文句を伝える姿勢


今さらながら、英国で印象に残っているシーンを思い出した。

帰りの空港へ向かう前、コベントガーデンの駅の窓口で、オイスターカードの払い戻しをしていた。オイスターカードとはいわゆる地下鉄やバスに乗る際の支払いに使える便利なカードで、東京でいえばパスモやスイカに当たるもの。今回の滞在は正味3日と短かったが、何かとTubeでの移動があったのでオイスターカードを購入した(ちなみにこのオイスターカード、1日券と1週間券があるが、その間の3日券みたいなものがあればいいのだが)。残額は払い戻してくれるということで窓口に行くと、IDを求められパスポートをごそごそ取りだした。晴れて、前金5ポンドを含む計7.5ポンドが返金された。これを、私と同僚の友人と二人続けてしていたら、後ろにちょっとした列ができていた。我々のすぐ後ろ、3人目にいた英国人女性の番になろうとした矢先、横から小柄な女性がすっと入ってきた。窓口で対応する男性職員に軽く話しかけただけに見えたが、並んでいた方はたまらない。すかさず英国人女性は口を開いた。

「並んでいたのに、急に入ってくるなんて失礼じゃないの」
静かで上品な口調だが、明らかに軽い非難のトーンが感じられる。
しかもその間、話しかけられた窓口の向こうの男性は、事に気付かずに割り込みの女性の用に対応し始めている。となるや、続けて曰く、
「これは礼儀の問題だと思う」
割り込んだ側の女性は、これまた明らかに(へんなのにつかまっちゃったな~)といわんばかりのめんどくさそうな表情をしている。どうもその態度が火に油を注いだらしい。
「こうして列に並んで待っているのに、急に割り込み、しかも一言もないのはどういうこと。しかもあなた、地下鉄の職員じゃないの」
よく見れば確かに、地下鉄のスタッフのようだ。
「用事があったので。すみません、マダム」
まだ収まらないらしく、
「ちゃんと目を見て謝ってちょうだい」
(割り込まれた女性は背が高く、割り込んだ方は見るからに小柄なので、見を上げる感じで)「申し訳ありませんでした、マダム」
そうこうしているうちに、窓口の男性は何も気づかず用を終えたらしく窓口を再開した。罪な人はこの人だとも思う。

数分の出来事だったが、この光景をみていて感心したのは、あの女性の不満の表明の仕方だった。文字に起こすと実際よりきつく見えるのではないかと気になるほど、彼女の口調は極めて静かで落ち着いていた。しかししっかりと自分の不満は伝わっていた。何か言わねばならないときはこうありたい、と思った。

街の落ち着き


日が暮れた後のコベントガーデン。
それなりににぎわってはいますが、それほど騒がしくなくしっとりとしています。雨の日だからでしょうか。
1+covent_convert_20131124164709.jpg 2+covent_convert_20131124164816.jpg 

朝のコベントガーデン。
3+covent_convert_20131124164920.jpg

街もクリスマスの用意があちこちら見られますが、どこか控えめというか地味に準備を進めている様子。浮かれすぎていない街の様子がかえって素敵です。
4+london_convert_20131124165010.jpg 5+london_convert_20131124165138.jpg



今回の出張でのミーティングでも時々感じた事なのですが、英国の落ち着きというか冷静さを垣間見ました。ある問題に対して、どの国のどの組織がどういうスタンスを取ろうか(それに賛成も反対もするものではなく、淡々と)我々はこういう考えで進めている、と示す姿勢に、どっしりした構え、貫禄を言葉の端々に感じたのです。

Baker Street ふたたび


ロンドンは2回目です。こんなに早く再訪することになろうとは思いませんでした。
前回きたのは2年前の春、その時の一番のお目当てだったBaker Street 21
今回は出張のすき間時間ということもありBaker Street は計画外でした。ところが、意外なことにホームズファンでないはずの同伴者がぜひ行きたいというので、仕方なく(?)付き合ったもの。やはりそれでも足取り軽くウキウキするのがファン魂。

ということで、来てしまいました、ベイカーストリート!
10+Baker_convert_20131124171715.jpg

あ~、こんなにも早く、またこの建物の前に立つことになろうとは。
11+Baker_convert_20131124171810.jpg

中に入ると、ディスプレイに少しだけ変化が。前回より不気味さが増していました。
12+Baker_convert_20131124172138.jpg 13+Baker_convert_20131124172014.jpg

行きはバスで来たので、帰りはTubeで帰ることに。ほとんどこれを友達にみせるために。
14+Baker_convert_20131124172038.jpg

ホームズの時代に生きてみたかった、と思うこともあります。でもあの時代に生まれたら、今ほど自由に生きることはできなかっただろう、とも思います。

ロンドン街歩き


東京から12時間のフライトでやってきたロンドン。東京より寒く、街全体が凛とした冬の空気に包まれています。今回は宿泊先の立地が良く、どこにいくにもほぼ歩きと地下鉄(Tube)で移動できたので、出張ながら街歩きを楽しむことができました。
6+walk_convert_20131124165236.jpg 7+walk_convert_20131124171643.jpg

街を歩いているうちに急に緑に囲まれた邸宅が現れたかと思えば、変哲のない通りを歩いているとふと「ディケンズが作品を書いた家」というサインに出くわすなど、歴史のある街ならではの楽しみです。
8+walk_convert_20131124165359.jpg 9+walk_convert_20131124171609.jpg

シャーロック・ホームズでも何度か出てくるビッグベン。
「それは何時ごろでしたか?」
「・・・(思い出そうとしながら)あの時、振り返ると確かビッグベンは夜11時過ぎを指していました」
みたいなやり取りのシーンがあったかと思います。
5+walk_convert_20131124165208.jpg

歴史のある街がやはり好きです。

ハロウィーンの季節


知人からお菓子をいただく。そうかハロウィーンの季節なんだ~。
それにお菓子のかわいいこと。
haloween_.jpg haloween2_.jpg

気づくともう11月。秋って短いよね~と先日家族としみじみ話していたところだが、
こうして冬がやって来て年末を迎えと、季節はめぐり巡ってゆく。
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター