中村哲さんの言葉


ペシャワール会率いる中村哲さんの講演会が開催された。

最初に中村さんのことを知ったのはNHKの小さな番組だった。まだ中村さんがパキスタンで診療所を建てる用地を探して村の長老と相談に交渉を重ねている頃だったと思う。今日のペシャワール会の資料によるとどうも90年代半ばのようだ。このように、ハンセン病の治療のために辺境地で病院を開設したり、山間地の巡回診療を続けてきた中村さんだが、それだけではない。病気の原因を水にあるとして、2000年からは井戸掘りや治水事業まで着手されてきた。

著書を何冊か読み進めるうちに、正直で誠実なお人柄が伝わり、国際協力を仕事とする者の志と原点を学んだ気になっていた。が、そうした原点を確認することも少なく、日々の業務で脇に置いてしまう日々が続いていた。今日初めて、直接お話を伺う機会を得た。うれしいことに、著書に垣間見えるのと変わらない実直さとお人柄が偲ばれる語り口に引き込まれ、また静かながら熱いものを感じた。おそらくは彼の使命感と情熱、ビジョンが熱いものとなって現れたのだと思う。

お話の中で響いたこと。
 日本とアフガンの地形には類似性が多い(急流な河川、激しい水流)。
 九州の筑後川には斜め堰というものがある(中村さんは九州のご出身)。四季を通じて、一定の水をほしい時にとるという、干ばつの続くアフガンには夢のようなことが可能なのも、日本の先人が作り上げた取水堰のシステムだからこそ。
 治水技術という言葉は英語にしにくいだけに、日本の誇る技術なのではないか。それをアフガンにもっていき、適正技術として現場への活用と定着をはかること。これには「天の利、地の利、人の和」が必要。ペシャワール会として譲れない一線は、「地域自然条件の配慮、地域文化の尊重」にある。
 日本の技術を移転、活用していくための工夫やコツは? という質問には、
何度も失敗する。イタイ思いをすること。失敗を重ねて初めてみえてくるものがある。やってみて、できるかできないかを見極めてから進める。また、地域の人の「カン」も捨てたものではない。
 数々の戦争に干ばつが起きても、どこにも逃げることができないアフガン人(今の日本や東日本の人々に当てはまるかもしれない)にとって、長い目で達観している。今は数千年の歴史のなかのひとこま、20年に過ぎない―彼らはそう考えている。日本人は気が短いし、アメリカ人は気が短すぎる。
何かをやるにはリスクを伴う。それだけの覚悟もいる。 日本の黒部峡谷を思い起こしてもそう(黒部ダムの建設のことだと思う。今月訪れ個人的にも何とタイムリー!)。
 アフガンにいても治安の問題でオフィスから出ていけないもどかしさがある、との質問に対して、
私は現場で仕事をしているが、オフィスにいることが悪いとは思わない。スタッフを、日本人だけでなく、アフガン人も何人か殉職させた(今日は伊藤さんの命日で、最初に一分間の黙祷があった)。今は治安の理由でたとえ行けなくても、決意表明することで十分。 撤退していなくならない限り、また治安が戻れば行くという決意表明をすることだけでも我々にとっては大きく、住民は信頼する。 眼をそらさない、そういう気持ちを持ち続けることが大切。物事には程度もタイミングもある

やはり、現場をみてご自分で道を切り拓いてきた方の言葉は、大変わかりやすく、ずしんと響く力強いメッセージが自然に伝わってくる。問いかけるように、ビンビンと響くのだ。それだけに、個人的にも忘れかけてた国際協力の原点のようなものを思い起こす、いい機会となった。このタイミングでのこの機会に感謝。

さあ、また明日からがんばろう~。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター