アリタリア航空の事件


ローマの街よかったな~、もう一日滞在できればもっとよかったな~と思って帰国した朝、成田で「イタリアの新首相が決まり、スペイン広場近くで発砲事件が発生」とのニュースが流れていた(くわばらくわばら)。何というタイミング。

さらにその数日後、ブログ更新などしながらローマ余韻も残る GW の最中、アリタリア航空のニュースまで飛び込んでくる始末。

(以下引用、朝日新聞より)

イタリアの空の玄関ローマ・フィウミチーノ空港で機内預けの荷物を盗んだとして、捜査当局は3日、同国最大の航空会社アリタリアの社員49人を逮捕したと発表した。

 国内のほかの7空港でも、ほかの手荷物扱い業者の社員37人が逮捕された。

 ローマから南部カラブリア州へのアリタリア便で荷物の紛失が多発。捜査当局が昨年から同社の協力を得て隠しカメラを設置したところ、機内への荷物の積み下ろしの時に荷物が抜き取られているのを確認したという。多額の賠償金を支払ってきたアリタリア社は「弊社も被害者であり、捜査に全面的に協力している」との声明を出した。

(引用ここまで)

うーむ、いやなこった。これはアリタリアの国内線の話だが、すでに国際線でも起きているかもしれない。日本からローマへ飛ぶ直行便は今のところアリタリア航空しかない(2013年5月現在)。これからイタリアに行くときには考えてしまう。

観光立国の座に胡坐をかいているのもいいけれど、だからいつまでも欧州の途上国といわれるのよ、イタリアは。と思ってしまいつつ、それでもなぜか憎めないイタリア。

同時に、イタリアでの出来事と聞いて、どこか「やっぱりね」と納得というか諦めている自分がいる。それも相手が他ならぬイタリアだから。これがほかのラテンの国だったりするとそこまで関心すら向かないと思う。

そして、思わず注目してしまうのは当事者であるアリタリア社の姿勢と声明そのもの。
「弊社も被害者であり、捜査に全面的に協力している」

ほとんど開き直っているかのようで、本心はこうした叫びまで聞こえそうである。
(我が社だって努力はしているのよ、でもしようがないでしょ。起きちゃったんだし。イタリア人なんてこんなもの。罪を認めなかったのではなく、捜査に協力したんだからそれで許してよね)

まったくイタリアとは、私にとって愛憎というより愛呆入り交じる国である。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター