにはあれど存在感ゼロ。町中にあふれるのはこの Jolibee で、ここでハンバーガーやらスパゲティやら売っており、にぎわっています。人気の理由は単にマックよりはるかにリーズナブルだから、だそうでこのセットで確か、300円くらい。で、さらに飽きると、隣のピザを注文してみることも。シェーキーズのピザで600円と少し高くなります。やはり Jolibee にはかないません。
6+jolibee.jpg 7+shakeys.jpg

そのほかミリエンダというおやつの時間があって、その割にはしっかり軽食に近いもの(バナナのフライだとか春雨とか)が出てくることもありました。よく食べます、彼らは。これもアジアの伝統かもしれません。

ホテルのルームサービスもあれこれ試しました。フレンチトーストなど軽いものがよかったです。
8+dinner.jpg

これは近くのお店の地中海スープですが、200円とリーズナブルながらおいしかったです。
9+dinner.jpg

それにしてもカメラに収まっている写真のほとんどが食べ物ってどうなの~、と思えてきました。
次回はもっと自然をとりたいものです。あともっとローカルフードを試さないと。

待ち遠しかった帰国


マニラから帰って1週間が経ちました。帰国したのは22日夜半だったと思います。
って単なる出張からの帰国ですが。

途中から、そろそろ家に帰りたいな~とこんなにも思った出張は初めてです。

その理由はいろいろありますが、おそらくは

先が見えなったから

でしょう。終わりなき仕事は時として難しいです。どこかで線引きをしなければなりません。
そういう中で出張日程だけが延ばされるのは、やるせないというか疲れを感じるものでした。

また、今回2週間強いたわけですが、その間、週末も昼間もホテルにこもって仕事というのも、
どこに行くにも車を使うという生活も、決していいものではありません。
普通に街中を歩ける生活というのは、それだけで恵まれたことだと思います。

そういえば、友人がバンコクに数か月住んで日本に一時帰国した時、子どもたちが
ちょっと歩いただけですぐ足が疲れて普通に歩けなくなっているのに驚いた、
と話していました。

仕事上もいろいろあり、まだ消化しきれていませんが、実に多くを学んだ出張となりました。

二度目の週末


う~ん、まだマニラです。今日明日が山かと思われます(何度来るんだ、山が。。。)

しかも数日前から風邪をひいたのが鼻とのどの軽い風邪症状がでています。
理由は明快。疲れとここの強すぎる冷房でしょう。
とにかくどこでも強すぎるんですよね、冷房の設定が。
17度とか、冗談辞めてほしいとせっせと25度に設定し直す私です。
フィリピンに限ったことではないですがおそらく東南アジア諸国では、
日本のクールビズの発想は、まず受け入れられないでしょう。

昨日は夕方からだるかったので早々と床に入り、風邪薬を飲み始めました。

とここで、そういえば前職場の上司に、やはり出張先でのどが痛いと言いながら水を飲んでいたときに
「水を飲むとは何事か、ぬるま湯を飲まないでどうするんだ?」と叱られたことを思い出しました。
私は冷たい水が好きで、家でもどこでもよく水を飲むのですが、
体調が悪い時に水はのどを痛めるというのです。そういう時はお茶、せめてぬるま湯に限る、というのが中国人の彼の言い分でした。

とりとめもなく
さっ、仕事に戻らねば。


そういえば週末


またマニラに来ています。
この週末が最初の大きな山です。がんばります・・・。

フィリピンに限らないのですが、途上国の人と仕事をすると予期しないことが多いのは百も承知ですが、今週は「ここでこうなる?」みたいなことも頻発しています。ざっとみて、サプライズ3割、忍耐3割、不思議なこと1割、自分を納得させるのが1割、上司を納得させるのが・・・(どのくらいだろ?)、同僚への感謝も出てきます。考えても仕方がないことだけれど、自分なりの目標に向けてできるとことまでとことんやり、次に生かしたいと思います。

週末は、マンゴージュース片手にゆっくり何もしないでビーチで過ごす、という夢を今から描いています(これも次の宿題に)。

七五三


日曜の午後、街に出ると七五三の家族連れに何組か会う。
思わず、いいな~と思ってしまう。

我が子が七五三のときは祖父母が張り切ってくれたけれど、親としては何もしてやれなかった。
ブログを始めていなかったからその様子を記録にも残せなかった。

七五三に限らず、振り返って、「あの時ああしてやればよかった、こうもできた」と思うことがある。
時計の針を戻せるのならとも思う。それができないだけに、
子育てって、きっと一瞬一瞬が大切なのだと思う。
日々の些事から共有する思いの積み重ねで、家族の絆も深まるのかもしれない。

家族との時間をもっと大事にしなくては、なぜか急にそう思えてきた。

会議は短く


昨日の月曜に振替で休みを取ってしまったため、今週は実質3日間。
昨日は半年前からの予定が入っていたため、休まざるを得なかったのですが、とにかくこの繁忙期にどうしましょ。しかも来週には出張を控えている身でもあります。

そんな中、いま集中したい仕事とは別の業務で会議招集がかかりました。その時間たるや「2時間」とあり、もう内心ビックリ 日本の会議って無用に長すぎ!とぶつぶつ思いながら行ったのですが、この程度の会議に12人もいる(思わず人数を数えてしまった私)と知り、二度びっくりしました。長らく外資にいた私は、人数の多いだけの会議なんて時間を食うばかりでロクなことはない、との印象を強くもっていましたから。

ところが始まってみるといいこともありました。実質リーダーのような人がいてその人が仕事の方向性や話の流れを決めていくので、トントンと無駄も少なく進み、みていて勉強になりました。こういう人と一緒に仕事ができるだけでも今の職場に来てよかったのかも、と思ってしまいました。何よりチームに1人でも光る人がいれば、やる気が起きるものです。そういう人はできれば同世代であれば刺激になるので、なおいいかと思います。

それでも会議は長く、もっと短くしたいものです。あれを当たり前と思わない感覚がほしいですね。
いや、それにしても勝手なこと言っている私だとも自分で思います

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター