もうしばらく前のことだがある会議でのこと。
そこはいかにも大会社らしく、すべてがきちんとしており整然としているようだった。

ミーティングルームに通されると、ほどなくしてうやうやしく(?)聞かれた。
「お飲み物はなにがよろしいですか」
飲み物が出てくる場面とは思わなかっただけに、すぐに答がでなかった。
すると畳み掛けるように言われた。
「何でもございますが」

こちらとて正直何でもよかったのだが、そう言われれば暑かったしのども渇いていたので
「ではお水を下さい」
と言ってみた。すると連れのひとりもすぐに反応して
「そう、水ね。私も水をお願いします」

すると水二つの注文に対して、すぐに反応がこない。
「…みず?水、ですか?」
「…はい」
何か露骨に(笑)驚かれている様子だ。
では何を頼めば驚かれなかったのだろう。

ややあって、先方には5人とも一様にコーヒーが恭しく運ばれてきた。こういう場合は、紅茶かコーヒー、お茶のいずれかの選択肢しかない、わけでもなかろう。あまり細かくはいえないのが苦しいところだが、状況から、レモンスカッシュとかクリームソーダと言っても出てきそうな勢いだった。頼んでみてもよかったけれど、あのクリームソーダを頼んだ人、とず~っと記憶されても困るので(こういうところは日本人的なわたし)やめた。



この時のことは忘れていたのだが、先日聞いたコーヒー関係の話を思い出した。

今やどこでもみられるスターバックス。
ちょっと前はスターバックスに入ることがステ―タスの時代もあったらしい。今もそうなのかは知らないけれど(少なくとも私はスタバでもなくても何ともない。友達で、ミルクは豆乳でないとイヤ!という人もいるにはいたが・・・)、いずれにしても日本に数多あるカフェの代表格であることは確か。

そのスタバをもってしても、店舗がないお店が全国にまだ四県ほどあるという。
東北の三県 ― これは流通の問題らしい

島根

何でもこの島根は、地域ですでにお茶文化が発展しており、嗜好品にも強いこだわりが根付いている土地柄らしい。コーヒーを飲まないわけではないが、地元も水で地元のコーヒーを飲む、という風土が強いと聞く。それに対して、世界中どこでも同じ味を出すというスターバックスは、そんな地域のこだわりや伝統に反するので受け容れられていないそうだ。

面白い。私はこういう話が結構好きだったりする。

マクドナルド化ではないけれど、世界を席巻しそうな一定のパワーを跳ね返すには、歴史とか伝統とか、そういった地道なしかしその土地ならではの蓄積が少なくとも要るのだろう。

ときどき海外に出ると、日本人ってお茶民族かと思っていたらとってもコーヒーが好きな民族なんですね、と少なからず言われる。でも次回からはこういう話もあるのですよ、と話せる気がしてきた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター