避けて通れないもの―死への準備


ちょっとこのタイトルを見てぎょっとされる方もおられるかもしれません。

たいへんお世話になったI夫妻のご主人様の訃報を受けました。あれはまだ我が子が0才児だった時のこと、私たちは静岡県三島市に住んでいました。夫は東京まで新幹線通勤の身、共働きで昼間は保育園にお世話になりました。

が、それだけで済まないのが子育てです。熱があれば保育園からすぐに呼び出しが来る、日帰りでも東京に出れば帰りは夜8時以降になり、そういう時に限って新幹線が遅れたりもする、急に親が入院する羽目になるーそういったときにお隣に住んでいたI夫妻はいつも決まって快く、0才児の世話を引き受けてくださいました。お二人の存在だけが、親戚も知人もいない静岡にポンとやってきた私たちの拠り所でもありました。今でも頭が下がります。

とても細くお若くみえ、庭仕事と犬の世話を日課とされていたこともあり、病気ひとつないようにお見受けしたIさんでしたが、年末に病気が発見され3ヶ月後のことでした。今でも信じられません。昨年のお正月に三島に立ち寄った際にお会いできたのがせめてもの慰めです。

死とは突然やって来るものです。今さらながらに思いますが、昨年、健康そのものだった義父が急逝した時もそうでした。死とは避けられないものである以上、人生の幕が下りる前にどこまで準備ができるのか、また準備をしたいのかは、おそらくひとそれぞれでしょう。実は私の両親も最近よくそういう話ーお葬式や献体をするかどうかなど―をするようになりました。若いころの私は、自分が事故にあい脳死状態になったら「使える臓器があれば人様に使っていただくのがベスト」と信じていました。今はそう思いつつも少し変化があり、家族もいればこれからどうするのかはまた考えるべきことになるでしょう。

千葉敦子さんというジャーナリストが書かれた本に『死への準備日記』というものがあります。千葉さんは東京新聞の記者を経てフリーのジャーナリストとして活躍されながら、乳がんになり、闘病生活や日米の医療の違い、仕事の進め方等についてたくさんの著書を残して亡くなりました。確か、『よく死ぬことはよく生きることだ』という本もあったかと思います。彼女の本に触れたのは学生時代でした。あれから20年以上が経った今、改めて、彼女のメッセージが迫ってきているかのように感じます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター