ユンちゃんその後


JAL機内誌スカイワード8月号(2012年)によると、「ユンちゃん」は50歳になっていた。パリに渡って最初は職業学校を終え、シャルル・ドゴール空港内の通関会社に勤務し、日本や韓国向けの輸出業務に携わっていた。その後、子育てを終えて復職、パートタイムで働いている。ピエールと結婚し、ひとり息子にはジュリアン・コウイチと父親の名前を与えている。「ベトナムは私の祖国。でも、当時は戦争でしたから日本へ行くのはうれしいことだった。」と話している。

また、『バンコクの妻と娘』にもたびたび出てくる、ユンの言語をめぐる近藤さんの叫びにも近い悩みは読者の心を捉えて離さない。居を定めず転々とする新聞記者稼業ゆえに、ユンも思春期をベトナム、東京、バンコクで過ごすことになる。言語はベトナム、日本、フランス語のどれも中途半端の状態だったようだ。妻ナウさんに至っては、「ゆっくり腰を落ち着ける国が決まったら、そこの国の言葉を覚えるから、それまでは脳みそを節約しなくては」と話していたほどだ。妻は買い物程度の会話ならできるし、いざとなればユンや夫の助けも得られるが、十代のユンにとってこれから生きる言語を決めることは人生の方向性の選択にもつながる。
こういう背景で、近藤さんが「戦争で祖国を失ったユンではあるが、ユンを無国籍人間にしてはいけない、ユンに思考の道具となる言葉を、核となる言語を習得させなければならない」と苦悩する場面が出てくる。また、厳しかった母親と相違して、良き相談相手でもあり、また何かにつけ「気楽に行こうぜ」と背中をしてくれた近藤さん―ユンはお父さん子だったと想像するに難くない。ユンはフランス語を選ぶ。

母となったユンは語る。
「お父さんと国について話したことはありません。でも、お父さんの心配はわかっていました。お父さんは私にフランス語を勉強しろと言うのです。人格を形成するための言語はフランス語がいいんだと言いました。そこで、私はそのとおりにやっていました。今、私はフランスに暮らし、フランス語で考えます。主人はフランス人です。でも、私は自分の国はと問われたら、フランスとは言いません。日本と言います。国籍も日本人のままですから。また、ベトナムは祖国ですけれど、もう私の国ではありません。

人間にとって、私の国とはそこに住んで暮らしていて心地よい国のことではないでしょうか。私はいま日本に暮らしていないけれど、時々、帰って日本を満喫しますし、いつも日本のことが頭をよぎります。私の息子コウイチはサイゴンにも東京にも行ったことがありますが、どっちが好きと聞いたら、東京と答えます。

私はお父さんの本を読んだことはありません。日本語もわかりますから、読もうと思えば読めます。でも、お父さんを思い出してしまうから、一生、読むことはないでしょう。日本にはいいつか帰りたいです。友だちもいますから。ベトナムへは旅行することはあるでしょうけれど、住みたいとは思いません。最後まで暮らすのならば日本です
」(JAL機内誌スカイワード8月号より)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター