ボルドーの隣町

ボルドーの隣町Pessac―友人の住む街だ。ペサックといっても通じないのでボルドーと言っているそうだ。といってもボルドーからは電車で5分、トラムで30分の便利な立地(に私には見える)の小さな街だ。彼女はボルドーのような大きな町よりペサックのような環境が気に入ったらしい。職場には毎日自転車を30分走らせるとか。一方、彼女の同僚のドイツ人はボルドーくらいの町でないと住む気にならなかったと話す。

ペサック駅前に静かにたたずむ教会と市役所。こういう飾り気の少ない教会もフランスにはあるのだと思い、ホッとする。
Pessac1_.jpg Pessac2_.jpg

駅から歩いて1、2分の白い壁のきれいなアパルトモン(アパート)。1年前、そのアパートができるとアパート前の広場の一角にはパン屋が立ち、週末には市場が立つ。友人のKは毎朝アパートの下のパン屋さんにパンを買いに行き、週末は駅の両側に立つマルシェに野菜や魚を買いに行く。その姿はまさに、フランスの生活そのものだ。今日はそのマルシェでの光景。

そう、マルシェには何でも売っている。野菜くらいかと思ったらかばんや衣類まで。
Pessac3_.jpg Pessac4_.jpg

Kがすぐさま向かうは八百屋さん。いつも決まったところにいく。
Pessac6_.jpg Pessac5-2_.jpg

それからパスタ屋さん。この麺の種類の豊かさ!パスタと言っても日本で乾麺ばかり食べている私は、ここではパスタ好きとはとても言えない気がする。そしてチーズ屋さん。チーズで一軒成り立つのはいかにもフランス。
Pessac8_.jpg Pessac7_.jpg

花屋も立ち並ぶ。花屋に卵が置いてあるのが面白いが。
Pessac9_.jpg Pessac10_.jpg

お肉屋さんもあって、それなりに列ができていたが、友人はパス。そしていつの間にか新聞を片手にもっていた。週に一度だけ新聞を買ってじっくり読むそうだ。日曜版は分厚いので面白いし時間もかかるという。また中国人のお弁当屋さんもありにぎわっていた。

早足で30分、時間があるときは1時間ほどかけて回るという。ここは日曜日のマルシェで、土曜日は魚のマルシェが駅の反対側に立つらしい。
「もうフランス語できないし、あきらめた」(←職場は英語)という友人Kだが、どうしてどうして、ペサックではいっぱしのフランセーズにみえたことであります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター