熊本からの手紙


むかし熊本や阿蘇でお世話になったG夫妻。最後にお会いしたのが2012年。熊本のステーキ店で、長年の空白を埋めるかのように再会と会話に花を咲かせたひとときだった。

一度引っ越したと仄聞したのでもう熊本に住んでいないかもと思いつつ、もし今回の地震で熊本にいたら、避難して水のない生活をしていたらと、いろいろな考えがよぎった。やはり気になりしかし混乱のなか迷惑になるかもしれないと逡巡しつつ、えいと月曜夜に電話をかけてみた。すると留守電。流れる応答メッセージをききながら、妙に心配になりあてもなくメールしてみた。

翌朝、メールが来ていた。驚いたが嬉しかった。
まずは無事とのお知らせ、市内の家は何とか無事だったが水道・電気はかろうじて足りてている一方、ガス復旧まで2日かかった、阿蘇の家は修復不能といわれたこと。ほかにも、子どもたちが今週帰熊して手を貸してくれるなど家族の近況が綴られている長い長い「手紙」だった。その手紙を私も何度も読み返した。

熊本は、京都・金沢と並び私が日本でもっとも頻繁に訪れた街。
G夫妻とのご縁がなかったら行くこともなかったかもしれない南阿蘇の村、温泉やローカル路線の駅、何より阿蘇外輪山・内輪山の雄大さは今でも心に焼き付いている。また、中学生の女の子たちが話す熊本弁の語尾、「〇〇けん(〇〇だよね、〇〇だからね)」が何ともかわいい響きだった。

そのG夫妻のはからいで参加した熊本大学の学生向けの米国横断旅行プログラムに参加したのが1988年。その道中で知り会った日本人女性(当時A、米国のメディカルスクールに通う学生だった)とは今でも親交が続いており、今回のマニラ行きも応援・祝福してくれた(お世話になった方(1))。このように、熊本大学プログラムへの参加が原点だったと思えたことがこれまで何度あったかしれない。

恩返しをするときが来ている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター