シリアの思い出(1)


4月から気になっていたシリア情勢だが、とうとう8月には日本人ジャーナリスト山本美香さんが巻き込まれ不慮に死をとげられた。同年代であり、さそがし無念だったことだろう。これまでのお仕事と信念に敬意を表し、ご冥福をお祈り申し上げる。

シリアにとっても、とても残念な出来事だ。日本人からは、山本さんの犠牲とセットで記憶される国となってしまったのだから。



私がシリアを訪れたのは2006年11月のことだった。名目は出張。シリア北部のアレッポにICARDAという研究所がある。ICARDAとは要は、半乾燥地域の農業&農村開発の研究所、とでもいおうか。なるほどだからシリアにあるのか、シリアだからこそと納得のいく研究分野である。そこで開催されたあるプロジェクトの会議に、上司の代理出席で参加することになっていた。参加を打診された時は私で務まるのかという思いもあったが、ICARDAの名前は聞いていたし、かねてから興味のあったCGIARの研究所ということもあり、二つ返事で引き受けた。そして何より未知の地域、初めての中東。これまでみたもの違う文化や人々に遭遇するかもしれないという期待と、知らない世界に向かう一抹の不安を抱き、旅立った。シリア滞在中は何かと強烈な思い出が多い。当時に記録を基に旅日記を掘り起こして書いてみようと思う。

CGIAR: the Consultative Group on International Agricultural Research
ICARDA (International Center for Agricultural Research in the Dry Areas、イカルダ)はCGIARの15研究所のひとつ



シリア行きを前になぜか無性に怖かったことを覚えている。未知の世界を前に正体不明の恐怖心にどこか支配されていた、とでもいおうか。言葉(アラビア語、フランス語)は知らない、文化も知らない、地域や土地勘もない、のないないづくしの状態だった。知らないことは怖いこと。

ルートとしては日本からはドバイ経由が便利なのだが、ドバイ経由の便が満席だったためにパリ経由となった。パリ到着が夜6時くらいで空港近くのホテルで一泊、翌日午前中の便でパリから空路4時間かけてシリアの首都ダマスカスに向かうルートだ。よって日本からはパリまで行き、少し戻る格好になる。機内で隣席にいたアフリカ人(確かガンビア出身とかいっていた)の男性が、これからシリアに向かうと聞いて驚いていた。それもそのはず。その年の7月にイスラエルがレバノンを攻撃し、11月はまだ地域一帯に緊張が走っていた。シリアはレバノンの隣国である。

個人的には最初の問題はパリ着が夜6時だったこと。空港近くのホテルibisに泊まることにしていたが、そこまで車なしに行ける距離ではない。まだうす明るいとはいえ日は落ちている。日本のように安全とは言えないだろう。かといってどの程度、危ないのかもわからず。結局、用心するに越したことはない。件のアフリカ人が、ホテルにはこの道を使っていった方がいいと空港の端まで一緒に来て教えてくれたことまでは覚えているが、その先、シャトルバスを利用したかタクシーだったか覚えていない。

ところでホテルの部屋のベッドに、ZEN という案内があった。15分で満足、という。
その時は気に留めなかったが、今こうしてみてみると YOGA の間違いじゃないか、と思えてくる。
1+ibis+zen.jpg 1+ibis+zen+(2).jpg

翌日、パリからダマスへ行く機内は別世界だった。空港のダマスカス行きゲート付近では当然のように飛び交うフランス語。見る限り、日本人どころか中国、韓国、東南アジアも含めてアジア人の姿は皆無だった。この光景はある種の軽いショックだった。それまでアジアに行くことが多く、どこに行っても中国はじめアジアの同胞をみつけるのは何の努力もいらなかった。そういう中で一見する間もなく東洋人の私、機内でも「フランス語話しますか?」と隣席の女性に話しかけられる。急に異邦人の自分を認識し、遠い世界に向かっている現実に気づかされる。地球は狭くなったというけれど、まだまだ未知の世界はたくさんある。それが嬉しくもあり時として怖くもある。

夕方4時頃、ダマスカス到着。ここでは迎えの人が来てくれて安堵する。アレッポはトルコに近く、さらに北に5時間ほど車で走らなければならないので、その日はダマスカスにある研究所のゲストハウスに一泊する。その日は泥のように眠った。

ゲストハウスの居間
2+guesthouse_20120907013514.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター