足跡


森林セーフガードの講習を受けた。まる1日の座学だったが、これまでのどのREDD+に関する話よりもわかりやすく面白かった。それはひとつには社会セーフガードと環境セーフガードを分けて話したためであること、そしてそれぞれの話者が研究者だったからだと思う。専門家が聴衆によって、ややもすれば複雑になりがちなREDD+の話を、かみ砕き方を変えて話して下さる姿勢がよく伝わってきた。話の内容を難しくもやさしくも、角度を変えてもいかようにでも話すことができるのが真の専門家だと思う。特に、森林総研の岡部さんの話はとてもわかりやすく、適度に語彙も豊富に使い分けられていて、聞いていて気持ちのいいものだった。例えば生物多様性の話は、国際政治の文脈にかかると焦点がぼやけるきらいがあるものの、岡部さんはやはり昆虫生態学者でらっしゃるため実のある話になっていた。トレードオフを「あちらを立てればこちらが立たず」と表現するあたり、なるほどと感心して聞きいっていた。

それだけでもこの講習にでた甲斐があったものだが、もう一点嬉しかったことは期せずしてSさんと再会できたことだった。Sさんはご家族の都合で海外在住だったはずが、たまたま10日ほどの帰国中だったとか。その昔、国際協力の世界に入ろうかどうか、入口でウロウロしていた頃のこと。ある1冊の本を読んだ。その本は神戸のジュンク堂でふと手にとって思わず買ったものだった。その本の一章を執筆されていたSさん。ほかにも執筆者はいたはずなのだが、おそらく彼女の書き方が肌に合ったのだろう、Sさんの文章がもっともしっくりきたことを覚えている。以来、Sさんは私の前を、それもずっと先を歩く憧れの存在でもあった。数年前のこと、たまたま共通の知人を囲んでの飲み会で偶然お会いしたことがきっかけでお話するようになった。その頃、Sさんは貧困削減の分野でご活躍されていた。私はアジアの森林・環境保全(かけだし)と分野こそ違え、住民参加型や今回のREDD+、土地の所有権などで関連性や話題の重なる部分も多く、また年齢的にも近いこともあってか、徐々に近い距離感で話せるようになった。

そして今日こうしてまた再会を喜び合えるとは。
それだけでも、ここまで亀の歩みではあったけれど、自分の歩んできた点が線となって、ふと立ち止まって気づくと足跡がみえるようで何とも嬉しい。

伊藤みどり


もうすぐ冬季オリンピックが始まる。(申し訳ないけれど都知事選より興味がある)
ソチオリンピック出場選手の選考会にもなった去年12月の全日本選手権、女子フィギュアのフリーをみた(といってもテレビ録画観戦)。フィギュアをじっくりみるのはいつ以来だろう。みながら村上選手のコーチが山田満知子コーチだと知り、懐かしく画面で拝見した。山田コーチは伊藤みどりのコーチだったが、ポストみどりの選手を次々と育ててこられたようだ。

そう、フィギュアスケートと言えば思い出すのはほかでもない、伊藤みどり選手。ジュニアの頃から頭角を現し有名だったが、1980年代後半から1992年アルベールオリンピックにかけては彼女の全盛期だったはずだ。彼女のジャンプとスピートのあるエネルギッシュなパフォーマンスには、スケートやスポーツとは無縁の人々でも魅せられた。かくいう私も、彼女のファンを名乗る資格も知識もないが、伊藤みどり以外のフィギュア選手をほとんど覚えていない。当時の女子フィギュアは今と違って目立った日本人選手が何人もいなかったし、おそらく世界を見渡しても選手層がそれほど厚くもなかった。それでも、みどりの印象が強すぎたのだろう。彼女以外の選手についてはがんばって思い出してもスイスのデニス・ビールマン(ビールマンスピンで有名)と東独(当時)のカタリ―ナ・ビット(バレエ的な美しい演技をする長身の選手)の両選手くらいしか思い浮かばない。それほど伊藤みどりはまさに「記憶に残る選手」であり、「世界のみどり」だった。

今、You Tube をみてみると、改めて彼女のすごさを感じる。一言でいえばスケールが違うのだ。特に、スピードとジャンプの高さは別格。ジャンプは高さがあるだけでなく2回目のジャンプがより高くなるし、演技中もスピードはまったく衰えない。だからだろうか、彼女の演技をみているとリンクが小さく見えてしまう。また彼女を形容して、「100年にひとりの逸材」「フィギュアスケートを初めて演技からスポーツに変えた選手」「伊藤みどりが男子でなくてよかったと男子選手は語る」などとも言われていた。それだけに、フィギュアファンの間では伊藤みどり後の喪失感は大きかったと聞く。私自身、彼女が引退してからほとんどフィギュアを見なくなったが、もしかしたら伊藤みどりのスケートを見た人は、同じ思いでみどり二世の再来を待ち望んでいたのかもしれない。

伊藤みどりは高度な技術もさることながら、観客に見せるスケートを意識していたし観客も魅せられた。彼女がリンクに登場するとその高揚感、期待感、場の支配感はすごかった。スケートはまさにスポーツの力強さとバレエ的美しさの両方の要素が組み合わさって、観客の心を揺さぶるものだと思う。伊藤選手は当時あった規定を苦手としていたようだが、それをも吹き飛ばすほどのジャンプだった。逆に、ほかの選手がどんなに流れるように美しい演技をしてもジャンプが低かったり動きが鈍く見えてどこか物足りなく感じることがよくあった。女子フィギュアに対して美しさよりパワーを求める気持ちがどこか勝っていたと思う。

全日本選手権でも伺えるように、当時に比べて日本のフィギュア選手は男女とも明らかにレベルアップしている。今の選手はスタイルのよさはもちろんのこと、表現力にも磨きがかかっており、演技の内容や曲目の選択にも幅がある。それだけ高いレベルの技術をもち幅広い演技ができるということだ。ただスピードとジャンプをみると、つくづくファンとは勝手なもので、やはりみどりレベルを懐かしく追い求めてしまう。もし同じリンクで競技することができるとしたら、伊藤みどりは今でも間違いなく通じるに違いない―そんな思いすらある。

学生時代に家庭教師をしていた。教えていた中学生の女の子がスケートをしており、お母様からよくスケート界の話を聞かされたものだ。ある時、軽い気持ちで同意を求めるかのようにこう言われた。
「伊藤みどりはジャンプだけでしょ」
ジャンプより芸術性―もしかしたらスケートをしている人たちの共通の思いだったのかもしれない。しかし、素人の一ファンが見たいのは、ジャンプとスピードの支えられたみどりの演技だった。やはり、カタリ―ナ・ビッドより伊藤みどりの滑りなのだ。

もう一つ思い出すこと。ちょうどカルガリーオリンピックの頃、学生だった私は友達数人と連れ立って米国横断旅行をしていた。ロスを起点にグレイハウンドバスで東へ進むルートを二ヶ月かけて動くプログラムで、ニューヨーク州のオルバニーだっただろうか、2,3日ホームステイでお世話になった時のこと。滞在中にあるお宅に呼ばれてお邪魔した。夕食後、その家のおじさんに「カルガリーのみどりは素晴らしかった。あれは見たか」と興奮気味に聞かれる。ニュースで聞いたがもちろんオンタイムではみていない。みたくてもバス旅行中なので何かと移動時間も長くホテルも安宿でテレビもないことが多かった。するとそのおじさん曰く、「あれは是が非でもみなければ」と必死になってビデオを探し始めた。すぐには見つかりそうになかったので、「もういいですよ、またどこかで見ますから」と言ってはみたものの、気が収まらないらしく探し続けること小一時間。ようやく見つかり、一同、ワインカラーのコスチュームに身を包んだ我らがみどりの滑りを見ることができた。米国では特に、伊藤みどりは愛されキャラだったと思う。一同のみどりの演技への歓声も、今だったらすぐにYou Tube で見れるものを当時ガチャガチャビデオを入れては再生、早送り、を繰り返しては探す作業をしてくれた親切なおじさんも、今となっては懐かしい思い出だ。



あの頃、「世界のみどり」と言われる二人の女性がいた。伊藤みどり選手とバイオリニストの五嶋みどりさん。この二人にちなんで、その昔、娘の名前をみどりにしようと考えていたことがある。考えていただけのはずがそれを聞いた或る方より、娘の1才の誕生日を前に「みどり」にちなんで緑色のワンピース服を贈られて驚いた。同じく「みどり」という名前の娘さんがおられることもあってかよく覚えてくれていた。今さら違う名前にしたと言うのにどのように伝えたのかは覚えていない。ただその服はあまりに素敵だったので今でも手放せず家の片隅に眠っている。

我が家の家電


年末にコーヒーメーカーが動かなくなった。
といってもかれこれ15年は使っていたであろう代物。



我が家はよくもわるくも、家電のモノモチが非常に良い。下手すれば20年前のものを使っていたりする。結果、世の流れや流行にはまず確実についていっていない。

電子レンジもしかり、掃除機もしかり、炊飯器もしかり。← これらはいずれもこの1~2年以内に初めて買い直したもの。買う時に調べていくうちに進化ぶりに驚いた。

かつてはテレビもそうだった(或る時まで夫が大学入学時に買ったテレビを使い続けていた
洗濯機も静岡に住んでいた時、急に引っ越すことになった友達から譲られた新品同様のものだったが、みれば National ではないか

その時あるもので十分足りるときがある。また、基本的に家電に対するこだわりがないのだと思う。機能すればなんでもいい、というか。(一点だけこだわったのは、掃除機は縦長で壁にたてかけられるものということ)

あらゆるものの導入が遅く、最初に導入したものがようやく使えなくなってやおら次のものの購入を考えるようになる。その頃には(すなわちここ数年の間)できるだけ機能のシンプルなものを求めてしまう。もともとそうなのかもしれないし、余りの機能の進化や複雑な機能の組み合わせを前にそう思うようになったともいえる。



そんな折、コーヒーメーカーが壊れた。
我が家の家電のかわいいところは、それとなく寿命を予告してくれることだ。たとえば

炊飯器:ふたの開け閉めがスムーズにできなくなった。とくに閉めにくくなった。(← 4か月前)
電子レンジ:妙な熱を上から発するようになった(湯気がでてきた)。(← 5か月前)
(今回の)コーヒーメーカー:ドリップがつまるようになった(← 半年前、しかし機嫌がいいと動く)


こういった兆候をみながらいずれもだましだまし使いつつ、そろそろいい加減終わりかな、と思えてきた頃に(かつ仕事の休みの時期に)えいっと買うことになる。

今回も年末29日にネットでコーヒーメーカーを注文したのに、翌日届いてしまって驚いた。これで今朝コーヒーを入れてみたら、なかなかおいしい。パナソニックの豆でも粉でも楽しめる、というもの。
不思議なことにこのコーヒー一杯で、今日は街に出かけるつもりが、一日自宅でゆっくり過ごす気になった。
今年1年、また何度もこの至福の一杯に感謝することになるのだろう。

新しい年の始まり


新年あけましておめでとうございます。
皆様にとりまして、健康で素晴らしい一年となりますようお祈り申し上げます。



プライベートでは、たくましく、たおやかに生きたいと思います。
春までに順にやるべきことをリストアップ。う~、ここにきて段取り力が試されている気が
何とも春の訪れが待ち遠しい限りです。
3月には温泉や美術館に行きゆっくりすることを夢見て、がんばります。

NYD+cooking2_.jpg NYD+cooking_.jpg

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター