ワッペン


(本当は旅のフランスで見たものについて書きとめておきたいのだが、閑話休題)

久々にミーハーぶりを発揮して、『宇宙を目指して海を渡る』の講演会に参加した。行く先は慶應矢上キャンパス。前回初めてこのキャンパスに来たのも、著者である小野さんの『英語プレゼン技法』を聞くためだった。その頃、とある会議出張を前に、どのようにプレゼンのストーリーを組み立てたものか、どう聴衆をひきつけるべくメッセージを残すかを考えあぐねていたので、プレゼン技法のお話は渡りに船だった。聞けば、その時の小野さんは現在のお仕事、NASA ジェット推進研究所(JPL)転職のために慶應を退職される前で、退任講義でもあったとか。だからか聴衆の大半は学生だった。今回もそうだったが、去年と違う点はそれを私が事前に理解していたこと、そして来月から管理人もこのキャンパスにご縁があるということだ。

小野さんのプレゼンには美しい写真だけではない、隠しようもないほどセンスとアイディアが鏤めている。宇宙は全く門外漢なので、新しい世界に触れるのも楽しい。プレゼント中に所々クイズが出てきた。私はあまりモノを知らないはずなのにまぐれでアタリが続き、賞品までいただいてしまった。それはMars Science Laboratory というワッペンだった。どこか色が火星っぽくて気に入った。

mars_.jpg

正直、最初はサインもらわずに帰ろうかとの思っていたのだが、このワッペンも何かの縁だと思えてきて、結局サインの列にダッシュ、「夢は渇望だ」とサインして下さった。これまた正直、この年になって夢を語るのも気恥かしいものがあるのだが、かつては北極星のように行く道を照らし続ける灯だった私の夢、それは国際環境協力の世界、できればフィールド(現場)で働くこと。来し方を振り返ると、少しずつだがその道を歩いてきたともいえるしまた道半ばでもある。方向としてはぶれてないと思う(思いたい?)。

6月からの仕事は、新しいチャレンジかもしれないし分岐点になるかもしれない。何かの折にはこのワッペンを手にとり、応援歌として思い出したり自分の背中を押す助けとしたい。そう思いながら、そっと机上においた。

Montpellier


これまでフランスのボルドーで働いている友達を訪ねることも兼ねて、フランスを旅してきました。パリから徐々に南下してきましたが、どの街でもそれなりに天気が変わりやすく(お天気だったのに急に雨が降るなど)、また天気が良くても風が冷たく、5月のフランスはまだコートが必要だと知りました。街を歩く人々も厚手のコートを着るなどかなり防寒しています。私ももってきた唯一の防寒対策はスカーフとストール。特にスカーフは手放せず外出時はたいへん重宝しました。

今日は最後の地で、今回の旅の目的地でもありましたモンペリエに到着。それがなんでしょう、この南仏の雰囲気は。他の土地と太陽の明るさが違い、図らずも南仏に来てしまったかと驚きです。

montpellier_.jpg
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター