Uber


Uber とはマニラや米国で普及している車の配車サービスだ。日本のタクシーサービスに近い。ただ日本ではタクシーを電話で呼ぶが、uberは客が携帯アプリで乗車位置と行き先を入れると近くにいるuber登録車が配車されてくるシステムだ。これだと、この時間帯で出発すると、行き先までいくらかかり何分くらいで行けるか、という情報が事前にわかる。そこで、配車を依頼すると事前登録した客のクレジットカードに課金されるので、現金を持ち歩くことも支払いに手間取ることもない。フィリピンに限らないと思うがおつりがないことが多く、絶えず細かいお金を持ち歩いていないこともありサインレスの事前カード払いで済むメリットは大きい。またドライバーも名前や顔写真、プレートナンバーもわかるので、ぼったくられるということもなくその土地に明るくない外国人や観光客でも安心だ。Uberの運転手は登録時に研修を受けるので客へのサービスを心得ている。何より車がきれいだ。マニラのタクシーは日本のようにきれいなタクシーではなく、シートベルトがついていない(あっても機能しない)とかメーターがないなどザラで、乗り心地も概してよくなくドライバーのマナーも様々なので正直おすすめできない。むしろuberの方が確実で安全ということで、2年前にマニラで始まったuberは確実に評価を得ている。

さらに、客が車を依頼してから、到着まで何分かかる、今どこに車はいて目的地に向かっている、ということもアプリで示されるのだ。客は待っている間、運転手と電話で話したりテキストでここに来て、と待っている場所を明確に示すこともできる。渋滞であまりに時間がかかっているとキャンセル、ということもできるようだ。運転手も、車とiphoneがあれば、自分の勤務時間に縛られずに運転できるので好評だ。聞けばこれまで乗ったドライバーも、フルタイムでuber運転手をしている人もいれば、自営業の仕事や親の介護があるので、週に3日はuberの仕事をしている、一日の午後3時~6時は外している、など色々なパターンがある。GPS(マニラではwazeという渋滞情報込みのシステム)を載せた、5年以内の車であれば何でもよく、家族(姉など)の車を使ってuber稼業をという例も散見される。



サーシャは同じコンドミニアムに住むドイツ人。ある日、偶然知り会ったのだが今では毎日のuber mateだ。部署は違うが同じ職場で、赴任時期も年齢も同じ頃、家族環境も似ており何かと感覚が合う。渋滞を避けたい勤め人にとってマニラの朝は早く始まる。7時半勤務開始の我々は7時に家を出ることにしている。いつしか、サーシャはuber ドライバーを見つけてきた。毎日、定刻(あるいは前の日に決めた時間)に勤務先までの送迎を頼むというものだ。それはいいと私も二つ返事で乗ったのだが、用心深いサーシャは、1週間試行してから決めよう、と提案。もちろんそれでいい。

そのサーシャだが、なかなか時間にうるさい。日本人の私など足元にも及ばないレベル。Uber ドライバーの到着まで、今ドライバーがどこを走っているかを絶えずチェックしている。「仕方ないよ。今日は雨だから遅れているんじゃないの?」と言ってはみるものの、5分も待てない。あろうことか、今日から試験的に始めたドライバーが遅れた。迎えの時間にいないので、電話すると途中の道が渋滞で遅れると話している。「5時と決めたでしょ。遅れるなら事前に連絡してよ。そうすればオフィスに残って仕事を済ませられるでしょ。乗り場までおりて待つ必要ないじゃない。次に遅れる時は約束の時間の1時間前までに連絡ちょうだいね」
ごもっともである。こういうことをさらりと笑顔で言えることは大切だ。しかし、ここは渋滞で悪名高いマニラ。時間どおりいかないことも織り込み済み、のはず。

「この調子じゃ、様子見て、また別のドライバーを探した方がいいかしら?」とため息をつくサーシャ。
気持ちはわかるが、まだ試しの一週間の初日である。この一回で決めるのは早すぎるのではないか。しかもようやく見つけた固定ドライバーで気をよくしていた私は、何もそこまで気を回さずともいいのに、と正直思った。
15分ほどして到着したドライバーは、遅れてごめんなさいと手を合わせて謝っていた。彼は近くに住んでいるので朝早い時間でも遅れる心配は少ないし、道もよく知っている。何より欲もないのでできれば彼にこのままお願いしたいと私は思っている。一度の遅刻くらいで目くじら立てることもない。それはサーシャも同じだと思う。

とはいえ、ドライバーもなかなかのもの。サーシャに注意されて、「はい」と殊勝なところをみせはした。それでも続けて言う。
「マダム、渋滞に巻き込まれて車が動かず時間に遅れるとわかったとき、それはもうショックでした。ショックでショックで、ショックのあまり我を忘れて連絡するまで頭が回りませんでした。すみませんでした」
対してサーシャは、「次回からショックを受けたらすぐに連絡ちょうだい」とピシャリ。

降りる時に支払おうとすると、ドライバーが「マダム、200ペソひいて下さい。遅れたので今日は全額はいただけません」
こんなこというフィリピン人ドライバーがいるだろうか。しかし本気だろうか、とも思っているとサーシャときたら、この一言にすっかり参ってしまったらしい。全額を払いながら
「なんていじらしいの。あの欲のなさが好きなのよね」、続けて曰く、「毎日何かあって、何もかもが経験よね」の笑顔満面。

いやはやこのサーシャの反応の振れ幅も、傍から見ていて十分面白い経験として私には映った。

母の誕生日


今日は母の誕生日。生きていれば喜寿の祝いだった。
思ったよりも早く、静かに逝ってしまった母。
とても安らかな、穏やかで満ち足りた表情をしていたのがせめてもの救い。それでも日本人女性の寿命を考えれば、あと10年は生きながらえたのにとも思えてしまう。

いい人生だったと親しい方々が言って下さった。家族から見てもそう思う。
子育てや親の介護を終えた後は、存分にやりたい音楽の仕事や趣味の俳句やパズル、旅行を楽しんでいた。私と違って社交的で交友範囲や友人が多く、家にもよく人を招いていた。時には縁結びなどのお世話までしていたが、孫の成人や結婚を見届けられなかったことだけが唯一の心残りだったかもしれない。

家族葬という話も出たが、それはおばあちゃんらしくないと孫たちも口々に言ったこともあり、好きな音楽と友人に見送られ母らしいお葬式になった。天国の母も喜んでいると思いたい。

とかく母親とはそういうものかもしれないが、娘の私が何か決断し行動しようとすると必ず一言あったもの。それでも母なりに理解しようとして徐々に、最後は応援してくれるようになるのが常だった。これからは、天国の母に考えを仰いでみる時もあるかもしれない。

改めて、お誕生日おめでとう、お母さん。

心細かったこと


このところ、体調がいまひとつだった。最初に異変を感じて様子をみながら1週間、どうもおなかの調子が収まらない。それどころか一時は復調したかと思えば週末から悪化している模様でますます落ち着かない。食欲もあまりない。これまで1週間も不調が続くことはなかったので何か病気が潜んでいるのかとも気になり、すがる思いで近くの診療所(クリニック)に朝一番に予約を取り向かった。

待ち時間の間、他の患者は知り合いなのか何やら楽しそうにおしゃべりしているが、まだマニラに来て日の浅い私など気弱にもなりシュンとしている。この病院だって初めてだ。問診ではこれまでの経緯と日々の生活、最近の環境の変化等について話す。午前11時までに検査を済ませれば午後4時に再び診断を出すとのこと。血液検査は、恰幅のいい看護士(おにいちゃんともおじさんともいえるフィリピン人男性)が出てきて内心ギョッとしたが、まったく痛くない採血をしてくれたのでホッとする。お昼も食べる気もせず、バナナと水分のみ摂取。3時半頃、メールで検査結果が届いたが数値のみが並んでおり、文字といえば「診断時に説明します」とのみ書いてある。結局、よくわからない。

午後またクリニックに行くと、午前とは違う先生だった。これがまた余計に私を心配させた。何か難しい病気の診断が下るのか?とまで覚悟した。医師は開口一番、「検査の結果、特段の問題は見当たりませんね」と真顔で告げ、「まあ、何か悪い油にでもあたったのでは。油は胃や腸に異変を引き起こすことがあるんですよ。環境の変化や身内や親しい人の不幸など感情的なストレスも関係します。数日、食べ物に気をつければまだ普通の食生活でいいですよ」

ここで日本なら、おかゆやうどん、お豆腐を食べていればいいのだろうが、ここはフィリピン。家の冷蔵庫も心もとない状況だ。何を食べればいいのだろう。
「BRACですよ。Banana, Rice, Apple, Cereal ね。バナナが好きならバナナ、果物ではバナナのほか、リンゴ、ピーチがいいです。メロンとかマンゴー、スイカはやめたほうがいい。牛乳や卵、油ものも当面は控えるのが無難です。あと水分ね。ただしコーヒーや牛乳は避けてください」
日本で風邪の時、ポカリスエットを薄めて飲むといいと医師に言われたことを思い出した。
「ポカリスエット?塩分も糖分も多いからね。今回は風邪じゃないからやめましょう。元気になってからにしてください」

不思議と少しずつ元気が出てきた。あの心細さは何だったのか。空腹を感じ食欲も戻ってきた気配だ。リンゴね、日本でも医者いらずというし、と思いながら帰りにスーパーでリンゴとバナナ、桃の缶詰にお豆腐を買い、簡単なおじやとバナナを食べる生活を二日ほど続けるとたしかに復調してきた。

この出来事で、健康の大切さを痛感した。マニラに来る前に何人かの方から「体調管理も大切に」と繰り返し言われたが、その通りである。人生の先輩は、無理をしていけない年代に差し掛かったことまでもお見通しだったのだ。

日常の英語


マニラは暑い。雨季に入ったマニラ、それでも涼しさとは程遠く街を歩くだけでむっと来る空気、風のない日はさらに暑い。
食料品、特に生野菜や生ものの買いだめなど考えられず仕事帰りの夕方、スーパーに立ち寄る。

日本でいうお惣菜を見ながら、何かのチーズ焼きらしいものが目に入った。しかもSeafood との表示。
魚料理に飢えているわたしとしては思わず
「これ、何ですか?」
「ドリーです」
「ドリーって?」(まさか羊のドリーじゃないでしょうね、と思いつつ)
「・・・シーフードです」

魚の名前もわからないとこういう禅問答に陥る。
白身だからタラかなと思いつつ、魚なら何でもいいかと買ってみる。
(そう、Dory はやはりタラでした)

家探しでも、とにかく用語の英語がすぐに出てこなくて困った。家や魚の名前ならまだいい。病気になって病院にかつぎこまれたらどうするのか、と今から準備をしておきたいと思ってしまった。
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター