「英語プレゼン技法」


午前中は人間ドッグ検診に。
しかし今日の目玉は午後の「英語プレゼン技法」の講演会。慶應理工学部のキャンパスで日吉に向かう。日吉駅に降りたのは初めてであったが、何だかにぎわっている街だ。

そもそも実は4月下旬のイタリア出張でプレゼンをすることになっている。「すべて任せるからパワポ作って発表して。好きなようにしていいから」と上司には自由裁量で任されてしまった。私とて今の職場に来て対外的には初のプレゼンだ。しかも相手は多国籍のツワモノぞろい。ぜひいいプレゼンにしたい。ただストーリー性をどうふくらませるかが課題でもあり、どう組み立てるか考えなくてはならなかった。そんな折も折、先週土曜日にtwitter で知ったこの講演会。今日が休みだったことも幸いして日吉に向かうことにした。

プレゼンタ―は小野雅裕さん。何でもすごい方のようだ。東大の航空工学科を出てMITでPhDをとり、慶應で一年教えて5月よりNASAの研究所で勤務されるという。そのためこれが最終講義との位置づけで、100名強の聴衆の大半が学生で1割弱が社会人のようだった。また小野さんは『東洋経済』で連載を書いており、「国語力を磨けば、日本の理系は世界で勝てる」はそのひとつ。とてもわかりやすい文章だ。米国の大学でPhDを終えた、理系の研究者ということで、何より4月のプレゼン準備が頭にあった私は、迷うことなく今日の講演を急きょ拝聴することにした。



以下今日のセミナーの内容です。

野村監督が弱者には弱者の戦い方がある、と言うように、ノンネイティブで育った日本人にはそれなりのコツや準備の仕方がある(ちなみにご本人は阪神ファン、ついでに野村ヤクルトファンだった管理人です)

⇒ 要は相手と同じ土俵に立つには、凡人は凡人なりの工夫や戦略を立てる必要がある

意識として押さえてるべきはこのふたつ。
・ わかりやすく(小難しく難解な内容をよしとする一部の日本の風潮への警鐘)
・ 記憶に残るプレゼンを(30あるプレゼンで記憶に残るのはせいぜい2,3)

⇒ プレゼンの目的は相手に覚えてもらうこと、興味をもってもらうこと

そのためのコツや心がけが10点、挙げられていた。以下はそのうち記憶に残っているもの。
・ 自信を持つこと
・ 表情を豊かに
・ 新出の言葉は後ろに(書き言葉)
・ 自分の発表は研究内容を理解してもらうのではなく、研究の宣伝だと思え
・ 練習、練習、練習―フィードバックをもらえ
・ 良文をたくさん読め

私にとって特に参考になったのは以下の点
・ わかりやすく話すことの大切さ
・ ドラマティックに、印象に残るということ(話を盛り上げるグラフを示しながら)
・ ストーリーを印象付ける話の構成(シンプルに4段階の展開)
・ 練習(時には鏡を見ての練習も)とフィードバックを受ける大切さ

有用なだけでなく、生き生きとしたお話だった。話しながらご本人も楽しんでいるようだったが、それでも昨晩ご家族の前で練習したというあたり、見習うべきだと感じた。素晴らしいことは、このポイントは英語だけでなく日本語でのプレゼンにも適用できること。



行く価値のある講演会だった。とくにプレゼンを控えている私にとってはまたとないタイムリーな話を聞かせていただいた。しかもこの講演会はYouTubeがサイトにアップされているので、これからプレゼンを準備する方はぜひそれを参考にされたい。

後日、プレゼン資料もアップロードされました。まとめてこちらをご覧いただければいいようになっています。

⇒ 上手なストーリーテラーはどのような人か。いかにそういうプレゼンタ―になれるか (が語られています)



最後に「子どもの頃からの夢を実現しに行きます。その夢は、宇宙開発に歴史に自分の名を刻むことです」と話す姿が、何だかとても爽やかで格好よかった。あの場にいた学生も何割かでもたとえ数人でも、「ぼくも私も小野先生のように夢に向かって生きたい」と心に灯が点けられたとしたら、これほど素晴らしい退任講演はないだろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター