三島


珍しくドライブをした。行き先は伊豆半島の修善寺。早めに着いたので、途中、三島に立ち寄った。四季折々の富士山 の姿を朝に夕に望む三島には、それはそれは思い出が多く、いい印象しか残っていない。おそらく、初めての地方暮らしだったことに加え、社会人一年目だったこともあったと思う。三島と言えば、何を隠そう、新生活を始めたなつかしの地でもある。生活だけではない。仕事も、子育ても、近所づきあいも、車中心の生活も、何もかもが初めて尽くしの土地だった。ここでいろいろな人に会い、多くを教わった。人生の転機でもあったはずなのに、美しい思い出だけというのも、何だか不思議なことだ。だが不思議なことは、それだけではなかった。

ナント、4年も通った道を、覚えていなかったのだ!前住んでいた家から職場までの10分弱の道を走ってみたとき、ハンドルを握れば思い出すと思ったのに、途中までいって変わらない光景を前にしても、進む道がすぐにわからなかったのだ(遅れている我が家の車には、カーナビなどもちろんない)。これは我ながらちょっとしたショックだった。

しばらくしてたどりついた職場は、少しきれいになっていた。とくに私のいた建物はレトロなつくりだったが、今やあか抜けた雰囲気を醸し出しており、それが少しさびしくもあった。また敷地内で増築したビルが目にとまった。当時はなかったはずの食堂もできていた。当時もなかなかすごかったが、一層充実してきた様子が目に浮かぶ。当時、お世話になった人たちはもうほとんどいない。そこは研究所なので、長年居つく人はほとんどいないのだ。

よく通った小児科と保育園にも行ってみた。小児科は日曜なのに、相変わらず混んでいた。妙な話だがなぜかうれしかった。親である私たちも、なにせまだ若くあまりに世間知らずだった。この町と環境はもとより、とりわけ小児科の先生、看護士、保育園の先生方には、子どもといっしょに育てられたと、しみじみと感謝の念とかなりの恥ずかしさをもって思い起こす。今だからわかること・・・。

帰りは、よく行ったお寿司屋さんに立ち寄った。県外からひとが遊びに来れば、いつも連れて行ったお店。ある友だちなどは、沼津の魚市場で朝食を食べ、昼はここの寿司屋に行き、満足しきって帰って行った。同じ思いを今日の私もしたかった。

この日、私の気持ちは、どこかはしゃいでいた。町全体があまり変わっていないこともあったと思う。まるでそれを見透かされたかのように、同乗していた家族の反応は落ち着き払ったものだった。無性に・・・。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター