小動物

もうかれこれ10年ほど前になる。私は静岡に住んでいた。ある日、家の近所で散歩中の何やら小動物が。遠目だったが、飼い主の青年がひもで散歩している。色はグレートも白とも中間色ともとれる。あれは犬だろうか、猫だろうか、と自問自答しながら、直感的に「いや、そのどちらでもない」と思っていた。子猫よりはやや大きいけれど普通の猫ほどはない。でも猫なら引きひもではつながない、第一散歩しなかろう(笑)。とすると犬?いや、やっぱりどうみてもあれは犬ではないはず。犬を3匹買った立場から、「あれが犬であってはナラナイ」とさえ思った。どうでもいいことだけに、余計気になった。「待てよ、ここは温暖な静岡。もしかして地域特有の動物かもしれない」
昆虫や植物ならまだしも、離島でもあるまいし狭い日本に地域限定の動物(しかもペット?)が果たしているだろうか、と今なら思う。でもその瞬間は本気でそう思っていたのだ。そこで後日職場で、生粋の静岡人に聞いてみた。見た本人(=私 ^^;)のイメージがすでにぼやぼや~としているから、人に説明しようにも要領を得ない。それどころかある人はケタケタ笑いながら
「へぇ~そんな動物いるんですかぁ?わかったら教えてくださいね~」
う~む、かえってモヤモヤする。知りたいけど知りようがない。かくしてその日以来、このモヤモヤが高じて「あの未知なる動物を探せ!」が内なるミッションとなった。とはいえ結構いい加減なもので、しばらくすると忘れている。そして頃を見計らったかのようにケタケタ嬢から、「ところであの動物の正体、わかりましたか~?」と水を向けられては思い出す、の繰り返し。どうりで時間がかかるはずだ。

ところがところが!本当に忘れた頃に町内で見かけたのだ、そのなぞの動物を。その時は思わず我を忘れ走り出し(ダッ)、道路を横切り小動物めがけて駆け寄った。挨拶もそこそこに、「すみませんっ!前からず~~~~っと不思議に思っていたんですけれど、この動物はいったい何ですか??イヌでもないしネコでもないですよね。えっ、まさかイタチ?食べものは?散歩はするのがフツウですか」ようやく長年(?)の謎が氷解するかもしれないと思うと、疑問が次々と口をついて出てくる。先方からすれば、急に近づいてきた見知らぬ人に質問攻めにされているようなもの。青年はしかし、いやな顔ひとつせず穏やかにふっと笑みを浮かべたかと思うと「これはですね~、イタチといってもフェレットです。よく聞かれるんですよ~。なかなかかわいいでしょう?」フシギな動物にみえたがよくよくみると(ほとんど凝視 目目 )、かわいさを強調する飼い主の気持ちも理解できた。

フェレット―調べるとネコ目イタチ科とある。少なくともイヌでなくてよかった~(ホッ)。後日、やや得意げに(?)ケタケタ嬢に話すと、「な~んだ、フェレットだったんですね。そういえばこの辺よくいますよね~(な、な~んだ…)」とケタケタケタ(…)。それでも静岡を去って以来、一度もフェレットの姿をみていない。もしかして、当時の流行だったのかとも思う。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター