Day 1


そもそも、なにゆえにブエノスアイレスくんだりまで来たかと申しますと、
これに参加するためです(↓)。
http://www.wfc2009.org/en/index.asp

WFC.jpg
(お~、サッカーでよくみる国旗よね~)

これは何の集まりかといいますと、森林や自然保護のテーマ  で話し合う
学会というよりはシンポジウム寄り、しかし単なるシンポジウムというよりは学会の分科会(の集まり)+会議が組み合わさったもの。ここで政治的な決定がされるというよりは、研究者や実務者がいろいろ意見交換したり議論する場、といった方がいいかと思う。
この規模では6年毎の開催で、今回はFAOとアルゼンチン政府が主催。国際機関を筆頭に大学や援助機関、WWFのようなその道のNGO、研究者、実務者、フォレスター(森林官)も来ています。今回は当然、南米の人が圧倒的に多い。ヨーロッパも割といるしアジアも健闘している感じ?そんななか、初参加のわたくしです。この中にいくつもフォーラムやセッションがあるのですが、その一フォーラムでプレゼンをすることになっていました。

ところがプログラムに変更があるとかで、いったい私は3日間のうちのいつ話すかがわからなく。主催者の忙しさもわかるので、ホテル到着後に確認すると「今晩プログラムをアップデートするから明日朝にはわかるだろう」というのんきな返事。

やはり初日の始まる前にパワポを仕上げておくかと(いわずもがな?)シコシコ作業を進めていた。
結局、2日目の午後とわかり初日でなくて何となく安心していると、主催者がやってきて
「初日に回ってもらえないだろうか」ときたもんだ。

その理由が、そのスロットでは発表するはずの人が、まだPPTファイルが用意できていないとかホテルに忘れてきたとか(?!)。まあプログラムを昨日までに知らせてくれればこういうことも起きなかろう。わたしとて、ほんとうは軽くひと通りの練習したかったのだけれど(ごめんなさい、わたしもPPT忘れて、と言えなくもなかったけれど)、ま、いいかとすぐに引き受ける。しかも彼女は友だちだし、どうみてもほかの人には頼みにくいのだろう。

プレゼンはプレゼンである。メッセージを伝えること、が大切。

今回はインド山岳地域の話をした。
本当は日本の話をしたかったのだが、このテーマがもともとのリクエストだったので、フィールドサイトでもあることだし、インドで話を組み立てた。ところが!
フタを開けばその分科会は、たまたまだろうけれど、インドパワーが強いというかインド・マジョリティの分科会なのでありました。インドの森林政策は歴史も定評もある。しかも聴衆の面々は、みると名だたる先生やインドの森林官 が大きな目を見開いて(る気がする)並んでおられるではないですかっ 

  どうする、わたし?
  これを間違えて聞いた人がいたりして、もし私の将来がかかっていたりしたらどうするの~。


などと言っている場合ではナイ。腹をくくって話す(笑、こういう時の度胸だけはある?)。
知っている先生や仲間も少しはいたのでよかった(のかどうか?)気もする。

話の構成はよかったと思う。話し方は発展途上だが、少し進歩した気がしてうれしい。
こういうのは場を踏むしかない。



ブエノスアイレスってどんな街?
と家族からメール。実はまだ、ほとんど歩いていないのです 
一応毎日見るとおりはこんな感じ(↓)

hotel mae BA

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター