Uber


Uber とはマニラや米国で普及している車の配車サービスだ。日本のタクシーサービスに近い。ただ日本ではタクシーを電話で呼ぶが、uberは客が携帯アプリで乗車位置と行き先を入れると近くにいるuber登録車が配車されてくるシステムだ。これだと、この時間帯で出発すると、行き先までいくらかかり何分くらいで行けるか、という情報が事前にわかる。そこで、配車を依頼すると事前登録した客のクレジットカードに課金されるので、現金を持ち歩くことも支払いに手間取ることもない。フィリピンに限らないと思うがおつりがないことが多く、絶えず細かいお金を持ち歩いていないこともありサインレスの事前カード払いで済むメリットは大きい。またドライバーも名前や顔写真、プレートナンバーもわかるので、ぼったくられるということもなくその土地に明るくない外国人や観光客でも安心だ。Uberの運転手は登録時に研修を受けるので客へのサービスを心得ている。何より車がきれいだ。マニラのタクシーは日本のようにきれいなタクシーではなく、シートベルトがついていない(あっても機能しない)とかメーターがないなどザラで、乗り心地も概してよくなくドライバーのマナーも様々なので正直おすすめできない。むしろuberの方が確実で安全ということで、2年前にマニラで始まったuberは確実に評価を得ている。

さらに、客が車を依頼してから、到着まで何分かかる、今どこに車はいて目的地に向かっている、ということもアプリで示されるのだ。客は待っている間、運転手と電話で話したりテキストでここに来て、と待っている場所を明確に示すこともできる。渋滞であまりに時間がかかっているとキャンセル、ということもできるようだ。運転手も、車とiphoneがあれば、自分の勤務時間に縛られずに運転できるので好評だ。聞けばこれまで乗ったドライバーも、フルタイムでuber運転手をしている人もいれば、自営業の仕事や親の介護があるので、週に3日はuberの仕事をしている、一日の午後3時~6時は外している、など色々なパターンがある。GPS(マニラではwazeという渋滞情報込みのシステム)を載せた、5年以内の車であれば何でもよく、家族(姉など)の車を使ってuber稼業をという例も散見される。



サーシャは同じコンドミニアムに住むドイツ人。ある日、偶然知り会ったのだが今では毎日のuber mateだ。部署は違うが同じ職場で、赴任時期も年齢も同じ頃、家族環境も似ており何かと感覚が合う。渋滞を避けたい勤め人にとってマニラの朝は早く始まる。7時半勤務開始の我々は7時に家を出ることにしている。いつしか、サーシャはuber ドライバーを見つけてきた。毎日、定刻(あるいは前の日に決めた時間)に勤務先までの送迎を頼むというものだ。それはいいと私も二つ返事で乗ったのだが、用心深いサーシャは、1週間試行してから決めよう、と提案。もちろんそれでいい。

そのサーシャだが、なかなか時間にうるさい。日本人の私など足元にも及ばないレベル。Uber ドライバーの到着まで、今ドライバーがどこを走っているかを絶えずチェックしている。「仕方ないよ。今日は雨だから遅れているんじゃないの?」と言ってはみるものの、5分も待てない。あろうことか、今日から試験的に始めたドライバーが遅れた。迎えの時間にいないので、電話すると途中の道が渋滞で遅れると話している。「5時と決めたでしょ。遅れるなら事前に連絡してよ。そうすればオフィスに残って仕事を済ませられるでしょ。乗り場までおりて待つ必要ないじゃない。次に遅れる時は約束の時間の1時間前までに連絡ちょうだいね」
ごもっともである。こういうことをさらりと笑顔で言えることは大切だ。しかし、ここは渋滞で悪名高いマニラ。時間どおりいかないことも織り込み済み、のはず。

「この調子じゃ、様子見て、また別のドライバーを探した方がいいかしら?」とため息をつくサーシャ。
気持ちはわかるが、まだ試しの一週間の初日である。この一回で決めるのは早すぎるのではないか。しかもようやく見つけた固定ドライバーで気をよくしていた私は、何もそこまで気を回さずともいいのに、と正直思った。
15分ほどして到着したドライバーは、遅れてごめんなさいと手を合わせて謝っていた。彼は近くに住んでいるので朝早い時間でも遅れる心配は少ないし、道もよく知っている。何より欲もないのでできれば彼にこのままお願いしたいと私は思っている。一度の遅刻くらいで目くじら立てることもない。それはサーシャも同じだと思う。

とはいえ、ドライバーもなかなかのもの。サーシャに注意されて、「はい」と殊勝なところをみせはした。それでも続けて言う。
「マダム、渋滞に巻き込まれて車が動かず時間に遅れるとわかったとき、それはもうショックでした。ショックでショックで、ショックのあまり我を忘れて連絡するまで頭が回りませんでした。すみませんでした」
対してサーシャは、「次回からショックを受けたらすぐに連絡ちょうだい」とピシャリ。

降りる時に支払おうとすると、ドライバーが「マダム、200ペソひいて下さい。遅れたので今日は全額はいただけません」
こんなこというフィリピン人ドライバーがいるだろうか。しかし本気だろうか、とも思っているとサーシャときたら、この一言にすっかり参ってしまったらしい。全額を払いながら
「なんていじらしいの。あの欲のなさが好きなのよね」、続けて曰く、「毎日何かあって、何もかもが経験よね」の笑顔満面。

いやはやこのサーシャの反応の振れ幅も、傍から見ていて十分面白い経験として私には映った。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター