時計のない生活


あれは1月下旬のある日のこと。使っていた腕時計が動かなくなった。
長年使い続けていたものだから、寿命だったのだろう。

スイス製の時計で、昔まだ学生の頃にもらった母の贈り物だった。これまでどこに行くにもこの時計と一緒だったし、どこに住んでも、あるいは出張先でも、朝起きて最初に目をやるのは決まってこの時計だった。表面上は傷もあったが機能していたしデザインもシンプルで気に入っていたので捨てられず、今でも机上に置いている。

the watch


しばらくして、修理できるか相談にデパートの時計屋に持っていったが、このメーカー(ENICAR)は今は部品も扱っていない云々と言われた。20年も前の時計だから仕方がないのだろう。

そこで、家で腕時計を探したところ、結婚式の引き出物か何かのポイント交換によるいただきものだろう、2,3出てきた。その中で、形はやや細長いが同じようにシンプルなシルバーの時計が気に入った。近所のメガネ屋さんで電池交換をしてもらい、使い慣れた頃に4月のローマ行きとなる。

行きの機内では時計をしていたが、入国の列に並んでいる時に腕に時計がないことに気付いた。おそらく、機内で時間をローマ時間に合わせた時にしっかり腕にはまらなかったのだろう。あるいは機内の荷物を取り出している時にひっかかったのか。元来、腕時計の時間が数分ずれてもまったく構わない性質(※)なのに、なぜあの時に限って正確さを期して時間を合わせ直したりしたのかと少し悔やまれた。

それから出張中はずっと時計なしで過ごした。不便な時もあったが、携帯電話の時計を頼りにしたり隣の人に聞いたりして事足りた。帰国後も腕時計なしで過ごしている。このまましばらく腕時計なしでいいかなと思ったが、今日、少しお店やネットで時計をみてみた。

あまりオシャレな時計や高価な時計でないのがいい。私のこだわりポイントは以下3つ
・シンプルなデザイン(←飽きがこない、どこに行っても狙われない、を考えてもシンプルなデザインがいい)
・文字盤が目立たないが時間がみやすい
・シルバー基調

こうした時計が意外となかなか見当たらない。こだわらない中でこだわっている自分に苦笑しつつ、どうも当分、時計なしの生活が続きそうである。


※ 私の腕時計は数分は軽くずれており5分~10分進んでいるとかザラ。それを知った同僚に、
「どうしてずれているんですか?」「時間を直さないんですか?」と聞かれたりして、返答に窮したことが何度かある。時間がずれている(5分進んでいる)ものとして自分も動いているので不便を感じたことはないし、気にならないのだが、それを理解してもらうのが難しい人も世の中にはいるらしい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター