シリアの思い出(12)


オリーブの若木が赤土に根付こうとしている一枚の写真。広大な赤い大地の向こうに広がる青い空。

アレッポでとったこの写真がお気に入りで、長いことデスクトップの背景にもしていた。この写真を見るたびに、あのシリア行きで感じたこと、考えたことを思い出し、どこか清々しい気持ちになる。環境・自然資源の分野で、研究の知見を国際協力の政策や実務に活用する、橋渡しの仕事をしたいと考えるようになった原点が、あのアレッポでの会議にあったと思えてくる。

ICARDA_olive.jpg

今回のシリア思い出シリーズは、2006年11月にシリアのアレッポを訪れた時の記録を基にまとめてみたもの。プロジェクト会議の開催地はアレッポだったが、帰りにダマスカスから隣国レバノンまで足を延ばした事まで含めると、予定より長くなってしまった。ひとまず今日で、シリアの思い出シリーズを了とさせていただく。

時にはこうして、かつて訪れた世界辺境の地について、たまに思いを巡らせてみたい。当時、シリアは文化的にも心理的にも未知の国、私にとってはやはり辺境の地だったのだ。

それにしても人の脳とは不思議なものだ。結構忘れていることもあったが、こうして読み返してみるといろいろな光景が鮮明に脳裏に浮かんでくる。



最後に、随分といろいろな人に出会い、大変お世話にもなった。彼らのその後について可能な範囲で触れてみよう。

もっともよく出てきたカレンは30代前半と昔のクラスメート時代から10年たってもなお若く、最近は洗練されてきた。フランスでMBAを終えた後、今は民間企業で働いている。世界のどこへ行っても有能ぶりを発揮して働いていけるだろう彼女だが、当面はレバノンに落ち着いているようだ。

半乾燥地帯の研究者だったK先生は、4年後の2010年秋に他界された。亡くなる数日後にはエジプト出張を控えていたように、生涯、好奇心と学ぶ気持ちを抱き続けておられた。いつも矍鑠としていて、典型的な「疲れを知らない研究者」だった先生に、古き良き時代の研究者魂をみた気がする。ICARDAでも先生の訃報はすぐに伝えられた。シリアへの思い入れは格別で、ICARDAのあるシリアに骨を埋めてもいいくらいにお考えだったとしても不思議ではない。それだけに、今のシリアを見ることなかったのは、むしろお幸せだったかもしれない。

ブログではあまり出てこなかったが、この会議の国際チームのコーディネートを一手に引き受けていた担当者に、カナダ人Cさんがいた。生真面目な性格だった彼女は、この会議の1年後に退職し、大学院に入り直したと人づてに聞いた。

同じく英国出身のリチャードは、私のレバノン行きに「そんなリスクを冒さなくても」と、唯一異を唱えたおじさん。ICARDAでもいいポストにつきながら、3年ほど前に別のポストを求めてカナダに移住した。シリア人と結婚しながら、シリアを出る時はたいそう喜んでいたとか。

スーダン人研究者のハナディは、その後の連絡はとれていないが、あの笑顔でどこかで元気にしている気がする。

かくいう私は、シリア行きの貴重な機会をいただいた前職場を去って、1年半が経とうとしている。同じ業界ながらも、組織が違えばかくも違うのかと仕事の進め方や慣習に驚いたり、システマティックなやり方に感心して学んだりと、たまたま前職では馴染みのなかった国や地域の担当になったこともあって、あっという間の1年半だった。これから調査研究の仕事も少しずつできそうと、仕事の幅が広がりそうでちょっと楽しみでもある。場合によっては、シリアのプロジェクトのような仕事にまた関わっていくのもいいかな、と書きながら思っている。

今回のシリア内戦の関係で心配していたのは、ICARDAのローカルスタッフでいつもテキパキを仕事をこなしていたZuka。仕事ははやく、ポイントを押さえてきちんとしている。しかも機転は利くが、無駄な点はバサッと端折ることもうまく、舌を巻く有能ぶり、働きぶりだった。ICARDA滞在の前半は、正直、シリアにこういう人材がいることにすら軽い衝撃を覚えていた。しかも、会って初めて知ったのだが、Zukaは足に軽い障害があるものの、それをものともしないどころか全く感じさせない働きぶりだった。だからこそ重宝されているのだろう。内戦の影響でおそらくICARDAも閉鎖中だろうと思いつつ、そのZukaにメールしてみた。

やはり、返事はまだ届いていない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター