声帯


帰ってきました~。午後2時前に成田着。
機内で日本に近づく航路図を見ながら妙にうれしくなったわたし。ミョーに日本が輝いてみえたりして 。どこまでも日本人、のわたくし 
Tokyo+near_convert_20091031233842.jpg

ブエノスアイレスを発つ前から、帰国したらすぐに病院に行くと決めていた。もう4日は声がでていないのに、よくなる兆しもない。あ~なんてこと。せっかく会えた人ともっと深く話したかった場面も多かった。が、致し方ない。

成田は雨。よりによって、少し到着が遅れる。ひたすら足早に歩くが、バスを30分ほど待つことに。いつもだと、切符を買うときに「5分後にバスは発車しますが」と言われダッシュするのが常なのに。予定では、バスを降りたらタクシーで家に戻り、荷物を置いてから歩いて病院にいくつもりだった。ところが!いつもは受付6時すぎ、7時半までは余裕で開いている病院が、この日に限って患者も少ないらしい。空港から電話すると、「今日は5時45分で受付は締め切ります。6時過ぎにいらして病院が開いていたら看てもいいです」とつれない返事

こののどはゼッタイに診察してもらわないといけない!幸いその病院は駅に近い。そこでバスを降りてから電車の駅めがけてダッシュ。駅からはまたダッシュ。みえてきた病院の看板の電気は無常にも消えているが、病院の窓から電気はもれている。こういう時に限って階段が。でもここまで来たら止まって入られない。スーツケースを抱えて最後の駆け込みよろしく必死にかけ上る。だダッ
「さっき電話した者です。まだ開いていますか?開いていますよね?」
ほとんど懇願というより迫る口調である。時刻はちょうど6時直前。まだ患者も二人ほどいるようだ。
しかし、
先ほど5時45分で受付終了とお伝えしました

・・・ で?

するともう一人の看護婦さんが
「先生がいいと言ったならいいでしょ。先生には聞いた?」
「私は聞いていませんよ。受付が仕事ですから。(私に向かって)ア、どうぞ座ってお待ちください」
あのね~全部聞こえているのよ~。

このかすれもしない声を必死に絞り出して、ここまで助けを必要としている患者が目の前にいるっつぅのに、しかもスーツケース片手にここまで健闘して最後にこうだとはね(予想されたことではあった?)。しかし声が出ない身にしてみればそりゃもう必死である。ブエノスアイレス仕込みのジェスチャーで、いかにのどがいたくて声が出ないかと、ほかの看護婦さんにも向けて訴える。コレでもダメだったら診察室に入っちゃおうかなと画策していたら、程なく通された。今まで見たこともない機械を使ってのどの写真を撮られる。診断は、

声帯の傷

だそうで、回復に4、5日かかるそうです。声帯の傷は、せきやくしゃみで簡単にできてしまう
らしく、そういえば行く前から風邪は引いていたし、機内でもせきはよくでていたっけね、
くしゃみもときどき(は~)。せきをあなどることなかれ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター