忘れさせてはいけない大前提


気候変動への取り組みとして鳩山首相の国連演説に対して、藤原正彦氏はこう書いていた。
ちょっと長くなるが、タイムリーだし面白いので引用してみたい。

==以下引用==

鳩山首相は国連で「日本は温室効果ガスを2020年までに1990年比25%削減することを目指す」と明言し満場の大喝を浴びた。(中略)英米仏ロ中などの首脳がこぞって絶賛したことも気味が悪い。世界は利害得失のみで動いていて、友愛で動くのは日本だけだからである。首相は絶賛の嵐に大分気をよくしたようだが、日本が一方的に損をするという余りにうれしい演説に腹黒い人々が退路を断つべく満身の力をこめて拍手をしたととるべきだ。排出量削減目標とは将来の経済成長の枠を決めることなのだ。

もちろん、鳩山首相も警戒心はもっている。だからこそ、「主要国の参加が前提」と付け加えた。首相は理系の人だ。この前提が満たされなければ約束は当然反古になると信じている。理系のすべての人がそう考える。問題は世界中のほとんどすべての人が理系でないということだ。前提は忘れられ必ず25%が独り歩きする。前提が満たされなかったから約束は反古にする、といつの日か言ったら日本に対する信頼は地に堕ちるだろう。鳩山首相の国際デビュー土産としては高価すぎたが悔んでも仕方ない。転んでもタダで起きないことが大切だ。25%を目指し国連をかけて技術革新に励み、他国を寄せつけない高技術に一大輸出産業を育てることである。同時に、前提を機会ある毎に言い続けることだ。保険としてである。そして何より、膨大なガスを悪びれもせずたれ流しし続ける米中を強く牽制し続けるためにである。
(週刊新潮 10月22日号 藤原正彦の管見妄語 より、太字・色は管理人による)

==引用ここまで==

技術革新は国連をかけてできるものかどうかはさておいて、前提を言い続けることは大変重要だしミニマムである。鳩山首相のNYでの演説時に、この前提部分に私は目を引かれたし、だからこそ拍手を送りたいと一日本人として思った。将来、言質をとったかのように言われる日に備えて、日本の政府関係者はたくましく、あきらめずに、堂々と主張していってほしい。いや、そうしなくてはならないと思う。

明日からコペンハーゲンでCOP15が始まる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター