初めての

そう、オバマ大統領はゲイにも言及していた。米国のドラマでは割と普通に同性愛者が出てくるが、ゲイはドラマだけではなく米国社会のリアルな一面だと感じた話。

米国留学中、利便性と治安を考え、学校に程近い大学院生用の寮に入居した。地下1階から地上3階までのレンガ造りの建物で、30人弱の大学院生がそれぞれ個室を割り当てられた。キッチンとシャワーは共有なので、キッチンではいろいろな人に会う。最初に会ったゲイは同じ寮の住人で、カナダ人だったか米国人だったか、栗色というより赤毛に近い髪をした女性だった。年齢は知らない(*1)が、看護学専攻の学生だった。その看護師の卵(彼女の貫禄からすれば看護師長の卵か?)、ある日キッチンで、私に向かってつかつかとやってきたかと思うと、一瞬の間をおいてから言い放った。
「あのねぇ、私にはガールフレンドがいるのよっ!」
その妙に挑戦的な物言いに、「はん?だから何?」という勇気やサラリとかわすスキルが、渡米後1ヶ月足らずの私にあるワケがない(汗)。そもそも彼女とは接点もなく意図が汲めなかったが、フレンドリーとは言い難い雰囲気に一瞬ケンカを売られたのかと思った(それでもその喧嘩を買う英語力もナイ )。そこへ偶然、友達のマリアが通りがかって事なきを得た。マリアは囁いて曰く、
「あの人ね、どうも自分がゲイであること、みんなに知ってもらいたいみたいよ」(なんだ~)
「ゲイって言われても、会うのは初めてなんだけど」(しかも女性だし)
「そう?たまにいるけどね。まあ本人の生き方の問題よね」
マリアにとっては完全にヒトゴトと言わんばかりの響きである。そこで敢えて聞いてみた。
「で、でもね。たとえばあなたの弟がゲイだったらどうする?」
「別段ほめられたことではないけど、でも反対もしないわ。だって男が好きだと本人が言うなら、まあ仕方ないんじゃない?」
と涼しい顔。まあ、確かにそうかもしれない。さすがオランダ人、一歩も二歩も先を進んでいる。まあともかくこの一件で、ゲイと言っても男女両方に使うということを知ったのであった。

*1 ちなみに、アジア人は若く見え年齢不詳とよく言われたが、私に言わせれば彼らだってある意味、年齢不詳である・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター