心細かったこと


このところ、体調がいまひとつだった。最初に異変を感じて様子をみながら1週間、どうもおなかの調子が収まらない。それどころか一時は復調したかと思えば週末から悪化している模様でますます落ち着かない。食欲もあまりない。これまで1週間も不調が続くことはなかったので何か病気が潜んでいるのかとも気になり、すがる思いで近くの診療所(クリニック)に朝一番に予約を取り向かった。

待ち時間の間、他の患者は知り合いなのか何やら楽しそうにおしゃべりしているが、まだマニラに来て日の浅い私など気弱にもなりシュンとしている。この病院だって初めてだ。問診ではこれまでの経緯と日々の生活、最近の環境の変化等について話す。午前11時までに検査を済ませれば午後4時に再び診断を出すとのこと。血液検査は、恰幅のいい看護士(おにいちゃんともおじさんともいえるフィリピン人男性)が出てきて内心ギョッとしたが、まったく痛くない採血をしてくれたのでホッとする。お昼も食べる気もせず、バナナと水分のみ摂取。3時半頃、メールで検査結果が届いたが数値のみが並んでおり、文字といえば「診断時に説明します」とのみ書いてある。結局、よくわからない。

午後またクリニックに行くと、午前とは違う先生だった。これがまた余計に私を心配させた。何か難しい病気の診断が下るのか?とまで覚悟した。医師は開口一番、「検査の結果、特段の問題は見当たりませんね」と真顔で告げ、「まあ、何か悪い油にでもあたったのでは。油は胃や腸に異変を引き起こすことがあるんですよ。環境の変化や身内や親しい人の不幸など感情的なストレスも関係します。数日、食べ物に気をつければまだ普通の食生活でいいですよ」

ここで日本なら、おかゆやうどん、お豆腐を食べていればいいのだろうが、ここはフィリピン。家の冷蔵庫も心もとない状況だ。何を食べればいいのだろう。
「BRACですよ。Banana, Rice, Apple, Cereal ね。バナナが好きならバナナ、果物ではバナナのほか、リンゴ、ピーチがいいです。メロンとかマンゴー、スイカはやめたほうがいい。牛乳や卵、油ものも当面は控えるのが無難です。あと水分ね。ただしコーヒーや牛乳は避けてください」
日本で風邪の時、ポカリスエットを薄めて飲むといいと医師に言われたことを思い出した。
「ポカリスエット?塩分も糖分も多いからね。今回は風邪じゃないからやめましょう。元気になってからにしてください」

不思議と少しずつ元気が出てきた。あの心細さは何だったのか。空腹を感じ食欲も戻ってきた気配だ。リンゴね、日本でも医者いらずというし、と思いながら帰りにスーパーでリンゴとバナナ、桃の缶詰にお豆腐を買い、簡単なおじやとバナナを食べる生活を二日ほど続けるとたしかに復調してきた。

この出来事で、健康の大切さを痛感した。マニラに来る前に何人かの方から「体調管理も大切に」と繰り返し言われたが、その通りである。人生の先輩は、無理をしていけない年代に差し掛かったことまでもお見通しだったのだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター