ハノイ着(2) after


ハノイ着。気温35度の割には照りつけるような暑さでもない。
ノイバイ空港に降り立つと、空港内にもかかわらずいいようのない熱気に迎えられた。ベトナムだ。ラオスに行くときハノイ経由が多いのだが、いつも通り過ぎていたここから入国するのだと思うとすでにワクワク感に変わっていた。

無意識のうちに迎えの人を探していると、一緒にいた同僚に「今日は迎えはありません。主催者ですから」と言われ、ハッとする。いつの間に、迎えを当然視していたのだろう。
タクシーでホテルまで。乗る前に二人で荷物も込みで15ドルと確認したのに、ホテルに着くと20ドルと言われる。15ドルfixと言ったではないかと主張しても、「二人だし荷物もあるから」と譲らない。早くホテルに入りたかった心理状態も手伝って、それ以上の主張を控えて払ってしまったが、思い返すだけでも情けなく悔しかった。あの5ドルは運転手の取り分になるに決まっている。もしかして空港で15ドルと言った職員も織り込み済みかもしれない。日本人がなめられているような気がした(ここですでに、いつもの急性愛国病にかかっている)。

久しぶりに「だまされて」みて、妙に地団駄踏んでいたが、いかんせん終わったことは仕方がない。そこで考えた次回の一手。(1)聞かないフリをして(聞いたとしても)、降りて荷物を受け取ってからやおらお金を渡す。文句をいわれても通りや公衆の面前で主張できるし、ホテルにいるのも都合がいい。(2)乗る時に、何でもいいから紙に「15」と書いて相手にみせる。これは確認の意味もあるが、あとで相手にみせられるので効果的だ。(3)困ったような顔をしない。平然とむしろ堂々と静かに15ドルを主張する。

 

ホテルでひと休みして、周囲を歩き始める。にぎやかな街を少し歩いてみると、10分くらいして雨が降り出す。もともと雨に対して鈍感なこともあり、少しくらいぬれてもいいやと思っていると、すぐさまどしゃぶりの雨となりご丁寧に雷まで加わる。雷も加わりスコールというにはミョーに激しい雨、雨、雨・・・

通りにたまたまあったビーチパラソルの下で雨が止むのを待つが、待てども待てども止まない。
まるで離れ小島に取り残された哀れな二人組そのもの。通りかかったタクシーをつかまえてホテルに戻ることに。どうやらここの雨を甘く見ていたようだ。この運転手、私たちの差し出した1ドルに、おつりを払おうとする。そのけなげさに先ほどの空港タクシーの悔しさが少しだけ軽減された思い。

その後、雨があがると空には不思議な雲が。初めて見た形の雲だ。何だか優しい雰囲気の空に
みえる。
Hanoi cloud

インターネット接続はできるのに、なぜか写真のアップロードに時間だけはかかる(そしてできない・・・→東京にてやっとアップ)

形がよくわかるように、しつこくまたアップ。何だろう~、この雲は~
Only could Hanoi

8年ぶりのハノイ。
相変わらずバイクが多いが、それなりに車も増えていたようだ。ホテルの相場は3倍になっている。
今回ハノイ滞在はそれほど長くないが、それでも何が待っているのか、何に出会えるのか楽しみ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター