世代間格差に思うこと(2)


(昨日の続きですが、トピックが拡散するので分けて、追記しました)

この1年、とくに最近、日本の若者の内向きを嘆く声がさんざん報道され、また声高に叫ばれてきた。一方で、世代間闘争はよくないとか、??と思うようなコメントも(だいたいが年輩からである)。しかし、わたしが見ているに、日本の若い人たちは、シニアグループが思っているよりずっと逞しいし、新しいことにもどんどん挑戦している。シニア世代よりは海外に出ていく人材だって少なくない。ただ、海外で学んだり働くことを、選択肢の一つとして考えているだけで、あの世代ほど特別視していないだけのことだと思う。

わたしが危惧するのは、ソーシャルメディアに敏感で、日々夥しい情報にさらされている今の日本の若い世代が「そう言われればそうかもしれない」などど無用に自信を失うこと。若い人たちは、こんな一部のシニアの意見に頷くのではなく、起爆剤として「なにくそ」といった気持で前へ進んでほしいと思う。この若いには、上でいうグループBとCが入っています(あ、わたしもです )。

そしてシニア世代には、いろいろな嘆きや不満は呑み込んで、意味のある将来への指針と提言を発する方に力点を移していただきたい。

数日前の新聞でもある高名な政治家がとうとうと自説を述べていたが、
日本人はプレゼンが下手だとか、内向きになった、というのではなく、せめて
自分の世代の日本人はこうだったが、その教訓と反省を踏まえて、これからの日本の若者にはこうなってほしい
といった前向きな提言こそが、そうした若者への励みと日本の来年の活力になる―そう信じている。

この点、分野も違うお会いしたこともないのに、著書を読んだだけで引き込まれ、また尊敬してしまうのが、物理学者の木下是雄先生だ。これまでのブログにも書いた。
 スウィッチヒッターふたたび
 スウィッチ・ヒッター

ロングセラー『理科系の作文技術』の著者でもある木下先生は、言葉の重要性を熟知されている。そのうえで、若い世代へのエールと愛情さえ感じる書きぶりに、私はひきこまれたのだと思う。そして、先生の本や語り口にひそかに励まされた内気な(?)理系の学生や研究者の卵は、これまで多かったのではないかと思われる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター