マニラのスーパー


今回の出張は3泊4日の超特急並の行程である。
少しは外の空気を吸いたくなり外出した。といっても哀しいかなマニラには、モール以外に行くところを知らない。そこでモールのスーパーでみたものを紹介。

Japanese package とあるのがこれ。ノリ巻きセットみたい感じ。600円くらいなのに割と売れているみたいだ。
3+Jap_20120620031432.jpg

果物の王国フィリピンだけあってスーパーにこんな一角も(フルーツバーというのだろうか?)。ここは女性が立ち寄るみたいで、よく売れている。ここは入口だがこの後に、野菜売り場として果物がズラ―と3列くらい並ぶ。野菜は1列くらい(?)と脇に追いやられている。その後ろにある魚コーナーと野菜コーナーを合わせても、果物コーナーの規模や充実ぶりには到底かなわない。やはりフィリピンの食べものは果物がカギなのか。
1+fruit_20120620031434.jpg 

生の果物以外にこんなものまで売っていて、これで50円という有難さ。
2+fruit_20120620031433.jpg

少し歩くと、お目見えしたもの。まず豆腐。そしてヌードル類(こうして売っているのね・・・)。
4+tofu_20120620031431.jpg 5+noodle_20120620034412.jpg 

ここからは、どう見てもアメリカでしょ?という品ぞろえ。 
6_convert_20120620034411.jpg 7_convert.jpg

これでもかと続く。
8_convert_20120620034409.jpg 9_convert_20120620034408.jpg

それがインターナショナルフレーバーときたもんだ。どうみても、日本のもの、韓国のものはなさそう。パスタがたくさんあったので、日本と韓国の国旗を外して、アメリカとイタリアの国旗にすればなるほどというバランス。
10_convert.jpg

最後にみたのがこれ。1800円~2000円のケーキだ。
見るのは楽しい(この色だから目を引いた)けど食べるにはどうか。
さすがにこの色では、いくらマニラでも買い手がいないと思われる。
今朝から置いているけれどまだ売れていない。5日はここに置くから大丈夫(?)とのこと。
11_convert_20120620034513.jpg

全体として、果物が圧倒的に大きなスペースを占めている。
次に加工品。お菓子やら飲み物やら缶詰め、シリアルなど。
魚や肉など肩身狭そうな感じで奥にちょっとだけあり、さらにその奥に卵が置かれている、といったところだろうか。通路は広くアメリカ並みのスーパーの大きさだけれど、同じ階に家具まで置かなくても(笑)と思ったり?

『世界を歩いて考えよう!』

この本は海外旅行をする時に持っておくと面白い視点や着眼点が紹介されています。「あ~楽しかった」という以上の印象や学びを得る旅行をするための手引書とでもいいましょうか。著者のちきりんさんも、旅行から戻っても「あること」が頭に引っかかっていて調べたり、説明を求めて考えるのでしょう。あるいは後になって、ふとした時にアンテナやしまっていた記憶の引き出しが反応して「なるほど、そういうことだったのか!」とピンとくる―そんな著者ちきりんさんの様子が目に浮かぶようです。ひと昔、ふた昔前ならば、下手をすればこの本は『旅行を10倍楽しむ法』などという陳腐なタイトル本になっていたかもしれず、世に出たのが今でよかったとつくづく思います。

そのユニークな視点や切り口は、まさに多種多様です。紙幣(→貨幣経済)だったり、博物館や美術館(→歴史、展示品の帰属・所有権)だったり、途上国の現実(→貧困問題と社会のリアリティ)、野生動物(→自然の掟)、共産主義、移民や二世の宿命、ミイラ、ベトナムのボートピープル(→歴史の流れ、視点や社会の変化、あるいは悠久に思いを馳せるもの)だったり。中には、南欧の観光資源の潜在的ポテンシャルにまで触れており、イタリアの観光ポテンシャルなんてこれ以上あるの?と思いながら読んでいましたが、顧客が替われば(増えれば)そういう見方もできるのかという展開になっています。



なかでも特に印象的だったのは、ニューヨークのフラッシング・メド―ズの話です。ここを読みながらある出来事を思い出しました。

あれは2010年のこと、ニューヨークでホテル代節約を図り、フラッシング・メド―ズのアパートに3泊したことがありました。フラッシング・メド―ズの駅周辺には一見してチャイナタウンと思しきエリアが広がり、韓国人経営のお店も散見され、まさに本書にもある通り「お世辞にもきれいとはいえない」街並みでした。ニューヨークのグランドセントラルからフラッシング・メド―ズまで確か30分以上かかったと思いますが、宿泊先のアパートに行くにはフラッシング・メド―ズの駅からさらにバスに乗る必要がありました。アパート近くの降りるバス停がまた妙にわかりにくく、白状すれば間違えたバス停で降りることがままありました。ニューヨークに出ればアパートに戻るのは毎日夜、早くても夜8時で日は落ちています。外は暗い上に地理に明るくない私は、バスに乗って降りる場所を間違えては反対方向に行くバスで戻りまた間違えて、を繰り返した日もありました。一日目に間違えたので次は注意してバスの運転手に住所を見せたところ、ご丁寧にまったく別の違う場所で降ろされたこともありました。降りた場所が違うとわかった時は、もう自分しか頼れないと覚悟を決めた瞬間です。後はすぐさま、そこから無事帰るにはどうするべきか、しかもできるだけ早く(危険な目に遭う前に)知恵を総動員する、いわば時間との戦いでした。こういう時は、「どうしよう」などと思案に暮れている場合でも泣き言を言っている場合でもないのです。

ある日のこと。既に辺りは暗く雨も降り出し、降りた場所(もちろん間違えて)から前後100メートルに歩いている人影はなく、一人旅だったこともあり怖い思いをするには十分すぎる状況でした。こういう時は知らない人がいてもこわいものですが、ひとっ子ひとり視界にいないのもなかなかどうして怖いものです。ヒッチハイクをしても怪しい(少なくとも不安げな形相をして怪しく見えたであろう)アジア女性に一瞥はするものの止まってくれる車などほとんどなく、一台だけ止まってくれた車は「近くにガソリンスタンドがあるからそこに聞くといい」と親切なアドバイスを残して走り去ってゆきました。そこはアメリカ、「近く」といってもガソリンスタンドなど至近距離には見当たりません。ひとしきり歩いてようやくみつけたところで、別のバス停まで歩くよう教えられた時は、心の中では泣いていました。

それでも平静を装って周囲を警戒しながら歩き続けてようやくたどり着いたバス停。普段、ある程度の沈黙でも耐えられる性分の私ですが、ここまで話さず黙々と歩いている状況にいい加減たまらなくなったのだと思います。いつの間にか同じバス停でバスを待っていたインド人女性に話しかけていました。聞けば彼女はインドからの移民で、夫と一人娘、義母と4人暮らし。しかも私が日本人と知るや否や、2003年まで日本に住んでいたこと、桜と人の親切さが忘れられず東京の大ファンだ、と日本の良さを語ってくれました。「日本人は親切」というのは耳慣れた話ですが、彼女の何気ない話や「日本、東京」の響きが、異国で極めて心細い状況の私を元気づけるには十分な力を持っていたのでしょう。もうひと頑張りしてアパートに戻る(そもそもそうするしかないのですが)気力がわいてきたことを覚えています。件のインド人女性は「最近ようやく仕事を見つけたの。今は病院の仕事から帰るところ。娘は義母が見ているから大丈夫」と彼女が話すのを聞きながら、それでも午後3時から夜11時の仕事は4才の娘がいる母親には大変だろうにと思ったものです。その時は知る由もなかったのですが、フラッシング・メド―ズが「夢を持ってはるばるアメリカに来た人の街」であり、「そこを出ていくことがステイタスとされている街」と本書で書かれているのを読んだ時、「そうか、そういう街だったのか」と驚くと共に、あのインド人女性を思い出しながら妙に腑に落ちた次第です。

ところで、6月1日のちきりんさんの講演会でのこと。日本好きながら海外旅行をする理由として、「海外旅行をすることで様々な視点が得られる。人々と話したり世界各地での生活を知ると、自分という存在や自分の悩みがいかに小さいものかを知らされる」ということを話されていました。また、困った時にこそ「笑う力」が大切さとも強調されていました。全く同感ですが、もうひとつ私の中にずしりと響いた言葉は「海外にいくと、これ以上ないほどの『社会的弱者』になる。」というくだりでした。

フラッシング・メド―ズでバスから降りる場所を間違えていた私が助けを求めてもつれない対応をした人々や走り去った車にとっては、私が困っていることはまあ、どうでもいいことなのです。そこで私が笑顔を見せていればもう少し状況は違ったかもしれませんが、当時の私は笑うどころではなく、落ち着き(=ワタシ別に怖くないからという強がり)を装うので精一杯だったに違いありません。そして、それはあの時の私は圧倒的な社会的弱者だったとも思うのです。もし同様のことが土地勘のある日本で起きていたら、バスがダメでも電車がある、とか、あのお店に行けば大丈夫そうだ、どこで時間をつぶそう、などと瞬時に選択肢が浮かび判断できるのですが、すべてが皆目分からない状況に置かれていたのがフラッシング・メド―ズの私だったのです。



おそらく、私はちきりんさんと同じ世代だと思います。そして私も旅行好きな方です。なのに、あろうことか、これまで行けたはずのソ連もベルリンの壁も自分の目でみていませんし、昔の中国にも行っていません。それでもこの本をたどると、ソ連の共産党幹部がクレムリンに居並ぶ時の様子やベルリンの壁が崩れていく頃の時代、天安門事件のあった頃の中国などが次々と思い出され、時代や人々の話(友達でソ連や中国を旅行する人がいました)、自分の人生での出来事と重ね合わせることができるのです。それはたまたま、著者と同世代だったがために感じるお得感なのかもしれません。

この本の醍醐味はそれだけではありません。時々しっとりした読後感を感じます。そして読みながらハッとするような生きることの哀しさや残酷さ、有無を言わせないリアリティを突き付けられます。キリンの親子の話、インドのリキシャを引く少年の話、ビルマのお金持ちの話などなど。読書なのにゆるやかなジェットコースターに乗っている感覚を覚えます。ついつい読み進めてしまうのですが、時々、ここでこの展開?という流れは、韓国ドラマ『チャングムの誓い』のストーリー展開のようです(ヘンな例えですが)。

長くなりましたが最後に。
私自身は自然が好きなこともあり、これまでどちらかといえばアジアの地方や辺境地を中心に足を運んでいました。自然も捨てがたいですが、これからはもっと歴史のある国や場所を回ってみたいなと思い始めています。ちきりんさんは社会派と銘打っていることもあり、本書では自然の話はあまり出てきません。それでも最近のちきりんさんはケニア、タンザニアにも行かれているとのことですので、「自然派きりん」(←ちきりんさんの分身)からみた第二弾を期待したいと思います。本のタイトルはちきりんさんが自分のアタマで考えて下さることでしょう。



今日は、これまでブログではあまり書かないできた書評なるものに挑戦、という趣旨で『社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう』の書評にトライしてみました。『世界を歩いて考えよう!』の書評コンテストに応募してみます。

(追記)
書評ブログコンテストの結果はこちらです。
同じちきりんさんファンの書評ブログを、味わって読んでみようと思います。


イダとの再会

今日の夕食は友人と、のつもりで朝からいた。会議で日本に行くことになったと、インドネシアの友人イダからうれしい連絡があったのは1か月以上前のこと。イダに最初に会ったのはマレーシアでのワークショップだった。その後、インドネシアで彼女の自宅にも招かれたのは2008年だったか2009年だったか。かれこれ4年ぶりになる。

旅行好きの彼女だけに、今回は初めての日本滞在をおそらくかなり楽しみにしていたはずだ。一方私はやや早めに仕事を切り上げて、夜の7時前に彼女の宿泊先に向かう。久しぶり会うや否や、すかさず曰く、
「夫も来ているのよ。今から5分ほどお祈りするから。その後出かけましょ」

そう、イダはイスラム教だったのだ。そういえば昔、メッカにいったことを得意気に話していたことを思い出した。メッカにいったことを名刺にまでのせており、そもそも名刺上に書かれたメッカ巡礼経験がいったいどういう意味をもつのか、当時の私にはピンとこなかった。が、メッカに行ったことがモスリムの彼らにとって、おそらく人生の一大事、一家の誇りなのだろうということは想像に難くなかった。

ほどなくして二人でお祈りを始めた。ひとり待つ身としては、さりとて特段やることもないので部屋のテレビ音をミュートにしてみる。見るともなく目をやると、旦那さんが祈りの文句を唱え、イダはその後ろで祈りのポーズをとっている。まさに夫唱婦随だ。

祈りが終わると、
「日中は会議で私たちは外に出ていない。特に、夫は毎日ずっとこの部屋にいるから、今からどこかに連れて行ってもらえないか」
急にいわれても、時計をみれば夜の7時半である。まさかスカイツリーだろうか。いや、スカイツリーは7月まで予約でいっぱいと聞いた。などと勝手にあれやこれやと頭を巡らせる。

夜だけれど何かみたいものがあるのか尋ねてみる。
「何でもいいから外の世界をみたい。例えば電車に乗ってみたい。お腹はすいていないから食事は要らない」
そう、彼らは食事もベジテリアンで、インドネシアからかなりの食べ物を持ってきて部屋中に置いているほどだ。対してかなり空腹の私(汗)。ともあれ、そこで来る途中、近くにバスが停まっていたことを思い出し、まずバスに乗ろうと提案すると大喜び。行けば途中にハトバスが停まっている。
「あのバスね?」
「いえいえ、あれは都内の観光バス」(なんでここにいるのか、まぎらわしい・笑)とその向こうに停まっていた都バスに乗る。

都営バスでお茶の水駅まで行き、そこから中央線で新宿に向かう。早くもバスと電車を経験して二人は大喜びだ。ついでに切符も自分で買わせてみる。一万円札しか持っていないようなので、駅で切符を買う際に大きいお金を使って両替できることを話しておく。海外の国では自動販売機は壊れていることが多いが、日本では自動販売機が壊れている方が珍しい。しかも自動販売機でも切符を買う機械でも間違いなくおつりが出てくるとはすごい、とイダ。

新宿では東口のにぎやかな場所を歩き、少し道を入るとちょっとしたスペースとベンチが目に入る。そこに満腹という二人を座らせて、空腹の私は夕食を買いに行く。バーガーキングでテイクアウト。まさか今日の夕食がハンバーガーになるとは苦笑しながらワッパージュニアを注文。ベンチに戻ると二人はお茶を飲んでいる。そこで夜風に吹かれながら、あれこれおしゃべりをする。二人とも初めての日本で、いろいろ知りたいらしい。あれやこれやと、質問が途切れることなく出てくる。
「夜でもひとりで歩いて大丈夫なのか」(そりゃもう、それが日本の誇れるところ)
アメリカでは大学でも女性は駐車場までポリスを呼んでエスコートを頼まなくてはならないけれど、日本ではそういうことはない、と言うと驚いている。もっとも驚いているのは米国の事情についてだったようだ。

「ここの通りは何時まで人がいるの?」(新宿だし夜の11時じゃまだ相当いるでしょう)
「お店も閉まっているのにみんな何しているの?」(知らない、飲んだ後に夜風に吹かれているのかな?)
「電車は何時まで走っているのか」(どこ行きの電車かにもよるが、夜の12時前くらい?)
「住宅街はどこにあるのか。ここからどのくらい離れているのか」(それはもう、住んでいる地域による)
「朝何時から夜何時まで働くのか」
「夜6時以降も仕事をすることがあるのか?」(まあある)
「メイドがいないなんて、日本の働く女性はどうやってやりくりしているのか」(その通り)
加えて曰く、「インドネシアではメイドは月5000円、ドライバーは月1万円で雇えるから雇わないワケないでしょ」といって私を羨まがらせてくれる。

そういえば面白いことも話していた。
「日本のおじさんは毎日お酒を飲み、酔っ払っているのは本当か?」
その理由が、インドネシアにいる日本人男性はいつもお酒を飲んでいるというのだ。それは一年中暑いのと開放感で、ビールを飲んでいるではないか、日本ではビールはアルコールにも入らない、と適当にお茶を濁しておく。

「日本人はどうしてこんなにスリムなのか。日本人だけじゃない、韓国人、中国人はどうしてやせているのか」
公共の交通網が発達しているから、日本では歩くことが多い。実際、通勤なら車運転より電車の方が時間通りだしラク。日本で4年過ごして東京での生活で歩き続けてスリムになったオーストラリア人の話をしたら、「私も東京に住んで痩せたい」と真顔で言い出した。意外と、3月11日の地震についてはあまり聞かれなかった。津波も地震もある国から来たためかもしれなかった。

その後、新宿駅に向かいながらもう少し歩きたいと言うので、新宿東口から南口を通り、西口から都庁方面に出る。何でも新鮮らしく、新宿で何枚の写真を撮っていたことか。言われるがままにカシャカシャとシャッターを切る旦那さんもすごい。年に3回は旅行するというイダ。彼女とは年齢も近いし境遇も似ている。明るいしちゃめっけもあり、幸せそのものにみえる。そんなイダでもふと話していた。
「問題のない人生なんてない。生きていればいろいろある、いい時期ばかりじゃないものね。」

イダでもそういうんだと思いつつ、妙にシリアスな表情で話すので聞き流すことにした。


はや6月、梅雨の季節です。
5月の連休に買った傘は受難続きで、2度の交換を経て3度目に届いた傘。
雨の日でもこれまでなかなか出番がなかったのですが、ようやく来た本降り雨の日が今週はありました。

結構どきどきしながら使ってみました。
というのも、今までの二本がかなり特徴的だったのです。

(一本目)骨がふにゃ~となり最初から開ききらず
(二本目)傘は開いた→かちっと開かず(でも外は大雨だったので)→無理して開いて駅まで歩き→駅に着いたら今度は閉じれず

つまりこの傘は、ちゃんと開いて、ちゃんと閉じる、二つのことを確認しなくではならなかったのです。

今回は一日使ったら大丈夫でした。
あと一回使って大丈夫なら安心しようと思います(珍しく用心深い)。

でも色もよく、さしながら夜空を見るように星座がみれるので(写真)、これはもうモバイルプラネタリウムさながらです。何より軽いので、これで傘としての機能さえ問題なければ大のお気に入り、になりそうです。

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター