タブレットメニュー

ラオスの中部、カムオン県からビエンチャンまで戻ったのが週末。車で6時間の道のりの大半は、そのままメコンを左手にみながら北上する道でもある。が、未舗装の道も多く、メコン眺めてのドライブ、とはほど遠い道のりでもあった。

ビエンチャンでかつてのプロジェクト仲間と旧交を温めた。友達っていい。とくに仕事や苦楽を共にした仲間との再会はうれしさもひとしおの上、近況報告もできる。そして何だかまたがんばろ~、という気にさせられる。

プロジェクトの同胞はラオス人だったが、翌日の日曜はバンコクまで戻ってきたが乗り継ぎの時間は7時間強。そこでもう一人、日本人の友人と会うことになった。

バンコクはビエンチャンから一時間とは思えないほどの大都会である。今さら言うまでもないが、バンコクは乗り継ぎは多いものの、街に出ることは数えるほどだった。それが今回、街まで出てみてしみじみと、インドシナ半島という同じ地域にありながら活気やにぎわいの落差を感じた。いずれ、もしかして10年後には、同じインドシナ半島のほかの国、例えばいま話題のミャンマーのネピドもバンコクみたいな発展を目指していくのだろうか。ラオスのビエンチャンはこのまま変わらない気もするのだが。

ともあれ、アジアのハブで大都会のバンコクには食べたいものも何でもある。そこで、これまで1週間食べ続けたラオス料理でもタイ料理でもないものを、とイタリアンらしきお店に入ってみたところ、出てきたメニューはこれ。どうもタブレットメニューらしい。
tablet+menu_convert.jpg

(ム、i pad に不慣れなわたし、店頭で触ったことしかない。。。)写真つきはいいけれどやはり普通のアナログなメニューがいいかも、と思いつつ、なぜタブレットに?と考えてしまう。コスト的に、メニュー替えの時はラクなのかもしれないけれど、日本のコンビニでもあるまいしそれほど頻繁に替えるとも思えない。

ともあれ楽しい数時間はあっという間に過ぎた。空港まではパヤタイ駅からエアポートリンクという電車が走っていて20分ほど、これまた便利になっていたバンコクに名残惜しくも、東京までの深夜便に乗る。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター