なでしこの存在


毎日暑い日が続いています。8月の東京の暑さは、もうマニラやジャカルタの比ではないですよ。
東南アジアは暑くてもだいたいカラっとしています。

この暑さの中、今日の銀座はすごい人でしたね~。メダリストのパレードに駆け付けた人々の山と熱気は目を見張るものがありました。といってもニュースでみただけの管理人です。いや、何たって暑いんですもの (しかし50万人ってほんとですかね?街の一角にそこまでの人数が収まるのかやや疑問でもありますがそれは置いといて。)

オリンピック期間ほとんどマニラにいたせいか、今年のオリンピック、ほとんど見れませんでした。みれたのは開会式と男子マラソンくらい。あと、女子体操の個人総合です。ボホールにいた時、夜中にテレビをつけると女子体操が流れていたので、もともと好きなこともあり見入ってしまいました。小一時間、ロシアと米国の選手のメダル争いを堪能しました。子ども時分にコマネチに魅了された世代で、以来、女子体操は好きなのです。ロス五輪のメアリー・ルー・レットン(米国)とサボー(ルーマニア)も印象に残っています。今はルーマニアの女子体操は昔ほど強くないんですね、ちょっと残念。

ということで今年のオリンピックといえば、ほとんどみていなかったのですが、11日の帰国でなんと、なでしこジャパンと一緒になりました。私はマニラからの朝便で成田着が2時半過ぎ。到着ロビーにでるとすごいカメラと出迎えの数。聞けば、ロンドンから3時着の便でなでしこが戻るというじゃないですか!

そこは本来のミーハーぶりを発揮して、まず予約した帰りのバスをすぐさま1本遅らせることに。肝心の選手の通路いうか一体どこに出て来るのかわからず、荷物を持ちながらウロウロしていたところ、キャーという歓声が。

(え、どこ?どこどこ?)

声は聞こえど選手はみえない。というか目の前は人の背中ばかり。。。

と思って右にずんずんカニのように動いていたら、にわかに佐々木監督が足早に歩いてくる姿がみえるではないですか。続いて選手も。

ん?わたし、もしかしてすごくいいポジションにいるのかも?
と慌ててカメラを握る始末。ここは握るのではなく構えなければならないのにっ。

で、がんばってとった写真がこれ(汗)。せっかくの澤選手が。
nadeshiko_convert.jpg  nadeshiko2_convert.jpg

それでも期せずして成田で迎えたなでしこの選手から、元気をもらいました。

実はあの時、ちょっと思ったんですよね。
あれだけの活躍をして長旅で帰ってきた選手に対して「おめでとう!」「おつかれさま」の一言もかけることができず、写真を撮る方に必死で少し悪かったかなあって。

でも今日の50万の人々が、あれだけの歓声と感謝の言葉を選手にかけて、その役目を果たせていただけかなと思い直しました。

なでしこ、本当におめでとうございます!
ここぞという時に希望の光を灯してくれるのは、いつもなぜか、なでしこです。

食生活


私はグルメではないですが、土地の食べ物には興味があります。そこで暮らす人々が、日々どんなものを作ったり食べたりしているのか、土地土地での食生活が気候や地形と関連しているのか、などは興味深いものがあります。昔、インドの山奥でお昼に何を食べたいかと聞かれ、毎日カレーだったのでつい「麺類」と言ってしまったことがありました。かわいそうに、おそらく礼儀として聞いてくれたであろう学生は、麺を買いにマーケットまで走り、しかもその麺を食べて何人かはお腹の具合が悪くなり、麺が手に入りにくい地域であることを知ったなどのように、食生活は思いのほか生活文化の一面をみせてくれます。

フィリピン人は一見して(見れば見るほど)、丸っこい感じの人が多いです。これは老若男女を問わない共通点だと思います。それもそのはず、よく食べるのです。一日何回食べているんだと思う時もありますが、一回の食事でとるご飯の量も、日本のお茶碗にしてゆうに三杯はあるでしょう。ちょっとしたレストランなら、お代わり用に配るご飯のかごを持って歩いているスタッフが目に着くはずです。

これはあるローカルレストランでのランチ。おかずに魚がよく出るのはうれしい。マニラでは、バナナの皮にご飯と焼き魚が包まれて出されたランチ(時間がない時のファーストフードにするノリ)もありました。
food4_convert.jpg

それから甘いもの好きなのもフィリピン人。果物はあって当たり前。ほかにもミリエンダと称して、間食をおやつ感覚でとります。おやつにしてはしっかりした量です。たとえばこれ。
food2_convert.jpg
これを朝の10時過ぎから出されて目を丸くしているのは私だけ。同席のフィリピン人は待ってましたとばかりにパクパク食べ始めています。無条件に甘いコーヒーと一緒に。

あまりに甘いので、紅茶をお願いして出てきた午後のミリエンダはこれ。
food3_convert.jpg
バナナを揚げたお菓子で、もっと多く出されたのですが、少なめにお願いしてこうなりました。でも紅茶(もちろん砂糖なし)とよく合っておいしかった。

移動時間がお昼時だったので、何か軽いものをとマニラの空港でテイクアウトしたのがこのしゅうまいです。たれを頼むと、しょうゆと辛味のついたものと2種類ついてきました。お箸と紙ナプキンも付いてきて至れり尽くせり、さすが中国系。これで60ペソ(100円ちょっと)。
food1_convert.jpg

<番外編>
ちょっと驚いたのがこれ。マニラのコンビニで買っておいた韓国のカップ麺。大雨の日にランチ替わりに開いてみると、中にフォークが入っておりました。
food5_convert.jpg

ちなみにフィリピンには韓国人観光客が圧倒的に多いようです。ボホールでもマニラでも、よく「韓国人ですか?」と聞かれたり韓国語で話しかけられました。私はどうでもいい時は、聞かれた国の人になりすまします。その国の人に対するフィリピン人の感情や印象が読み取れて、なかなか興味深いからです。

ボホールの自然


私は自然を見るのが好きです。が、首都にいては自然は望めず、博物館や街を練り歩くことが多いです。とはいえ、博物館が充実している首都をもつ国ばかりではないので、どの国に行っても自然、遺跡、博物館のどれかを、できるだけ機会をみつけては行ってみるようにしています。

今回ボホール州に飛びました。そこのユニークな地形がチョコレートヒル。今は雨季ですが、写真のようなグリーン(もえぎ色に近い?)の小高い丘が広がる景観です。乾季にはこの丘がチョコレート色に変色することからこの地名となっています。丘はサンゴ礁によってできた石灰岩から成るもので、200万年前には海底にあったようです。その後、雨や浸食によって今の形になったと言われていますが、その形成過程にはまだ謎が多いとのこと。こういう丘が数100~800近く(一説には1200とも)ボホール島に散在していると言われています。

bohol_convert.jpg bohol2_convert.jpg

bohol3_convert.jpg

そしてターシャ。世界最小のメガネザルということですが、どうもサルというよりコウモリやムササビに近い動物にみえます。おそらく人間の片手に乗る大きさです。あまりに小さいのとデリケートな動物にみえました。ご覧の通り、夜行性で眠たそうです。
bohol4_convert.jpg bohol5_convert.jpg

とはいえ、ボホールといえば本来はこうした海がウリ?のはず。
ただ山派の私は、美しい海よりチョコレートヒルに見入ってしまった次第。
bohol6_convert.jpg

フィリピンは雨季だった


マニラに大雨が降ったのは、8月6日(月)夜半のことだった。それから翌7日(火)は一日中、間断ながら豪雨の続くメトロマニラ一帯。仕事相手も自宅の周辺が浸水して出てこれない日が続いた3日間は、私もマニラのホテル内にほぼ缶詰め状態になった。車で出ることもできたが、必要以上に下手に出歩くのは危ない。

一度だけ、8日の夜にある人に会いに出たが、普段なら15分でいくところがその日は妙に遠い。渋滞も手伝って結局、1時間以上かかってたどり着く。

ローカルニュースやBBCのニュースでは、腰までつかるほど浸水した家々やケソン市の街の様子を映し出している。それでもフィリピン人は2009年の台風を引き合いにだし、この雨はあれよりまだまし、と語る。

もともと雨季まっ只中ではあった。自然よ、おそるべし。


今回のメトロマニラ大雨については、こんなサイトもあるとか。
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター