外を知ること


ベスト4まで絞られてきたFIFA2010 (←サッカーボールのかわり)
熱かった日本のワールドカップは終わった。



これからワールドカップのあと、海外リーグに出ていく日本のサッカー選手が増える模様。
世が世なら、かつては、野茂がメジャーリーグに行くだけで大騒ぎ(と非難めいたトーン) だった。いまでは野球でもサッカーでも、おそらくほかのスポーツでも、機会さえあれば海外でやってみようという日本選手の姿勢が、当然のこととして受け止められるようになっている。夢でなく現実となっている。そういう意味ではいい時代になった。
野茂の功績はあまりに大きい。

これがスポーツ選手だけでなく、組織で働く普通の人もにもそうなればもっといい―とそう願ってしまいます。たとえば研究者はもちろん会社員でも。
「今、日本経済は低迷しているし、ちょっと中国をみてこようかな」
たとえあてがなくても、英語や中国の使える人だったらおそらくこんな感覚で国境をいともたやすく超えている。私自身、かなり気楽ともいえる決断の数々も「目撃」してきた。日本人は、海外で働くとなると、割と構えてしまうような気がする。社命でなく自分の意志で海外へ挑戦しに行く人は、一体どのくらいいるのだろうか。

こんな感覚で、文化や国境を超えて働く日本人が増えれば、日本の社会もう少し変わるだろうに。
「だって言葉が・・・」
そういうセリフが聞こえそうだが、言葉だけを問題視する前に、ひとつやってみようという気概、フットワークの軽さ、日本人としての誇り、が必要だ。言葉はもちろん大切。しかし憂うべきは、言葉ができるひとでも海外に目が行かないという日本の現状だ。

それにはもちろん、日本の受け皿体制とか雇用の流動性とかいろいろあるだろう。研究者の世界なら、ある程度これはクリアしていると思われる(課題はまだ多いけれど)ので、研究の世界から職場選択の国際化が進めばいい、とも思うのだが、悲観的な先生もいらっしゃるようだ。



サッカーに戻ると、今日の日経新聞によれば、今回の出場国のなかで、海外リーグにいる選手がもっとも少ないチームは、北朝鮮を除けば日本だとか。私は決して海外礼賛者ではない。しかし、どんな分野であれ、外界に exposure することが大切なのだ。その外界は、海外における同業者を知ることが、その分野の、外での動き、仕事の動かし方や流れを知るためのエントリーポイントとなることが多い。また、日本や自分のやり方を再評価、再発見することもある。そうなれば自信を取り戻すきっかけになるかもしれない。こうした感覚を、肌で感じて知っているかどうかは、将来的にも大きな違いをもたらすだろう。

残りのワールドカップ―個人的には、ドイツ―オランダ戦をみたい。
それにしても快進撃を続けるドイツチームには、32歳の選手あり21歳の選手あり―これはしばらく、次回も次々回も、このチームが強くあり続けることを示唆している。
少しでも早く日本もそうなるといい。

coffee_.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター