ポイント


「ポイントは何ですか」
「一言で言えば、どういうことですか」

研究者ひと筋だった頃のこと。よく、こんな会話が周囲でよく飛び交っていた。いろいろ話してくれたけれど、妙に話が長い割には核となるメッセージが伝わらない、本質がわからない、中味がつかめない、という印象を聞き手に与えるとこうなる。対する回答として何点か挙げようものなら
「その優先順位は?なぜそうなるのですか」
と容赦ないことも。ちなみに聞くほうは別に悪気はなく、ひとえに知りたい、と思ってのこと。とにかく疑問点があれば氷解させ、明確にして、次のステップへつなげようという発展的力学が全体的に働き、質問者だけでなくその場を支配している。だから、こういうやりとりは発表者にとってためになる場合も多い。そしてこれは、おそらく自然科学の世界ではどこでも似たようなものではないかと思う。

もちろんケースバイケースで、話が長くて然るべき内容の時はこの限りではない。でも限度がある。そもそも研究者は忍耐強いのが常である(実験がうまく行かない時をはじめいろいろな場面で粘り強さが求められるから)ものの、長い話や延々と続く会議への忍耐までは持ち合わせていないようだ。若い研究者はとくにそう。

あるときまで、これは、この簡潔さを求めるのは理系のカルチャーかと思っていた。理系の社会しか知らなかったから。しかし今思うのは、どんな仕事にもこういう場面は出てくるということ。

****

仕事をしていて必要以上に話の長いひとがいる。あるいは、すぐに答えてくれない。替わりに頼んでもいない解説や背景説明が始まる。そういう時は決まって堂々巡りで結論がでない。超特急で片付けるべき用件なのに。思わず私は「一言での答え」を求めたくなる。すっと答が跳ね返ってこればいいけれど、そうもいかない。

仕事の本質に対する問いに対して答を用意できるかどうか、せめて自分の言葉で答えようと努力できるかどうか

ここでの分岐点はひとつ。これはもう、しっかりとした考えを基に仕事を進めているかどうか。
もっといえば、本気で目の前の仕事を推し進める気概があるかどうか、ここぞという時に渾身の一撃を込められるかどうか、無意識でも覚悟が決まっているかどうか、にかかっている。

そんなことをつらつら考えた日曜の朝。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター