夢のある仕事へ


佐渡と能登GIAHSのインセプションワークショップも無事終了した。

喜ばしいことに、またいくつもの幸運も重なって、GIAHS日本はようやくここまで来た。
最初に日本でもGIAHSを、との話が出てから2年余、本格的に動き始めてからは1年弱の道のりだった。その間、いろいろなことがあった。

最初は、それまでしていた仕事とは少々ちがう性質の仕事でもあったので、私自身、どこまで手をかけていいか、迷いがないわけでもなかった。それでも途中ある時点で、意を決したというか腹をくくった。
よし、やるぞ! みたいな。なぜそう思ったのかは覚えてないけれど。

GIAHS は申請すればいいだけではない、国や地域の協力が不可欠だ。
役所文化も、それなりに知っているようでそれほどは知らなかった。
しかし何よりも決定的というか致命的なことは、日本の農村地域の人々と働いた経験が、それまでの私に皆無だったこと(その昔、学生の頃、京都の知人の農家でボランティアをしていたときに見た農村の様子は、ずいぶん社会的しばりがあるんだな~という印象だった。でもそれは、旅人の目であってそこの住み人の見方ではない)。
途上国のコミュニティに入って働いていたのに、日本の農村はそれほど知らなかったとは... 

だから、というわけではないが、日本で初めてのケースでもあり、どう進めたらいいものか、
いい事例や羅針盤がなかった。正直、途中で途方もない壁を感じたことも多々あった。
そして、いろいろな人に支えられてきた。さもなければ、この壁は超えられなかったはずだ。
いろいろなことが、走馬灯のように廻る。

ここで行きついた私自身への問い―それは、
いったいこの仕事の何がよくて、私はここまでエネルギーを注いだのだろう。

自分でもわからないけれど何かに取りつかれていたような時期もあったから。回りもどんどん巻き込んでいたみたいだし。

 

「夢を与えてくれてありがとう」
この3日間、幾度となく出てきた言葉が「」。
ああそうか~、このプロジェクトには夢と希望がつまっていたんだ。
そして、それはまさに私の仕事への思いでもあった。

この仕事の最後の方は、思い出せばつらい時期でもあったが、わたしの中ではほとんど
夢と愛国心に支えられ駆り立てられて、それだけで進めていたように思う。
ただ、佐渡と能登の人にとっては、夢よりもむしろ立ち向かうべき現実があることも、
忘れてはならない。

ひるがえって今の仕事は似た業界ではあるものの、着実でしっかりした案件の実施が主目的だ。
そこから学ぶことも多い。

それでもやはり、わたしは夢のある仕事が好きだ。不可能なことを可能にするのは楽しい。
少しでも、かけらでもいいから夢を描ける仕事をしたい―改めてそう強く思った。
一度でも知ってしまった以上、夢を抱きながら夢に向かって物事を進める楽しさは忘れられない。
後戻りはできない。する必要もない。
となれば、この際、「夢、希望、ビジョン」と「着実な実施」をかけ合わせたような
仕事を進めていけばいい、ということになる。

途上国や地域コミュニティのエンパワーメントに資するような、夢のある仕事―これが私の目指す道。それを改めて認識し、自分の内なる声を知ったことが、この3日間の、もうひとつの大きな収穫だった。

前も、夢のある仕事について書いていたみたいだ。
夢や希望のある仕事は、転がってはいないだろうけれどやりようによって発掘できそうにも思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

> 大変お世話になり、ありがとうございました。でも、白米の千枚田は確か1004枚だったような…

ご指摘の通り直しました。

No title

大変お世話になり、ありがとうございました。でも、白米の千枚田は確か1004枚だったような…
プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター