FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れてました


拍子抜けを通りすぎて「はぁ?」と力も抜けガクッとなることが仕事であるけれど、そのひとつが「忘れてました」とあくびれもなく言われること。

ほう・れん・そうなど皆無の我が職場。この「ほう・れん・そう」自体がおそらく日本固有の習慣であり職場教育なのだろう。フィリピンはもとよりアジアでみたことがない。そこで、同僚アシスタントに頼んで数日になるがまったく音沙汰がない時(ここですでにいやな予感がしている)、進捗がどうなっているのかな~(待っているのだけど仕上がりはいつかな)というときは、すかざす「ところであの仕事どうなった?」とリマインドするに限る。ほぼ、「あ、忘れてました」というセリフが満面の笑顔とともにかえってくる。同じアジアとはいえ、日本でこんなこと言ったら、クライアントは激怒するかもしれないし、内部でもなかなか「忘れてました」と正面きって言えないもの。その点、フィリピンの社会は日本の謝罪文化と対極にあるともいえる。「やろうとは思っていたけど忘れちゃったんだもん、仕方ないよね。ま、思い出してよかった。今からとりかかるか」みたいな感じ。「忘れていてすみません」といえばまだいい方で、言わない人も普通に多い。そこに目くじら立てるようでは、こちらもまだ日本を引きずっている証拠ともいえよう。

ここではアウェイの私は、とにかく忍耐強く、しかし時々チェックをするしかない。このチェックたるや、怠ると後で何か発覚した時が大変になるので、まさに日本ではしなかったレベルで度々リマインドという名のチェックをすることになる。しかもそうした進捗や状況確認を適宜しないと、コミュニケーション不足(しかもこちらに非があるような響きで)などと言われるから性質が悪い。ここまでしなくちゃならないのか、などという雑念はわきに置いておいて、笑顔で「ところで例の〇〇はどうなった?水曜日までほしいのだけれど」などと、既に伝えてある期日を再強調することになる。

先日もあるミーティングに30分ほど遅れてきたスタッフに、どうして遅れたの?と後できいてみると「忘れてたから」とふつうに話す。しかも、この「忘れてた」が理由になるというか言い切る姿勢はてっきりフィリピン人の傾向かと思っていたら、どうもそうでもないようだ。最近、別件のメールで「ごめん、忘れてた」というメールが米国から飛び込んできた。忘れていた、と平気で(満面の笑顔で)いう、しかも特段わるいことではない(人間だもの仕方ないでしょ、みたいな)感覚はどうもフィリピンだけの専売特許ではないのかもしれないと思う今日この頃。
スポンサーサイト
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
途上国と開発援助、農業・生態系、少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき、海外ドラマ

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。