ちきりんさんの講演会


今週木曜日、ちきりんさんの講演会に行ってきた。著書『未来の働き方を考えよう』では、世の中の変化に対応したこれからの仕事の仕方、生き方の選択肢として、「一度の人生2粒おいしい」生き方の実践を提唱している。

彼女の『ゆるく考えよう』を読んで以来、ちきりんさんの型にはまらない、ゆるい考え方に共感してきた。おそらく同じ世代であることも共感の源だとは思う。ただ一方で、同じ世代に生まれながらこんな人生を歩んだ人もいるんだ~という驚きに似た感覚もあった。ちきりんさんは、バブル期に金融業界で働いており、まさにバブル期王道の職種を経験した後、米国でMBAをとり外資系企業でマーケティング→ブロガ―として文筆業を営んでいる。比較するのも恥ずかしいが、対して私は、バブル期に長いこと学生をしていたこともあり(よってバブル市場の生の感覚やバブル恩恵を被る類の就業経験はゼロ)、その後も、バイオ基礎研究→国際協力業界と、転業こそずれ地味な世界を歩き続けてきた。バブル期ですら世の中から隔離されていた生活を送ってきた私からみれば、バブル前線に働いていた彼女の唱える「市場で稼ぐ」スキルなんて意識することはほとんどなかったし、今になって自分のもつ「市場で稼ぐ」感覚と言われても、ピンとこないことこの上ない。このように、世代は同じでも吸っていた時代の空気はまったく異なるものだっただろうから、ちきりんさんは別世界の人、と思っていたが、今日のお話は楽しかっただけでなく、どこか親しみを感じる内容だった。



変わるものは多い
・世の中が変わる
・自分が変わる(自分の考え、若い時の夢など)
・事情が変わる(自分を取り巻く事情、子どもの教育や親の介護など家族の問題) 
(←自分と事情が前より変わってきていることを確かに日々感じています)

不安な気持ちにならない方法を考える、すなわち
・いつでも稼げるようにする
・稼げる範囲で暮らす
・最後はあきらめる(←要は、腹を括ること、と理解)

と始まり、基本的に講演の内容は『未来の働き方を考えよう』の拡大バージョンだったが、本にない部分、つまり質疑応答がまた面白かった。いくつか挙げてみよう。

Q1「市場で稼ぐというけれど、現実にはサラリーマンをしている人が、そこから市場で稼げるようになるまでギャップは大きく一筋縄ではいかないと思う。その差はどう埋めていけばいいのか」

この質問と回答は、このブログにある通りなのだが、加えてちきりんさんが話した言葉に、妙に励まされ、また背中を押された。曰く、

理想と現実には大きなギャップが存在し、制約だらけであるのは世の常。だが本当にそのままでいいのか。一体どういう生き方が自分にとって幸せなのか。
自分に問うこと、
自分で自分に言い訳をしない
←そういう覚悟があるかないかで生き方は変わってくる、ということだろう。

Q2「何かで読んだ、30代半ばで仕事をダウングレードした経験について、教えてください」
競争の激しい業界で必死に働いてきたが、ある時それが本当にこれからも続けたいと自分の望む生き方なのだろうかと疑問に思うようになった。それをきっかけに考えた結果、仕事の責任も範囲も(結果的に待遇も)小さくしてもらった。社会的にみればダウングレードだったが、自分(=ちきりんさん)にとってはアップグレードでハッピーな変化だった。本当に手に入れたいものと、人にどう思われるか、のどちらを取るか。
←その通り。こうして言葉にしてみると、これまで人生の節目ではこの選択肢の連続だったように思えてくる。

大切なことは
・異質なものと接する。
・考えること、ただし「考える」と「悩む」は違う←悩んでいることは考えていることにはならない
インプットをアウトプットにする。形として出してみる(←これは私に足りない点だ)


好きなことに存分に没頭してみると、本当に好きなのか、それほど好きでないのか、がみえてくる。
(例 カレーを1週間毎日食べても飽きない人もいれば、好きだと思っていたカレーが続くと二日目から食傷気味になる人もいる)
同じことをしても、今後もぜひ続けた方がいいとだれがみても思える人(Aさんとしよう)が出てくるかと思えば、これまで好きだと自分では思っていた仕事だけれど、Aさんほどには際限なく/深く取り組むことはできない、自分がやるくらいならAさんにしてもらった方がいい、などと客観的に見えてくる時がある。(←あった、あった、以前ありました!とこれは妙に腑に落ちた次第)

Q4「これから就職活動する学生、または現在している若い人にアドバイスを」
若い人は最初の就職で、とかくどの船に乗るかを懸命に探している状況。しかし本当に大切なことは、どの船に乗るか、ではなく、縁あって就いた最初の仕事からどのように学び何を得て、今後に活かしていくか、である。質問の背景には正しい選択をするには、あるいは失敗しないようにはどうすればいいか、といったものを感じるが、失敗しないようにするのではなく、大切なことは失敗からしか学べない。たとえ、正しい船に乗ったからといって、その後、何も考えずに進むより、間違った船に乗って失敗した方が得るものははるかに大きい。 (←これもその通り)
大切なことは思考停止しないこと



ちきりんさん、楽しそうに軽快にポンポン話されていますが、結構、ズシリと重いことをさらりと話されています。私もいくつか冒険をしてきましたが、この講演会から、それでいいんだよ~的なノリで軽くポンと背中を押された気になり、ほんわかした気持ちで家路につきました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター