横綱北の湖


元横綱北の湖の死去のニュースが昨晩飛び込んできた。驚きであり衝撃だった。

今では相撲ファンからは程遠い私だが、小学生の頃はいっぱしの相撲ファンで亡き祖父と一緒によく観たものだった。場所が始まると夕方5時代からがテレビの前に陣取る相撲の時間だった。相撲といえば思い出すことのほぼすべてに必ず北の湖がいた。北の湖と輪島の対戦ではいつ見ても大半のお客さんががなぜか輪島を応援していたように感じた。土俵では常に動じることなくふてぶてしい表情をしており、しかもここ一番の相撲があまりに強かったので、「憎たらしいほど強い」とよく言われていた。負けた相手に手を貸さないで勝ち名乗りをあげるのも、悲願の初優勝を前にした力士に対して真っ向から勝負し当然のように優勝杯を手にしているのも、いかにも北の湖そのものだった。そんな北の湖にも苦手な対戦相手はいてなぜか朝潮に弱かった。当時(1970年代後半)は横綱、大関が多く、四横綱時代や大関が5人いた時もあったと記憶している。それだけに個性的な力士が多く、また技も多彩で、体格も大型力士からいかにも体重をつけるのに必死な体格の力士までそろい踏みで、観客にとってはもっとも相撲の楽しかった時代ではなかろうか。そうした中にあってなお、北の湖は圧倒的な存在感があった。あれほど相撲に対して一途で勝負に徹した力士はいなかったのではないか。いかにも力士らしい力士であり、相撲の王道を貫いていたように思う。

このブログを始めた時も北の湖のことを書いている。
北の湖
ねこだまし

その後、世間のニュースで芸能人やスポーツ選手と同様に力士の結婚が取り上げられるようになった時ふと思ったものだ。
「そういえば北の湖なんていつ誰と結婚したかもニュースになってないよね。あれだけ強かった横綱なのに、人生って不公平だわよ」などと友達と話していたこともあった。それほど、何かにつけて相撲といえば思い出すのが北の湖だった。これは千代の富士以降の相撲を見なくなったからでもあり、今に至っては白鵬以外は外国人力士がどうかも知らないほどだ。

北の湖は理事長などその後も相撲界に貢献してきたが、相撲の一時代を築き上げた力士なだけにもはや「横綱」のイメージしかない。

ご冥福をお祈りいたします。

Connecting the dots

この世には、縁の不思議さや巡り合わせが確かにあると感じざるを得ない時がある。往々にして何とも説明のつかないものでもある。

先週、とあるシンポジウムでバッタリとM先生にお会いした。先生には決まって「思いがけず」会うことになっている。特にここ数年はそうだ。つけたテレビに先生が現われて度肝を抜かれた4年前の春には、当時の緩んだ自分をあたかもお見通しの上でお叱りを受けているようにさえ感じたし、1年前の夏もまさか先生の前で1時間近いプレゼンをすることになろうとはゆめ思わなかった。そして、先週もまた然りである。思いがけずシンポジウムの会場でお会いし立ち話をさせていただいた。

(→ 関連ブログ記事)
偶然とはいえ
スイッチON
M先生の提言

あれは2007年の秋のことだった。M先生との最初の出会いがあまりに印象に残っている。以来、その後も、幾重もの偶然が続いているかのように、何故かいつも「まさかここで会うとは」といった場面でお会いしてしまうようだ。そして、いつまでも発展途上の段階で足踏みしている私は、気恥ずかしさと懐かしさと、何ともいえない戸惑いと嬉しさが交錯している。しかも、偶然が重なりお会いしてしまう時は、緊張とうれしさをで私の頭の中もぐるぐると忙しい。きっと先生の前での第一声は、複雑な面持ちでヘンな声をだして話をしているに違いない。

そんな先生の話や投げかけられる質問は、いつも直球だ。
何とか答えてみると、適切なタイミングで的確なアドバイスや励ましの言葉をいただく。ある時などため息まじりに気落ちしていたところへ2通のメールが飛び込んできた。1通はM先生からだった。これからも志を持続させ前を向いて進むようにと励まし温かく背中を押してくれる、生々しく力強い文面だった。メールにそのような力があるとは思わなかったが、読みながら思わず感極まり涙ぐんでしまった。

厳しい世界でプロとして、研究者として世界を渡り歩いてきた先生のような方と一緒に働いてみたい、そう思ったこともある。たとえそれが無理な相談でも折々にこうして、期せずして先生にお会いしては刺激とエネルギーをいただけるーそれがどんなに有難いことか。2007年は私自身、どこかもがいていた。今もおそらくそれほど変わったとも思えないが、もがき方に余裕がでてきた。振り返ると、当時の自分と今の自分の間にはいくつか分岐点があるのだが、それぞれの点と点を繋ぐ足跡を見て取ることができる。うっすらとだがそれなりの貢献や小さな達成の痕跡がみられ、それを実感できる時はすこぶる嬉しくなりまた立ち上がることができ、やる気が湧き、とりあえず次の一歩を踏み出せる。その小さな足跡のことも先生に指摘されてハッと気づいたことだった。ひとは案外、自分のことは見えていないものだ。人生において点と点を繋ぐもの、あるいは線から面への広がりに気づくには、別の俯瞰的なものの観方、広い視野と経験が必要なのだろう。

これまで決して順調な道のりではなく、けもの道を歩いてきたけれど、M先生のみならず何人かの先生や仲間、友人に手を差し伸べられ助けられ何とかここまで辿りついた。その過程で、自分の中で変わってきたものと変わらざるものがあること、自分の中で動かせない軸、動かしようもない価値観は何であるかがはっきりとわかったのはこの1,2年のささやかな収穫でもある。まだスタート地点であるが、夏以降から少し道が開けてきたように感じている。

それにしても信頼とは何であろう。誠実さとは、真摯な人柄とは一体どこで決まるのだろう。M先生との出会いやこれまでのやりとりを通して改めて人の真摯さを感じ、自分もそうありたいとの思いを強くしている。だからこそ、能力も経験もあるのに必死にもがいて頑張っている若い女性達を見ると、思わず手を貸したくなってしまうのだ。これからも七転八起が続くのだろうが、一緒に雨風に打たれながら立ち上がっていく同志を見るような錯覚に陥りながらも。
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター