和歌山 Day4

起床後、6時より本堂で勤行に参加。朝食を済ませ、奥の院へ向かう。
この奥の院、恥ずかしながら来るまで知らなかったのだが、戦国武将やら歴史上の人物が眠る場所だった。。。親鸞から始まり、伊達政宗、織田信長、豊臣秀吉、武田信玄、石田三成、明智光秀と、歴史好きにはたまらない名前がまだまだ続くらしい。

奥の院入口_convert

奥の院から金剛峰寺へ。空海の開いた真言宗の総本山である。狩野派のふすま絵や石庭、豊臣英次の切腹の間など、1200年の歴史を持つ高野山の寺は、悠然と構えている。僧侶曰く、「高野山は世界遺産などというものに登録されたようございますが、遺産というよりは未来を見据えた教えを伝えていく使命を賜っております」。金剛峰寺は歴史が長いだけでなく、それはそれは大きく広い。また、歴史を感じさせる重厚なふすま絵も多く、石庭は日本一の広さだそうだ。↓

金剛峯寺_convert

金剛峰寺、壇上伽藍をあとにして、高野山の「かさ国」という和菓子屋さんに立ち寄る。そこで「みろくいし」と買う。みろく石とは別に、あんこのないお菓子を探していたところ、いもパイと牛皮のクルミ菓子(←名前は覚えていないのでテキトウ。。。)をみつける。とってもおいしかった。

ところで高野山は、下界と気温が10度違うという。大げさな表現かもしれないが標高900メートルだけあって、たしかに、それほど暑さを感じない。その分、冬はマイナス10度まで下がり庭の池の水が凍るという。

午後は一路、和歌山市内へ。この4日間で500キロ以上走るドライブとなった。走っているときは、ほとんど雨の中の海岸沿いと山道だったが、ドライブをあまりしないので楽しんだ。Vitzよ、よく走ってくれた~。特に山道は小さいながらがんばりを感じた。

和歌山駅でレンタカーを返したあと和歌山城に立ち寄り、天守閣から紀ノ川をのぞむ。和歌山発5時前の特急くろしお。そのくろしおの全座席のうしろに張ってあったこのシールの熊野古道マップに改めて目をやる。今回訪れたあちらこちらを振り返る。まさにこの地図上の場所をウロウロした4日間だった。
JR convert

ちなみに、なんでも今日の夜は白河と那智勝浦で花火大会が予定されていたが、白河は天候のため1週間延期となったとか。打ち上げ花火が、さそがしきれいだったろうに。

ところで、帰りの新幹線のぞみは、普通席でも無線ランが使えるようになっている。日本の新幹線たるもの、こうしたサービスあって然るべきだし、少しずつ整備が進むのがうれしい。しかも足元にパソコン用とおぼしき電源スイッチが。
新幹線 convert

やっとこういう時代になったか。高野山の宿坊ですらインターネットを使えるのだから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター