長かった一日


今日はプノンペンで会議とワークショップ。
環境の活動成果と研究の方向性の話し合いで、なかなか有意義だった。
しかも、環境に関係するいろいろな団体や個人と話すことができた。
どこに生まれても、またどのような環境で生きようとも、
もっと知りたい、学びたい
という気持ちは、人間に普遍的な欲求であるのだと、あらためて知った次第。

夜になり、空腹を感じた。考えてみればアタリマエで、朝からろくに食べていなかった。

その日は早朝から仕事で、朝はテキトーに済ませてダッシュ
ランチは、そこにあったはずが、人と話しているうちに逃してしまう。というのも、
食べるべきチャーハンとかスープがなくなっている(ビュッフェだったので)。
で、ドラゴンフルーツなどでこれまたテキトーに終わらす。幸い、それほど空腹だったわけでもない。
東南アジアでは、かなりの割合でコーヒーブレイクに、飲み物以上に
大量の揚げたお菓子やらチマキやら果物やらの食べ物がついてくる。
わたしはあまり食べないけれど、少しかじっただけで結構おなかがもつのだ。

夕食になると、というか仕事の後だったので夜8時くらいか、しっかりしたものを食べておきたい、
と急に思うようになった。ピザでも、と言いかけるわたしが連れて行かれたのは、
クメール料理店。おいしかったけれど、すべてを平らげることはできず。
ちなみに、ここではインターネット環境が、WiFiが整っているレストランが東京に比べて多い。
そこで一緒にいた友達が、メールチェックを始めた。彼女はふだんは農村にいるから、
こういう時間は貴重なのだ。理解しながら、そのうち眠気に襲われる。
かくして閉店まで、彼女はメールチェック、わたしはまどろみ眠りにはいる。

そもそも本当は一日前に来るべきだったのだ。でも来れなかった。

カンボジアの人々を見ていて、とくにコミュニケーションをみていて面白い。
えらくはっきりいうな~ という様な物言いをしながら、一方では、えらくメンツを重んじる。
男性をたてるようなそぶりで、思いっきり女性が威張っている。結構イロイロだ。
こういうとき、外国人の私はどうすればいいのだろう、と思う場合もあるが、ひとついえることは
いろいろと考えたり遠慮して言いたいことも言わない
のだけは、仕事をするうえではまずダメ。
敬意と配慮を払いながらも、正直に語り合いかつ理解を共有する、といったところか。

でもいい一日だった。私自身、勉強になったし、いろいろ考えさせられた。
長い一日でもあった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター