FC2ブログ

忘れ得ぬ人々(2)


一方ならぬ恩を感じる友人として思い浮かぶのはKさん。10年ほど前に森林つながりで職場で知り会った。在籍期間が重なったのは半年弱だったが、米国の大学院で環境専攻、英語で仕事をする感覚、理系の研究者出身(注:私は過去形)などの共通点があったためか波長が合ったのだろう。その後も何かともがきながら仕事をしてきたので、人生という海に放り出され必死に小舟をこいできた感覚や思いは重なるもの。悲喜こもごもを分かち合い、共鳴して盛り上がる時が度々あった。会えば話が弾み、互いの環境や状況、その時々の思いや目標を語りあいながらいつも時間が足りなかった。

その彼女だが英国やフランスで研究生活を送っていた時期が続いた。一度などフランスに遊びに行き一緒にノルマンディをドライブしたり、ボルドーの市場やパン屋に立ち寄ったり、教会や城めぐりをしたのも何とも懐かしい思い出だ。また、昨年12月のパリのテロ事件のニュースを聞いた時、まさか今頃フランスにいないでしょうね、と虫の知らせか数日後にメールした。すると、彼女の乗った飛行機がパリを離陸した2時間後にテロ事件が発生したことを日本に帰国して知った、とのことだった。

どちらからともなく連絡しては、2年に一度くらいの頻度で会っていたように思う。それでも互いに離れた場所に住んでいたので、何よりそれぞれ仕事をしていたので簡単に会えるわけでもない。会えずとも、仕事上の困りごとや悩みがあるとふとKさんならどうするかなと考えを聞いてみたくなり、その度に忙しいだろう中、真摯にメールや電話で相談に乗ってくれた。時には、意外な角度やそういう見方もあるのかと目から鱗の視点を示されたが、つくづく誠実な人柄と友情の有難みを感じたものである。

年が明けて、彼女が出張で渡欧する前に羽田で久々の再会ディナー。それはまた話が弾んだものだ。これまで仕事や応募でどっと落ち込み脱力しているときに彼女の言葉に救われたことが何度かあった。そのお礼を改めて伝えると、ナント、そういう言葉を発したことを全く覚えていないというのだ。言葉の重みを感じるとともに、機転や行動・フットワークの軽さ、言葉の素晴らしさを知った。仕事でもプライベートでも会話を楽しめる数少ない同世代の友人であるKさん。彼女との出会いも思えば奇遇だったが、これからもどこかでプライベートや仕事での交差点があればと楽しみにしている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
途上国と開発援助、農業・生態系、少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき、海外ドラマ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター