豆腐

青森の思い出をもうひとつ。
津軽半島は、幼い私にはとてつもなく遠いところに思えた。それも、ただ遠かっただけではない。いつも思い出すのは、いかんせん雪深い地だったということ。とくに、一歩ずつ歩を進めるたびに、「ずぼっずぼっ」という音のする雪に覆われた地面は忘れられない。それほど、いつも雪に閉ざされた世界だったイメージが強かった。それにしても、海でもなくねぶた祭りでもなく、なぜこんなことを覚えているのだろうか。

私はときどき、おつかいで豆腐を買いに行かされた(*1)。スーパーなどない地域である。今ではほとんどみられなくなった豆腐屋さんが、街中にあったのだ。家からボールをもたされてお店に行き、豆腐を1丁買えば豆腐やがんもどきのおまけが少しついてきた。これが子どもだからか、地方のサービスだったのかは知らないが。

ある日のこと。子どもの足で5分ほどのお店に行った帰り道。ずぼっずぼっ、一歩ずつ雪を踏みしめるように普通に歩いていたはずが、するりん!手に抱えていたボールが踊った。あっ、と思う間もなく、白い豆腐は雪の中に沈んでいった。豆腐や~い、と探そうにも探せない。同じ色だし何よりあの硬さ・・・。健気な私は豆腐を探してみた後、すぐに観念して親を呼びに行き、本当にココで落としたのだと指し示したのだが、残っていたのは豆腐の残骸らしきものと思しき通り道(?)のみだった。

最近は、かつれの豪雪地域でも降雪量が減っていると聞く。地球温暖化の影響など、陰も形もない時代だった。

*1
当時の田舎ゆえ、悪い人もいないと思ったのだろうが、学齢前の子どもに不慣れな土地でひとり買い物にいかせるとは、やや大胆な母ではある。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター