戻ってきた北の湖


北の湖が戻ってきた、らしい。
ニュースによれば、相撲協会の理事選挙で、理事を10人選び、そこから理事長として北の湖を満場一致で選んだとか。

そのニュースを聞いて思ったこと。
あ~、北の湖ったら柄にもなくまたこんな難題に取り組んじゃって。

でも、何となく北の湖らしい。
強いけれど不器用で、ただひたすら正面から取り組んでいった(それしかできなかった)彼の相撲とよく似ている。

ほかのだれが理事長になるよりも自然なことに思える。
相撲が好きで相撲に育てられ相撲の世界しか知らず、相撲界の厳しさも問題も隅々まで知り尽くしている。そんな北の湖が、相撲協会のためにもういちど一肌ぬぐ決意をしたのだろう。

北の湖の時代のほかの力士といえば、
みな北の湖ほど強くないのに、女性ファンが多いか、個性的か、とにかく人気があった。
思いつくままに列記してみよう。

 輪島―北の湖の最大のライバル。よくわからんがユニークなのか個性的なのか、現役の頃はテキトーに人気があった。黄金の左手とか言われていた。
 初代貴ノ花、怪傑、二代目若乃花、若島津、霧島、寺尾―相撲界の中ではダンディな方で人気あり
 増位山、たぶん若島津(再登場)も―歌がプロ並みに上手、話もうまいから人気。
 高見山、小錦―当時はまだ珍しかった外国人力士ということもあり、お茶目で人気があった。高見山はなぜか北の湖には強く、勝っては館内を沸かせ座布団が舞っていた。
 朝潮―なぜか一部の女性にもてていた。ある時、知り合いの素敵な女性に「朝汐の大ファンなんです~」といわれて返答に窮した記憶あり。
 黒姫山、富士桜、鷲羽山―ダンディでも個性的でもないし取り立てて強くもないのに、なぜか北の湖よりは人気があったから、世の中ってつくづく不公平だと思う
 三重の海、旭國―苦労人ゆえに声援多し。北の湖は若くして横綱になったが、苦労していないっていうわけでもないと思うが。。。北の湖と対戦するといつも声援を向けられていた。特に旭國は悲願の優勝を北の湖に阻まれたのだから、その時の場内ときたら。
 千代の富士―きっと小さいのに強かったからだと思う。この頃から相撲を見なくなったので記憶が薄い。

まあざっと記憶を辿ってこれだけいても、この中で一体何人か今も相撲界に残っているのだろう。
北の湖はきっと命ある限り相撲界にかかわり続けるのだと思う。
今の相撲ファンや今でも国技館に通い続けるお客さん(つまりリピーター)は、北の湖の時代(1970年代)の相撲を知っている層が少なからず多いのではないかと思っている。なぜならあの頃の相撲は本当に面白かった。決勝戦となれば、あるいは優勝の行方を占う一番は力が本当に入っていたし、水入りも多かった。スポーツとしては地味でニュースの取り扱いもマイナーだったけれど、国技としての相撲や横綱の品格について疑問を感じるすきまもなかった。いや、あれはスポーツとひとくくりにできない何かがあった。

だから大横綱といえば、昔は双葉山や大鵬だったのだろうが、私にとってはやっぱり北の湖だ(カラオケと一緒で世代がわかるというもの)。四横綱時代でもあったのに、ほかの横綱の印象はあまりに薄い。

あの「にくらしいほど強い」と言われ続けた北の湖が、そのふてぶてしさをいい方向で発揮する姿をせめてもう一度、少しだけでも見せてほしい。あの頃は普通の女の子が相撲ファンだというのも憚られた、そんな時代に声援を送っていたかつての相撲ファンの願いです。


ホットヨガ初日


ヨガ教室というのかどうか、ヨガの体験コースに行きました。
朝の75分コースで、飲食は2時間前までと言われました。今日は最初ということもあり律義に守ってみました。

寒さが身にしみる朝の向かい風の中、開けた世界はそう、ホットヨガ

ホットヨガってなあに?の世界でしたが、要は比較的高い室温で行うヨガで、発汗を促し体内の代謝や血液循環もよくなるとか。やりながら、ほとんどサウナ状態と思っていましたが、室温は38度くらいだったようです。また、水も少なくとも1Lは用意を、と言われましたが、あまり飲んでいる余裕もなく150mLほどで足りました。

しかしこういう場に始めて入ったのですが、広いレッスンルームの3面に鏡があり、最初はバレエ教室かと思いました。ほかにもロッカールームにシャワー室、ソファ、ロビー等々、何せきれいな環境です。

ヨガの先生って、声にハリと温かみがあるんですね。DVDの先生の声とほとんどいっしょ(笑)。
DVDとの違いは目の前での実演つきヨガという感じでした。

あと一回体験できるそうですが、さっさと入会してしまいました。
せめて半年くらいは続けばいいなと思っています。

ヨガ


ヨガを始めてみることにしました。

2年前(それ以上?)自宅でしていたときは心地よい疲れを感じて本当に気持ち良かったのですが、ひとたび途切れると続きません。それでも今までした中で最も肌に会っていると感じていたのが、ヨガだったのです。

運動不足を最近よく感じていました。
歩くのは好きですが、日本にいて歩くといってもたかが知れています。
はげしい運動はそれほど得意でないこともあり。

職場でもヨガに詳しい人がいて二人に薦められていたところへ、
ひょんなことで目にとまったチラシ。
新聞に入っていたのでしょうが、なぜかそのチラシだけが目に入りました。
これも天の声かと思い、電話で予約。

ま、今月中でないと割引が受けられないという理由もあり(これがメインで)

カタカタになった体をほぐす意味でも、気分転換も含めて
この週末にまずは無料体験なるものをしてこようと思います。
そのまま入会になる図式も目に見ているような?


今、東京は夜10時過ぎ、牡丹雪かそれ以上の雪が空から舞い降りてきています。
我が家の前の道路も積雪、どうりでこの小一時間まったく車の音がしていないはず。

雪か~、それだけでワクワクしてしまいます。

幼少期は金沢、青森と雪国育ちだったなので、雪は好きなのです。
金沢にいた頃は、朝起きたら雪で玄関が開かなかった(で屋根から外に出た)ことを思い出します。子どもの頃はかまくらに住むのが夢でした。

寒いけれど冬は大好きな季節。
凜とした空気、朝の冷気、つきぬけるような青空、そしてコタツのぬくもり。
こういうときは日本にいてよかった~と心底思います。

と言いながら数時間後、明朝電車に乗る頃には、東京の通勤事情を恨めしく思うのでしょうが。
(あるいは電車がとまったりして?!)



去年の今頃は、本当に大変な時期でした。
おそらく心身ともに疲れていたのでしょうが、それでも疲れを感じている間もないほど動いていたのです。とかくすごかったあの頃。

それに比べてこの穏やかな日々。しばらくこういう状態が続くといいと思います。

いま外でしんしん降っている雪のように、静かな時間がいとおしく感じます。


日経「私の履歴書」


日経新聞の「私の履歴書」欄は一か月の自伝的連載だが、どうも好き嫌いが分かれるようだ。毎日必ず読みます、という人もいれば、あれのどこか面白いかちっともわからない、と意見は分かれる。私に言わせれば面白い月とそうでない月にきれいに分かれる。もっといえば、執筆者によって、というよりその人の人生や生き方に読者が共感を感じられるのかどうか、による。読者も様々だから、当然Aさんがつまらないと思う連載を、Bさんは面白いと思うことは十分あることだ。

例えば、これまで面白かった連載として記憶にあるのは、圧倒的に科学者が多かった。思い出すのは、随分前だが、渡辺格(分子生物学者)、石坂公成(免疫学者)、最近では下村修(生化学者)の各先生、物理学者の小柴先生も面白かった。なかでも石坂さんの連載は圧倒的に面白く、その後本を何冊か買ったほどである。一方で、役者や芸術家の連載は彼ら特有のしきたりや芸風などもあるのだろう、どうもピンとこない内容が多く、早々に読まなくなることが多い。政治家やビジネスマンは書き手次第で面白くもつまらなくもできるようだ。全般的に、正直に書いている方が読者には受け容れられると思う。研究者は愚直なほどに正直な人が多いから、そう考えれば科学者の話が面白いのはあながち根拠のないことでもないのだろう。



今月はイギリスのブレア元首相で、これがまたなかなか毎朝の面白い読み物となっている。若くして志した司法と政治の世界の話題が中心だが、生い立ちや、ブラウン財務相(前首相)との駆け引きややりとりについても紹介されている。あるとき、改築中の自宅のトイレに間違えて閉じ込められたブラウン財務相から救出を求める電話。そこで駆けつけて救出する時に、「ここでイエスと言わないとトイレがら出してやらないぞ」と半ば脅し、政治的取引を条件にトイレから出してあげたことなどを、さらりとユーモラスに書いている。

今日は子どものことで、長男が未成年飲酒で逮捕された時のことに触れており、普通の父親ぶりが伺える。子供について、
「赤ん坊はかわいくて抱きしめたくなるが、まだ少し無生物のようだ。子供は3歳ごろから面白くなり始め、地獄のくらい霧が彼らを包み始める12歳ごろまでそれが続く。そして20歳前後で半文明化された人間として再び姿をあらわすのだ。それを見て、自分が悪い親だとか、遺伝的な問題があるのではないかなどと思い悩むのはやめ、やっぱり自分の子供だと悟り、愛するのである」
と語っているしめくくりには、思わずじんとさせられる。

やはり「履歴書」といえど仕事だけでない、その人の哲学や人となり、ストーリーが出て来るとリアリティを伴い断然面白くなる。

年が明けて


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

この年末の中国は雲南省・景洪での印象が強すぎたのか、
年が明けてもなお、とかく日常に戻るのにエネルギーを要しています。

ときにはカラフルでスパイスの利いた時間を楽しみつつ、
穏やかに過ごしたいと思う年の始まりです。
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター