ポスドクと科研費


あっという間に、また週末になっていました。なかなか落ち着きません。

さて、先日浮上した疑問は

日本の研究所のポスドクは科研費をとれないのか?

という点でございます。

はっきり書けないのですが、友人Aさんとしましょう。
前職の任期が終り、この4月からとある大学に移り好きな研究をしようとしていた矢先のこと。
晴れて科研費もとれて、しかしどこか落ち着かない。
そうです、Aさんは大学に籍を置いて正規ポストを探す立場に置かれているのです。
「研究員」という名の下に。

しかも、今になって、3月までいた職場からあるポスドクの話が回ってきました。
3年の任期と給料付です。研究費はボスが取ってきてくれます(たぶん、いやそのはずです)。
ところが、そのポストを選ぶなら、取れた科研費は辞退しなければならないと申し渡されました。
プロジェクトに専念するべし、と100%エフォートを求められたのです。

これは、究極の選択というより二者択一になります。研究者としての岐路にあるといってもあながち大げさではありません。AとBの分野の差は、いろいろある薬の中でも鼻炎の薬と胃腸の薬くらいの違いでしょうか。風邪薬なら大差ないかもしれませんが。

 3年間の給料と任期、ボスの奴隷となる道をとるか(ボスの人柄は一緒に働いてみないとわからないけれど、同じ分野で狭い世界なのでこの先どうなっても、無縁でもいられません)
 当面の科研費と研究の自由をとるか(しかし無給で、正規ポストを探し続ける。ポストは半年後に見つかるかもしれないしないかもしれない。正直あてのない旅)

皆さんならどちらを選びますか?



ここにきて私の疑問は、

そもそも日本にいるポスドクは申請してはいけないのか。

という点に集約されます。

何人かに聞いてみたら、分野にもよる(細かい分野の近い遠いだけでなくカルチャーが違ってくる)が結局
組織による、組織の長の考え次第
ということがわかりました。そこまではいいです、やはりそうだと思ってましたし。しかしですね、そこで聞いた驚きのコメントは、

日本の大学ではポスドクは奴隷のようなもの 

それはないんじゃないですか~。
そういう先生に限って、本当のポスドクの厳しさを経験していないとわたしは邪推しています。
ポスドクにもいろいろいるように、またいろいろな時期があるのに、ひとからげに科研費申請はダメ、としたら日本の科学の将来はどうなるのでしょう。

いえ、驚くに値しませんが、それでも私からすればこの時代にサイエンスの世界で?
と大ショックでした。



たしか数ヶ月前、研究室を持たないポスドクにグラントを与えるという記事をNatureで読んだことがあります。ええ、もちろんアメリカの大学ですよ、やっぱりこういう話が出てくるのは。

米国は、国家としてはどうかと思うところが多々散見されますが、それは日本とて同じこと。
しかしやはり、サイエンスに対する国家として取り組み、視点(政策にも近い)に対しては、一歩や二歩ではない、十歩くらい進んでいるところがあると思うのです。米国の大学院を経験した研究者だったら、もう今の日本には戻ってきたくないとしても、まったく不思議ではありません。サイエンスの国境はないですしね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター