ななくさ


ななくさ
           水上不二

「ななくさ、なずな
唐土の鳥が、
日本の土地にわたらぬさきに
すっとんとんのとんとん。」

ふしおもしろく、いもうとが
たたきはやした草のかず。
つめたい雪をわけながら、
きのう、ふたりでつみました。



なずな、だいこん、ははこぐさ、
春の田に咲くれんげそう、
すずなのみどり、
せり、はこべ。

「土のおなべにしましょうね。」
「あわのおもちをいれましょう。」
春のにおいもほのぼのと、
ななくさがゆがにえました。

何かゆかしい空の雲
遠い昔を思います。
なにかとうとい海のこえ
あすの世界を思います。


(ここまで引用)

ふと見たこの詩を読みながら、
ひらがなでも漢字でも表現できる日本語の便利さと美しさを想う。
とくに最後の節はもう、日本人感性の全開モードです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター