アイディアに惚れるとき


人はなぜ働くのだろう

のっけからなんですが、ここ最近浮かんでは消え、また忘れた頃に沸いてくる疑問。
人はなぜ生きるのだろう、と等しく
古今東西にわたり繰り返されてきた人生の問いかもしれない。
なのに、正直、学生だった頃は、いや社会にでても、敢えて考えることのなかった問い。
働こうが大学院に行こうが、当たり前の時代だった90年代後半だった。

働くインセンティブとは何であろう?

果たして、これはもう千差万別だろう。いろいろな声が聞こえてきそうだ。

「そりゃぁ、もうお金でしょ」
お金は否定していないけれど、お金だけではないだろう。

 自らの成長のため
 自分の力を試すため
 世の中へ貢献するため
 人の喜ぶ顔が見たいため(サービス業など)
 個人ではできないことも仕事を通してチームでならできる達成感を得るため

ほかにいくらでもありそうだ。できれば何か自分の軸や指針となるものがほしい。何があってもぶれないもの、動かせないもの、夢につながるもの。

定年を「無事」迎える日を指折り数えて待っている人も、周囲にいるにはいる。
自由な時間を求めてならわかるけれど、金銭的なものを求める場合もあるようだ。
せめて私なら前者でありたい。

そんな矢先、これを目にした時は溜飲が下がりましたよ。



これまの仕事の場面を振り返っても、あまりに理不尽なことでも必死でついていくときが一度ならずあった。人手が足りようが足りまいが、「わがまま」に付き合ってあげることも多々あった。

今になって、なぜだろう、と思うこともある。自分でも説明できなかったのだ(考えている間もなかったこともある)。

最近、少し手がかりがみえてきた。
それは、アイディアそのものにぞっこんに惚れるとき。
いいものはいい―そう評価する土壌が、サイエンスの世界にはしっかりとある。そういう世界で訓練を受けてきた身の少なくとも習性でもある。これだけは、今の国際協力の世界に入る前に知っていてよかったことのひとつ。これが、そういう人ばかりでない環境にいると、都合のいいように使われたり理解できるがために動いてしまうので、悲しい性ともなってしまうのだが。

ま、私に関係あるひとびとは、この「別の星(サイエンスの世界)から異端児が迷い込んできてしまった事実」をぜひとも認識し、その事実に感謝してほしいものだ(笑)― 心の奥底でそう思うこともある。

何をやるにしても、せめて楽しまないと思っているこの年度はじめでございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター