ボーローグ


米国の農学者、ノーマン・ボーローグが12日に亡くなったというニュースを朝刊でみた。
ボーローグといえば、小麦の高収量品種の開発により、メキシコやインドな途上国における穀物の
増産をはかった60年代の「緑の革命」の先駆者で、のちにノーベル平和賞を受賞している。

当時、緑の革命とともにボーローグの出現は、世界中に多大な影響を及ぼしたようだ。その後の
人生を決めたという人にも何人か出会ったことがある。

緑の革命やボーローグに対して、私はこう考える。
・ 国際協力の世界への科学技術を活用したこと、またその可能性を示したことは評価
・ 土地や生態系、農民の地域社会に対する負荷を検証したのかはやや疑問

途上国のために生きる途上国出身の科学者が増えることを、私が心底望むゆえんでもある。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
途上国と開発援助、農業・生態系、少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき、海外ドラマ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター