補足


前回の補足として書きます。

自然科学の分野で基礎研究をしながら学位取得を目指す大学院生、そしてアカデミックポスト(正規雇用であれ任期であれ)を目指すポスドクの方々は、ぜひとも頑張っていただきたいと思います。基礎科学の発展を心底望む気持ちが、私の基本スタンスです。ただし、

その選択や決断が、本当に自分が望む、主体的選択の結果であれば

ということになります。


これは研究の分野にいる人に限らないとみていますが、どうも

周りに流されたり、だれかが(国が、先生が、ラボヘッドが)何かをしてくれる

と当り前のように思っている若い研究者予備軍が普通に見られた時代がありました。
今がそうでないことを願っています。

それでも老婆心ながら言っておくと、
先生や先輩のアドバイスに耳を傾けうことも時に大切ですが、流されてはいけません。
もっと主体的に人生を選択し、決断していくことも十分考えて、変化も含めて戦略的に動いた方がいい、という主旨です。なぜなら、言うまでもないことですが、だれもあなたのことをあなた以上には考えないからです。どんなに有能で真摯な医者でも、患者以上に患者の気持ちや病状、痛みを理解できないのと同じです。

今朝、たまたま早く起きてテレビをつけたら、教育テレビだったのか、「基礎医学に進む研究者が少ない傾向を憂う」といった内容が流れていました。医者をしながら基礎医学をする研究者の支援の充実を国にお願いしたい、そんなくだりでした。その「お願いしたい支援」の内容ががまた、生活費の支援と研究費の支援の二つでした。正論ですが、お願いする姿勢にどこか違和感を覚えました。そもそも、そういう人には学位取得後に医者に戻るという選択肢が十分にあるわけです。というかそれがもう、大半の基礎医学研究に従事する人(=医者)の前提でもあるはずです。

ところが、医学以外の自然科学系(すなわち理学、農学、薬学、工学系)のポスドクには、そうした選択肢がありません。一般論ですが、薬学、工学系ならまだ企業への就職とか、道が考えられます。農学だって企業はもとよりほかにもいろいろな就職先の選択肢があるかもしれません。そうなると、理学系の人が一番困るという図式が浮かびあがります(確か、公務員試験でも、農学はあれど理学という区分はなかったような?)。

ひとたび研究の道に入るとそれ以外の生活設計を考えられない研究者が多いのもまた一面の事実でしょう。
日々の実験や研究活動で忙しいほかに、ほかの社会をあまり知らない、ロールモデルがないからピンとこない、生活に苦労した経験が少ない育ちのいい人が周囲に(とくに上の世代に?)多い、などなど理由はいくらでもみつけられます。理由はともあれ、せっかく教育を受けてきたのだから、自分と対峙しもっと人生に貪欲になっていいと思います。

私もいずれまたおいおいに書いてみたいと思います。いまはそれどころではありませんが。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター